アントニー・バークリー(英、1893〜1971)
黄金期に数々の名作を世に出した重要な作家の一人で、フランシス・アイルズ、A・モンマス・プラッツなど複数の筆名を持つ。
バークリーの作品は推理小説・探偵小説に対する一つの問題提起的なものが多く、もっとの多くの作品で活躍するシリーズ探偵のロジャー・シエリンガムも神様のような名探偵ではなく、多くの失敗や判断ミス、考えすぎなど人間性を失っていない迷探偵である。
皮肉や批判にあふれた作品や当時では実験的ともいえる作品も多く、それらが災いしてか作家として活動した期間は長くはなかったが、ディテクション・クラブの創設や評論活動などにもかかわった。
わが国では紹介が遅れ、長い間「毒入りチョコレート事件」や「殺意」(フランシス・アイルズ名義)などほんの一部の作品しか読めなかったが、近年多くの作品が新訳で出版されている。

レイトン・コートの謎再読改訂しました。デビュー作。後年のバークリーらしさが早くも表れている。
ウィッチフォード毒殺事件再読改訂しました。「レイトン・コートの謎」に続きシェリンガムとアレックのコンビが活躍。
ロジャー・シェエリンガムとヴェインの謎再読改訂しました。シェリンガム+アレックのコンビ、モースビー警部が初登場。
絹靴下殺人事件再読改訂しました。推理小説の王道的な作品である反面、バークリーらしさは影を潜めていている。
シシリーは消えた再読改訂しました。非シリーズもので幻の作品といわれていた。
毒入りチョコレート事件・・・再読改訂しました。バークリーの代表作で、批評家の評価も高い傑作。
ピカデリーの殺人・・・再読改訂しました。毒入りチョコレート事件にも登場するチタウィック氏の物語。
第二の銃声再読改訂しました。構成といい事件に至る描写といい、バークリーの自信作。
最上階の殺人再読改訂しました。バークリー絶頂期の佳作。
地下室の殺人再読改訂しました。被害者捜し、シェリンガムの作中作と警察の捜査、真相という三段構えの構成。

フランシス・アイルズ名義
殺意再読改訂しました。フランシス・アイルズ名義で書かれた倒叙ものの佳作。


Mystery Collection Mainにもどる
The Road Site Main Pageにもどる

Last modified -