EPISODE6
二枚のドガの絵
SUITABLE FOR FRAMING
Guest Stars
ROSS MARTIN
DON AMECHE
Special Guest Star
KIM HUNTER
ON AIR Nov 17.1971(USA) Oct 22.1972(JPN)
スタッフ
製作…リチャード・レヴィンソン&ウィリアム・リンク
監督…ハイ・アヴァバック
脚本…ジャクスン・ギリス
音楽…ビリー・ゴールデンバーグ
撮影…ラッセル・L・メディ
美術…アーチ・ベーコン
共同製作…ロバート・F・オニール
キャスト
デイル・キングストン…ロス・マーティン
シンプソン弁護士…ドン・アメチ
エドナ・マシューズ…キム・ハンター
トレーシー・オコーナー…ロザンナ・ハフマン

美術評論家デイルが叔父の絵画コレクションを狙って起こす事件。叔父の遺言でコレクションの相続が出来なくなり、コレクションが離婚した元の妻エドナに贈られることになった。 デイルは、叔父を殺害しエドナに罪を着せてコレクションを手に入れようとする。
しかも美大の女子学生を騙して、叔父殺害の時のアリバイ作りに協力させ、用が済むとこの美大生も殺してしまう。
筋はよく出来ているが、コロンボが触ったのがドガの絵だとどうしてコロンボにわかったのか?とかデイルが罪を着せるためにエドナの車に絵を隠すのが白昼の駐車場だったりとか穴はいくつか。しかしそれらを差し引いてもミステリーとしての面白さは損なわれておらず、上質な作品に仕上がっている。
犯人役のロス・マーティンは1964年の「グレート・レース」でピーター・フォークと競演。エドナ役のキム・ハンターはご存知、猿の惑星のジーラ。猿の惑星のコーネリアスを演じたロディ・マクドウウォールは「死の方程式」で犯人を演じている。
STORY
高名な美術評論家デイル・キングストンは、広壮な邸で一人ピアノを弾いていた叔父ランディ・マシューズを撃った。マシューズの邸の壁には数多の名画が所狭しと掛かっていた。 世にマシューズ・コレクションとして、世界的にも名の知れた名画のコレクションである。
デイルは叔父を撃ち殺すと電話毛布を持ってきて叔父の体に被せスイッチを入れた。これは死体を暖めて犯行時間を誤魔化すトリックだった。庭に面したガラス戸の鍵に傷をつけ、さらに室内を荒らして強盗が入ったように見せかけた。
壁に掛けてある名画のいくつかも額縁から外した。そのうちの2枚、ドガのパステルだけは慎重に持ってきたハトロン紙に包んだ。その時、玄関の呼び鈴が鳴った。共犯に選んだ美大の学生トレーシーが来たのだ。
トレーシーを邸内に入れるとデイルはマシューズを撃った拳銃を渡し、予め打ち合わせてあった手順を確認し、邸を去った。

デイルはアリバイを作るために車を飛ばし、マチルダの画廊のパーティに行った。普段町の画廊などに来ないデイルが来たというのでマチルダは大感激。専属の画家フランクリンにも引き合わせた。
デイルは時間を気にしているようで、 フランクリンに時間を聞き、さらにその後もしきりと時計を見ていた。
午後11時、打ち合わせの時間になるとマシューズ邸で待機していたトレーシーが行動を開始した。電気毛布をしまい、玄関のドアの覗き窓から外を見た。
この時間は警備会社の警備員が巡回する時間だった。その警備員が来たことを確かめると、庭に向かって銃を撃った。銃声を聞いた警備員は車を急停車させ、預かっていた玄関の鍵で入ろうとした。
トレーシーは銃とデイルから預かった2枚のドガの絵を持って、庭に通じるガラス戸から出て庭を通り逃げていった。

警備員は邸内に入ると倒れているマシューズを発見し、銃を抜いて警戒しながら庭に面したガラス戸のところに来たが、犯人追跡をあきらめた。
警察が呼ばれ、コロンボももちろんその中の一員として捜査に参加した。暫くして連絡を受けたデイルが駆けつけてきた。 コロンボは、額縁だけが2つ残っていることを告げると、デイルはその2つの額縁に入っていたのはドガのパステルで、マシューズ・コレクションの中でもっとも高価な物だと言った。
コロンボは強盗は相当絵に詳しい人間だったと言ってデイルをギクリとさせ、さらに警備員と婦人警官による実験に立ち会わせた。警備員が邸内に入ったとき、警備員は逃げる犯人の足音を聞いていたのだ。
それが ハイヒールのようだったので、婦人警官を使って実験したのだ。婦人警官が庭の石段を降りるハイヒールの音を聞き、警備員は聞いた音に間違いないと言った。
「犯人は女なのか」とつぶやくデイルに、コロンボは「一人はね」と答えまたまたデイルをギクリとさせた。コロンボは警報装置がならなかったことを問題にしていた。 庭へのガラス戸に付けられた傷は偽装で、事件には内部の者が関係していると言った。

コロンボは唯一の肉親であるデイルを疑い、昨夜デイルがいた画廊でのアリバイ調査から始めた。 画廊では普段は町の画廊などに来たことがないのに珍しくデイルが来たことやしきりに時間を気にしていたことを聞き出した。
そして昨夜のパーティーに展示していた画家フランクリンの絵を借りて、デイルが生出演しているテレビ局に向かう。
デイルからマシューズは離婚したが、その元妻エドナはいまだにマシューズ姓を名乗り、マシューズ邸の近くに住んでいることを知っているかと言われ、既に事情聴取したことをコロンボは話した。
そして画廊から借りてきたフランクリンの絵を見せた。デイルは子供部屋の壁紙程度だと酷評したが、コロンボは何故忙しい体で昨夜この程度の絵を見に行ったんです、と疑問をぶつけた。
デイルは生活のためだと言い、自分が疑われるのは心外だと怒った。さらに興奮して自分を調べたければ調べるがいいと開き直り、部屋の鍵をコロンボに渡した。

デイルは計画の次の段階に進んだ。山中にトレーシーを呼び出し、預けておいたドガの絵を回収した。そして隙を見て落ちていた大きめな石を持つとトレーシーに襲い掛かった。
その夜遅く、ドガの絵を持って帰宅したデイルは、部屋に入るとコロンボが居眠りしているのを見て驚いた。 コロンボはつい転寝をしてしまったと恐縮し、デイルの持っている袋の中の絵を見たがり、袋の中に手を入れた。
袋の中にはドガの絵が入っているのでデイルは焦り、何とか回避しようとするが、そこにコロンボ宛に電話が掛かった。 デイルはほっとし、コロンボが電話に出ている隙に何気なく絵を隠す。
電話は山中 で車が転落し、若い女性が死んでいるという事件だった。トレーシーの事件だ。現場に向かうコロンボが去るとデイルはほっとしてグラスを傾けた。

マシューズの遺書がシンプソン弁護士の事務所で公開されることになり、関係者であるエドナ、デイルと使用人だったエヴァンズ夫妻のほかにコロンボも出席することになった。
遺言ではエドナにマシューズ・コレクションの全てが贈られ、残りの全財産のうちエヴァンズ夫妻に若干の年金が払われるほかはデイルが相続することになっていた。
シンプソン弁護士によるとコレクション以外の資産はたいしたことはなく、邸は借り物だしマシューズは有価証券もほとんど現金化して絵を買い漁ったのだと言った。
慌てて弁護士のもとを出てデイルを追いかけるコロンボだったが、デイルは事務所の外でコロンボを待っていた。 そして叔父の遺言状の内容は一週間前の叔父の手紙で知っていたと証拠の叔父からの手紙を見せた。

その後暫くしてエドナの自宅近くでマシューズを撃った銃が発見された。エドナの自宅の周囲が捜索され、さらに自宅の裏から絵を包んだらしいハトロン紙が見つかった。
もちろんデイルがおいたものだったが、コロンボはエドナは犯人とは考えられないとのって来なかった。エドナを犯人にしなければならないデイルは内心焦るものの強く言うわけにもいかなかった。 そこでエドナを罠にかけることにした。
シンプソンのもとを訪ね、銃や絵の包み紙 が見つかったことから警察はエドナを疑っているの違いない。先手を打ってエドナの家宅捜索をしてもらったらどうかと提案する。そこで何も出なければ警察もエドナを疑うことはしないだろうとの理屈だった。
シンプソンの警察への口利きで家宅捜索が行われることになると、デイルはファッションセンターの駐車場に出向いた。 そこで買い物に来て駐車中のエドナの車に近寄り、隠し持っていた2枚のドガの絵をエドナの車の荷物の中に隠した。
その後エドナ、シンプソン、デイルの3人は落ち合ってエドナの家に行き、家宅捜索の始まるのを待つ。エドナが買った荷物は家の中に運び込んであった。
デイルは理由を作り席を外すと無造作に置かれたエドナの荷物の中から、ドガの絵を取り出し戸棚の中に隠した。

やがて警察の捜査陣が到着し家宅捜索が始まる。コロンボも遅れて駆けつけた。少しして捜査陣はドガの絵を発見した。エドナが犯人との見方が強まる中、コロンボは絵についた指紋の検出を命じた。
その間、コロンボはデイルが犯人であることを言い、動機の話を始めた。動機、それは遺産の相続者が被相続者を殺害した場合は相続人になれない法律の規定を使いマシューズ・コレクションを手に入れることだった。
マシューズ・コレクションの相続人であるエドナがマシューズ殺しの犯人とされれば、コレクションの相続は出来ず、コレクションは自動的にデイルのものとなるのだ。
デイルはイライラしながらも証拠の提示を迫った。その頃、指紋の検出が終わった。デイルは「指紋?無駄だ、僕の指紋ならあちこちに着いてる。絵を掛け替えたときに触ったと言ったろう」と笑った。
コロンボは「君の指紋ではなく、私の指紋。君の家で君の袋の中に手を入れた時に、私はあの絵に触ったんだよ」デイルの顔は蒼白になり「今、今触ったんだ」
コロンボは無言でそれまでコートの ポケットに入れていた手を出した。その手には手袋がはめられていた。


Episode ListのPageにもどる
COLUMBOのMain Pageにもどる

Last modified -