ご案内
「The Road Site」は国道のページ「Route Collection」、都道府県道のページ「The Hexagon」、ミステリのページ「Mystery Collection」、歴史のページ「歴史の勉強」、路線バスのページ「バスに乗ってきました」、大きく5つのコンテンツに分かれています。
これらのコンテンツは基本的に繋がりはなく、作者の都合で1つのページ に置いてあるだけです。従って「Route Collection」「The Hexagon」「Mystery Collection」「歴史の勉強」「バスに乗ってきました」は、単独でもご覧いただけます。ただし「バスに乗ってきました」は諸般の事情により2008年3月をもって更新を終了しました。
画像が掲載されている場合、画像をクリックするとごく一部を除き拡大画像がご覧いただけます。ただし圧縮や修正がされている画像があります。

「Route Collection」には通称おにぎりと呼ばれる国道標識の画像と完走国道のレポート、国道一覧があります。
「The Hexagon」には通称ヘキサと呼ばれる都道府県道標識と完走都道府県道のレポート、都県道一覧(一部の都県)があります。
「Route Collection」と「The Hexagon」で使われる用語等については、こちらをご覧ください。
「Mystery Collection」は、本格推理小説の粗筋や内容を記録したものです。チェスタトンの全ての作品はトリックに触れているほか、他の作家でも一部トリックに触れている個所があります。警告はしてありますが、ご注意ください。
「Mystery Collection」で扱っているのは、基本的に本格推理小説ですが、捕物帳、ジョブナイル(ジュニアもの)、雑誌やアンソロジーに含まれるSFや幻想小説なども掲載しています。
「歴史の勉強」は室町時代から江戸時代にかけての各武家・大名家の関する事柄と、江戸時代の各藩史を勉強した結果並びに特別のテーマを設けて学習した成果を公開しています。また訪問した城郭を画像入りで紹介しています。
「歴史の勉強」のページは研究成果を発表したり、真実を追究したりすることを主たる目的とするものではなく、個人的に各種文献等を参考に勉強した結果を取り纏めたものです。したがって間違い等があるかもしれません。
「バスに乗ってきました」は東京近郊の路線バスについての乗り歩き、路線案内を中心に、一部の社局については営業所案内や系統一覧なども載せてありますが、諸般の事情により2008年3月をもって更新を終了しました。

ご覧になる前に
このホームページは個人の趣味で作られており、道路管理者やバス事業者、演芸関係者とは一切関係ありません。このページを見て事業者等への問い合わせは絶対にしないで下さい。
画像を含めこのホームページの一部または全部を無断で使用することを禁じます。
このページを閲覧した結果、不利益あるいは何らかのトラブルに巻き込まれても作者は一切責任を負いません。ミステリについては閲覧した結果、作品について 面白さを失った場合も、一切責任を負いません。
このページにかかれている道路やバス等の状況は、基本的に乗車時または走行時の状況です。時間帯や曜日・季節などで状況は変わります。原則として、作成日時はコメントの最後に(Feb.2003)のように「月.年」で記載してあります。
市区町村名や駅名変更などは執筆時点のもので、その後に市町村合併や駅名変更が行われた場合は原則として対応していない場合がほとんどです。
掲載している道路について、経路変更やBPやトンネルなどの開通、車線拡幅、 交差点名変更などが行われ現在の状況と記載が異なっている場合があります。
「歴史の勉強」のページに掲載している内容については、信憑性の面で不正確な場合があります。また作者の主観で判断して記述している部分もあります。いずれにしても全ての面で真実を保障できる性質のものではないことをご理解ください。
掲載している各バス路線について、ダイヤ改正や経路変更、営業所や運行会社移管、路線廃止などが行われ現在の状況と記載が異なっている場合があります。
バスの乗車については基本的に全区間乗車を原則としていますが、一部または全部を省略(同区間を他系統で乗車した場合や上下で走行区間が違う場合、プロムナード等迂回運転、その他の事情など)している場合があります。いずれも最終更新時点の状況です。
バス会社については国際興業にはさいたま国際バス、京成バスには京成タウンバス、関東バスにはケイビーバス、小田急バスには小田急シティバス、東急バスには東急トランセ、川崎鶴見臨港バスには臨港グリーンバス、神奈川中央交通には各神奈交バスを含んで掲載しています。また、京王電鉄バスと京王バス各社を併せて京王バスと表記しています。いずれも最終更新時点の状況です。
このほかに各コンテンツに注意事項がありますので、併せてお読みの上ご覧くださ い。

リンクについて
リンクはフリーですが、リンク先はできるだけhttp://roadsite.road.jp/index.html(The Road Siteトップページ)でお願いします。また、なるべく相互リンクをしたいのでメールをいただけると嬉しいです。URL変更の際には相互リンクのページのみに連絡します。
上記にかかわらず、各コンテンツの内容があまりにも違いすぎることを理由に、ミステリー系サイト様がhttp://roadsite.road.jp/mystery/mystery-main.html、歴史系サイト様がhttp://roadsite.road.jp/history/historymain.html、落語系サイト様がhttp://roadsite.road.jp/rakugo/rakugomain.htmlへリンクされても差し支えはありません。
アダルト系や宗教系、商業系のサイト様、The Road Siteと趣旨が著しく異なるページとのリンクはお断りします。
リンクさせていただいている各ページについては、適宜チェックをしています。その際、連絡なく長期にデッドリンクとなっているページはリンクを解除することがあります。
 リンク用バナーです

Main Pageにもどる
Last modified -