歴史の勉強

鳥居忠恒・忠春・忠則

鳥居氏は早くから松平氏に仕えたが、なんとっても鳥居彦右衛門元忠が有名であり、鳥居氏が明治維新まで続いたのも元忠のおかげであった。
元忠は弱小大名であった松平氏の嫡子家康が、駿府の今川氏のもとに人質として出された際に、家康に随従して一緒に人質生活を送ったから譜代中の譜代の臣であった。
終始家康のもとにあり、家康の関東入部のときに大名となって下総矢作4万石を賜った。ここまでは普通の譜代の臣であったが、関ヶ原が元忠を一挙に有名にする。

周知の通り、関ヶ原で東西決戦が行われたのは結果であって、最初は家康の会津討伐であった。会津の上杉景勝の上洛拒否を家康が咎め、会津討伐軍を編成して上杉攻めに赴いた。
その間に石田三成が上方で兵を挙げ、それを知った家康が反転し関ヶ原で東西決戦が行われた。老獪な家康のことだから三成の挙兵は読んでいたろうが、決戦場がどこかになるかはわかっていなかった。
さらに会津に向かうときは三成はまだ挙兵していないのだから、正規の政府軍であり上杉を賊軍にする手続きを踏まねばならず、事実家康はその手続きを踏んだ。
為政者である秀頼の許可を得て、会津に向かう際には豊臣秀頼に挨拶もしている。

家康は大将だから自身の兵を上方に多く残すわけには行かず、しかも形式的には正規軍だから家康が上方を留守にしても何ら問題はなく、家康の上方の拠点を攻められる心配もないはずであった。
しかし、これはあくまでも形式論であり、そんなことはないと家康も思っていた。
家康の上方の拠点は伏見城でった。伏見城は敵陣に孤立する形となり、三成挙兵の際には大軍に真っ先に攻められるは必定となった。
よって伏見に残る者は将も兵も全滅することになる。しかも将士の数は名目的にも多くは残せないし、決戦兵力を温存する意味からも残したくはなかった。だから最低限の人数しか置かない。

家康は、この伏見の留守居の将に元忠を選んだ。会津に向かう家康は伏見の城に一泊し、元忠と盃を酌み交わし落涙したという。
事実伏見城は挙兵した西軍の血祭りに挙げられ、元忠は奮戦して城を枕に将兵ことごとく討ち死し、元忠は自刃した。
この功によって関ヶ原戦後、元忠の嫡子忠政は6万石を加増され、陸奥岩城で10万石を得た。忠政自信は関ヶ原で大きな活躍はしていないので、これすべて元忠のおかげである。
元忠はその後慶長10年(1605年)2万石を加増され、さらに元和8年(1623年)出羽山形の最上氏が改易になると10万石加増の上22万石となって出羽山形城主となる。

山形はこのころ奥羽の要地と見られていた。南の米沢に反抗的な上杉、北の秋田にはやはり反抗的な佐竹、東の仙台には油断のならない伊達という配置の中央で、それらの抑えという役割が与えられていた。
のちにこの役目は会津に松平氏が入ると会津に引き継がれ、同時に山形は左遷地になってしまうが、このころはまだ山形の戦略的地位は高かった。
前藩主であった最上氏は早くから徳川家べったりで、それらもあって山形から庄内、現在秋田県に入る由利郡までの広大な地域を藩領にし、57万石の大大名に出世した。

ところが重臣たちが騒動を起こし、改易。旧最上領は山形22万石が鳥居氏、庄内は酒井氏、新庄は戸沢氏、上山は松平(能見)氏にそれぞれ与えられた。
いずれも鳥居氏とは縁戚であり、鳥居一党として奥羽の押さえの役目が与えられていた。寛永3年(1626年)には忠政に寒河江2万石の加増がなされ、合わせて24万石となり、同5年(1628年)忠政死去。
ここまでは順調であった、この後鳥居氏は急速に没落する。

忠政の跡を長子忠恒が継ぐ。この忠恒という人は病弱であった。故に公役にもつけず、正室はあったが子はなかった。
忠恒には弟が2人あり、同母弟の定盛は戸沢氏に養子に行き、異母弟の忠春は部屋住みであった。順当なら忠春を養子にして家督を継がそうと考えるのだが、忠恒はそうは考えなかった。
忠恒と忠春の母親内藤氏とは仲が悪く、忠春への家督相続がしゃくであったのだろう、忠恒は定盛の養子にしての家督相続に拘った。

部屋住みの弟がいるのに、わざわざ他家に養子に行った弟に家督を、などということが簡単に許されるはずがない。
しかもこのときには忠恒の病が篤くなり、ついに嗣子がいないまま逝ってしまった。寛永13年(1636年)のことである。
このころはまだ養子縁組の制度が厳しく、大名が死の直前に養子縁組をする末期養子は原則として認められなかった。そのうえ忠恒は公役にもつけないほどの病弱にもかかわらず、嗣子を定めないなどということは、公儀をないがしろにすることだと、評判が悪かった。
それはそうだろう、この時代いかに家を存続させるかに汲々としているのに嗣子を決めず、しかも病気で大名の義務も果たせぬ身で…ということで大老の井伊直孝など強硬に改易を主張した。

それもあって山形藩鳥居家は断絶、しかし祖元忠の功績大なるをもって、特別の計らいで忠春に家督をとらせ信濃高遠3万石に移封ということになった。
ところが、嗣を継いだ忠春というのもろくでもない藩主であった。最初のころこそ大人しくして忠勤を励んだが、本来なら山形で22万石のところ信州で3万石、しかも謹慎同様の身である。
だんだんと荒れ始め、酒におぼれて乱行を重ね、民百姓には圧政を持って臨み苛斂誅求、諫言する家臣は手討ちにしたというから酷い暴君であった。
それでも27年ほど藩主を勤めたが、寛文3年(1663年)8月に大坂城で加番中に侍医松谷寿覚に切り付けられて、それがもとで死んでしまう。忠春の性格からみると松谷との間にいざこざがあったのだろう。

忠春の跡は、その長子忠則が継いだが、これがまた小心で軽薄であった。元禄2年(1689年)の夏、高遠藩は馬場先門の門番を命ぜられていた。江戸城の門番は小藩が交代で命ぜられたから、これには何の不思議もない。
ある夜のこと番士高坂権兵衛があまりの暑さに持ち場を離れ涼んでいたところ、御側衆平岡美濃守の長屋から琴の音が聞こえ、高坂はその音に聞き惚れ、演奏者見たさに長屋を覗きに行ってしまう。

そこを平岡家の家臣に捕まって奉行所に突き出されてしまった。当然高坂は職務放棄で死罪、藩主忠則は監督不行き届きで閉門を命じられた。
忠則はこれを知ると家の恥とばかりに、深く考えもせずに自害してしまう。藩主在任26年、年齢44歳にもなる人間のこの粗忽な行為に、幕府は鳥居家を改易して高遠3万石を収公した。
だが、またも元忠の功績が利いて、特別の計らいを以って忠則の長子忠英に能登にて1万石が与えられた。

下村藩が立藩され、元禄8年(1695年)に1万石が加増され2万石となって近江水口に移封された。
忠英は、宝永2年(1705年)奏者番兼寺社奉行、正徳元年(1711年)若年寄となった。翌正徳2年に1万石を加増され、封地を下野・下総・大和・播磨に移されて下野壬生に移る。それ以後鳥居氏は、明治維新まで下野壬生で3万石を保つ。
忠恒・忠春・忠則と3代に渡る我儘・乱行・軽薄な行為に2度も改易されたが、藩祖元忠の功績によって復活した鳥居氏。持つべきものは偉大なる先祖ということであろう。

参考文献:江戸三百藩主人名事典(新人物往来社)、歴史読本スペシャル29「お家取り潰し」

大名騒動録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -