鮎川哲也(日1919〜2002)
我が国の本格派を代表する一人で、幼少期から学生時代を南満州大連で過ごしたとされるが、詳しい経歴は明らかにされていない。この時代に創作活動を始めていたらしいが、発表の機会はなく、戦争終結により日本に引き揚げてからのちの1948年雑誌ロックに「月魄」を那珂川透名義で発表し、以後短編を中心に各種雑誌に寄稿。
そして1956年に講談社探偵小説全集の十三番目の椅子に「黒いトランク」で応募し当選。この企画は、講談社が当時の日本を代表する作家12名による全集を企画し、その第13巻を新人応募による懸賞にしたもので、鮎川哲也の筆名もこの応募作「黒いトランク」から用いられた。
以後「りら荘事件」「黒い白鳥」「憎悪の化石」「人それを情死と呼ぶ」「砂の城」「死のある風景」などの本書長編を発表し、1960年には「黒い白鳥」「憎悪の化石」で第13回探偵作家クラブ賞を受賞した。
探偵役は鬼貫警部がアリバイもので多く活躍するほか、星影龍三の活躍する作品もある。鬼貫警部はクロフツのフレンチ警部のように足で稼ぐタイプ、一方の星影は頭で推理する天才名探偵タイプ。
日本に数少ない本格派の王道を行くで作家で、創作活動以外にもアンソロジーの編集や埋もれた幻の名作の復刻、さらには本格派の有望な新人の発掘と育成などにも力を入れ、1990年には新人の本格長編小説をターゲットにした東京創元社主催で鮎川哲也賞も作られた。
長篇
ペトロフ事件再読改訂しました。大連郊外で殺されたロシア人ペトロフ老人。満州でのアリバイ崩しに挑む鬼貫警部。
黒いトランク再読改訂しました。講談社探偵小説全集の十三番目の椅子入選作。汐留貨物駅で死体入りのトランクが発見された。
黒い白鳥再読改訂しました。第13回探偵作家クラブ賞受賞作。犯人の鉄壁のアリバイに挑む。
人それを情死と呼ぶ再読改訂しました。典型的な社会派の題材の汚職を本格作家はどう料理するのか…
死のある風景再読改訂しました。阿蘇、金沢、奥多摩で起きた3人の死はやがて一つの事件に…
憎悪の化石再読改訂しました。第13回探偵作家クラブ賞受賞作。挿入された時刻表がいかにも鮎川作品らしい。
準急ながら再読改訂しました。犯人の提示してきたアリバイは、準級ながらをバックにした写真だった。
砂の城実験的にフォーマットを変えてあります。
偽りの墳墓再読改訂しました。浜名湖畔で起きた2つの死はどう繋がるのだろうか…
風の証言再読改訂しました。小道具の使い方が巧みなアリバイもの。
宛先不明再読改訂しました。容疑者が提示してきたアリバイは、郵便を使ったものだった。
積木の塔再読改訂しました。セールスマンの死とその犯人と目される女の死。二つの死を繋ぐものは…
沈黙の函再読改訂しました。レコード発明100年を記念して、レコードで音楽を聞くのが趣味の鮎川氏がレコードをテーマに書いた作品。
王を探せ再読改訂しました。容疑者は4人。しかし4人にはほとんどアリバイが…
死びとの座再読改訂しました。死びとの座と呼ばれる公園のベンチに、ある日本当に死体があった。
戌神はなにを見たか再読改訂しました。東京で発見された死体、その殺人現場は遠く三重県の山の中であった。
鍵孔のない扉…鬼貫警部が活躍する、徹頭徹尾謎に満ちた長篇。
りら荘事件…山荘での連続殺人劇に星影竜三が挑む。
朱の絶筆…探偵小説専門誌「幻影城」連載作品で、山荘での連続殺人劇に星影竜三が挑む。


短篇集
五つの時計再読改訂しました。表題作のほか「白い密室」「道化師の檻」「急行出雲」「薔薇荘殺人事件」など全10篇。
下り”はつかり”再読改訂しました。表題作のほか「赤い密室」「碑文谷事件」「達也が嗤う」など全11篇。
消えた奇術師再読改訂しました。赤、白、青の密室三部作ほか、星影ものの短篇集。
悪魔はここに再読改訂しました。表題作のほか「砂とくらげと」など星影もの4篇。
早春に死す再読改訂しました。表題作のほか「碑文谷事件」など鉄道アリバイものの短篇集。
わるい風…倒叙ものやハルピン時代の鬼貫警部補もの、あるいは本格中篇など集めた短篇集。
アリバイ崩し…絶版になった短篇集のなかからノンシリーズの名作を集めたもの。
謎解きの醍醐味…絶版になった短篇集のなかからノンシリーズの名作を集めたもの。エッセイ3本も収録。
灰色の動機…ノンシリーズ短篇集で、戦時中に朗読文学の募集に応募し入選した掌編「ポロさん」やSF「結婚」も収録。
裸で転がる…表題作のほか倒叙ものの「暗い穽」など昭和30年代後半の作品全8篇。
死が二人を別つまで…表題作のほか「霧笛」「Nホテル・606号室」など昭和39〜40年の作品全10篇。
金貨の首飾りをした女…表題作のほか「ブロンズの使者」「北の女」など昭和41〜42年の作品全8篇。
呼びとめる女…表題作のほか「夜の訪問者」「霧の夜」など昭和42〜43年の作品全8篇。
囁く唇…表題作のほか「背徳の果て」「蟻」など昭和43年の作品全7篇。
蝶を盗んだ女…表題作のほか「あんこう鍋」「いたい風」など昭和43〜44年の作品全8篇。
自負のアリバイ…表題作のほか「灼熱の犯罪」「離魂病患者」など昭和44年の作品全9篇。
企画殺人…「錯誤」「偽りの過去」ほか倒叙もの7篇で構成。
ヴィーナスの心臓…表題作のほか「達也が嗤う」「ファラオの壺」ほか犯人当て7篇で構成。
透明な同伴者…表題作のほか「写楽が見ていた」「笑う鴉」ほか倒叙もの6篇で構成。
貨客船殺人事件…光文社文庫から犯人当て推理傑作集として発刊され、5篇は犯人探し、4篇は倒叙もの。

三番館シリーズ
太鼓叩きはなぜ笑う再読改訂しました。安楽椅子探偵、三番館シリーズ第一集
サムソンの犯罪再読改訂しました。安楽椅子探偵、三番館シリーズ第二集
ブロンズの使者再読改訂しました。安楽椅子探偵、三番館シリーズ第三集
材木座の殺人再読改訂しました。安楽椅子探偵、三番館シリーズ第四集
クイーンの色紙再読改訂しました。安楽椅子探偵、三番館シリーズ第五集
モーツァルトの子守歌再読改訂しました。安楽椅子探偵、三番館シリーズ最終の第六集

Mystery Collection Mainにもどる
The Road Site Main Pageにもどる

Last modified -