歴史の勉強

鍋島騒動

(一)史実の騒動

龍造寺氏の没落


巷間で伝わる鍋島騒動は、化け猫が登場することで有名となっているが、これは江戸後期に創られた戯作が元となっていて全くの虚構である。
鍋島家は肥前の戦国大名であった龍造寺家の家宰の立場であり、龍造寺家がまだ豪族に毛の生えたような状態であったころから従っていたとされる。
龍造寺が段々と力を得てきた過程において、鍋島家歴代の尽力は相当なものであり、龍造寺家の強大化に伴って鍋島家の地位も向上し、龍造寺隆信が五州二島の太守として北部九州に君臨するころには、重臣の筆頭であった。

龍造寺隆信はほぼ一代で勢力を急拡大させ、豊後の大友氏や薩摩の島津氏とともに九州を三分するほどの戦国大名になった。その陰には重臣筆頭として鍋島一族の貢献があったことは間違いない。
ところが、隆信が力を得て強大になると鍋島氏との間に隙間風が吹き始めた。隆信は鍋島の当主直茂を疎ましく思い遠ざけるようになった。
直茂もそれを感じたのか、占領地の筑後柳川に籠ってあまり隆信の側にいかなくなった。

そんなときに島原半島で合戦が起きる。世に沖田縄手の合戦と呼ばれるもので、最初は西九州の名族有馬氏の反乱であった。
急拡大した隆信の領地支配は政治的にはまだ不安定で、多くの反乱が起きたが、島原は隆信の居城佐賀にも近くほっては置けない。
直茂にも動員がかかり島原攻めになるが、有馬氏の背後には島津がいた。島津はこのころ肥後にまで進出しており、肥後からは有明海を一跨ぎすればすぐに島原である。

隆信と有馬の戦いは、すぐに隆信と島津・有馬の戦いとなった。これが沖田縄手の合戦であるが、この合戦でなんと隆信が戦死してしまう。
戦国大名が合戦に敗れ戦死するというのは、再起不能と同義である。名のある戦国大名は合戦に敗れても戦死だけはしないように手を打っていたから、隆信のような例は少なく、ほかに桶狭間での今川義元があるくらいである。
隆信の子政家は、沖田縄での敗戦後佐賀に戻り、筑後柳川にあった鍋島直茂を迎えて、直茂を国政の中心に据えて難局を切り抜けようとした。
これは隆信の遺言でもあった。すでに直茂なしでは龍造寺の経営がすでになりたたなくなってており、しかも隆信の世子政家は若年で経験不足、さらに隆信の生母である慶ァ尼が直茂の器量を高く買っていた。
これらのことを考えれば直茂が龍造寺を実質的に統治するのは当然であった。

龍造寺から鍋島へ

だが直茂は容易にこの要請を受け入れない。直茂は隆信とは義兄弟であり援け合って龍造寺を大きくしてきた間柄であるが、政家とは何の関係もないのである。
一老臣にすぎぬ立場にある直茂が、いくら政家が頼んできたからと言って、簡単に龍造寺の中枢に入るわけには行かない。
仕方なく龍造寺信周が一門代表として柳川に赴いて直茂を説得し、ようやく直茂は佐賀に入った。それでも直茂の乗っ取りとの風聞が流れ、直茂は蟄居しようとする。
政家は直茂に起請文を差し出して、事実上の権力委任をした。ここにおいて龍造寺から鍋島への権力移行は公式となるが、直茂はあくまで龍造寺を主筋とした。

その後、直茂はあくまで主筋の龍造寺を気を使いつつ国政を運営した。だが、時の権力者秀吉も家康も龍造寺のことなど無視して接してくる。
天正18年(1590年)に龍造寺政家は隠居させられ、龍造寺の家督は高房が継ぎ、政務は直茂が執ることとなった。直茂は政家の隠居と同時に肥前神崎郡で4万4千5百石をを与えられる。
また直茂には従五位下、加賀守に任じられている。これは直茂が大名に取り立てられる条件を満たしたことと同義であった。いずれも秀吉の命である。
文禄、慶長の役で実際に佐賀兵を率いて異国の地で戦ったのは直茂であり、龍造寺高房は何もしなかった。だが、直茂はあくまで高房の名代という立場を執り、内外にもそれを示した。

しかし軍役負担をを果たさないのは大名ではなく、逆に大名であるからこそ軍役が課されるのである。さらに文禄、慶長の役で直茂に従った諸将の中には龍造寺一門のほか肥前の国人達も多く含まれ、龍造寺軍団が直茂に完全に掌握された。
ここに至り龍造寺家から鍋島への権力移譲は決定的となった。慶長5年(1600年)の関ヶ原役でも高房は直茂の嗣子勝茂と出陣したが、主導権は勝茂が握った。
関ヶ原では西軍に加担してしまうのだが、その原因は勝茂が病で出発が遅れ、西軍の道路封鎖にあってやむなく西軍に加わったのである。
重要なのは勝茂の病ということだ。高房は関係ないのである。このときの軍団はすでに鍋島軍であった。

関ヶ原後の検地で確定した肥前佐賀35万7千石の地を領して、徳川家に対して奉公するのは鍋島であるというのが家康の考え方であった。
だが直茂は筋論にこだわった。家康に願い出て、龍造寺高房を従五位下、駿河守に叙任、さらに二代将軍秀忠の近習とした。慶長9年(1604年)のことである。高房に大名の格を与えて、さらに将軍直臣としたのである。
高房も最初は喜んだようであるが、周囲には鍋島の策略であると唆す者もあり、次第に高房に不満が募る。慶長10年(1605年)に勝茂は家康の養女となった岡部長盛の女と婚姻し、鍋島と徳川の関係が強化される。

高房の死と伯庵事件

鍋島氏の地位は相対的に向上し、龍造寺一門や重臣もそのことを現実として認めざるを得なくなる。「高房の取立ては鍋島殿のお力添え・・・鍋島殿御父子には二心なく忠誠を尽くします」という起請文が提出された。
これにくさったのか慶長12年(1607年)3月3日、高房は江戸屋敷において夫人を刺殺して自害を図るが、家臣に助けられて一命は取りとめる。
幕府直臣であるから、ことは直ちに届けられ本多正信、大久保忠隣らによって高房を取り調べるが、高房は自殺の理由など一切答えなかったという。

この報せに佐賀で隠居していた高房の父政家も鍋島父子も仰天した。下手をすれば取り潰されてしまう。直茂は「鍋島に対する当て付けではないか」と腹を立てて、7月26日に政家に対して長文の書を送る。世に直茂のおうらみ状といわれるものである。
この書で直茂は隆信の死後家を守り、さらに高房を引き立て、江戸で不自由なく暮らせるように取り計らっているのに、このたびの一件は誰に当て付けたものか高房帰国後問いただして聞かせて欲しいという糾弾である。
しかし、高房は帰国せず、9月に毒魚を食した後に馬を乗り回して自殺同然な死に方をした。その1月後に後を追うように政家も没した。

これにて龍造寺の嫡流は絶えた。幕府では龍造寺一門の有力者である諫早の龍造寺家晴、多久の龍造寺安順、須古の龍造寺信昭を呼び家督問題について意見を聞いた。
3人は龍造寺と鍋島の関係、直茂の功績、龍造寺存続の経緯などを述べた上で、直茂が家督を相続すべきだが高齢のために勝茂への相続を上申し、幕府もそれを認めた。
これによって佐賀35万7千石を領する近世大名鍋島氏が成立し、家督と支配は鍋島に統一された。龍造寺一門は鍋島氏に臣従することになり、いずれも改姓した。

しかし寛永11年(1634年)伯庵事件が起きる。伯庵は自殺した龍造寺高房の子で、4歳で里子に出されていた。成長して高房死去の事情を知り、高房の弟龍造寺主膳とともに竜造寺家再興を幕府に訴えた。
もちろん幕府では取り上げなかったが、伯庵らはあきらめずに翌寛永12年、寛永17年、寛永19年と訴訟を繰り返した。
幕藩体制が定着したとはいえ、大名の改易もまだ多く行われており、また寛永15年(1638年)の島原の乱の際に、幕命で出陣した鍋島勝茂が、軍令違反によって閉門処分を受けるという、佐賀藩にとっては不安材料もあった。
佐賀藩内は一致結束し、多久安順(長信の子)が出府して幕府に対し龍造寺から鍋島への権力移譲は正当であった旨の説明が行われた。
すでに龍造寺一門も龍造寺の姓を捨てて鍋島体制の中に組み込まれており、幕府としてもいたずらに混乱を招くだけの伯庵の訴えに耳を貸す道理もなかった。結局伯庵は、会津の松平(保科)正之のもとに預けられた。
また、龍造寺主膳は大和郡山の本多家に預けられ、その後本多氏の家臣となった。

以上が鍋島氏が龍造寺の権力を引き継いだ経緯である。その権力移譲は異様なほど平和裏に行われ、人がなかった龍造寺から人を得た鍋島へ権力が移ることは当然の帰結であった。
しかし庶民はいつの世でも判官贔屓である。龍造寺は鍋島に権力を奪われたと見る。直茂があれほど心配し、それがために気を使ったことが現実となる。
しかも高房が夫人を刺殺し、自殺同様の死に方をしたことは庶民の好奇心を煽らないわけはない。ここに江戸後期に鍋島の化け猫騒動という戯作が生まれたのである。

(二)虚構の騒動

芝居となった鍋島化け猫騒動

鍋島氏への権力移譲が完成してから200年以上たった嘉永6年(1853年)、江戸の中村座に「花瑳峨猫又草紙」(はなのさがねこまたぞうし)という演題の芝居がかかる。
このときは佐賀藩の厳重な抗議にあい、町奉行所も介入して初日前に上演が中止されてしまう。しかし約10年後の元治元年(1864年)には、今度は「百猫伝手綱之染分」(ひゃくびょうでんたづなのそめわけ)と題して上演されることとなった。
すでに幕末であり要事多端で、幕府としてもとても芝居の取り締りどころではなかったのであろう。さらに明治に入って「瑳峨奥猫魔稗史」(さがのおくねこまたぞうし)と改作されている。

これらのあらすじは以下である。直島の領主直繁の跡目をめぐって二男松浦之助ではなく三男左近を擁立しようとする一派があった。
松浦之助は奸臣たちにのせられて遊興に耽り、これにつけいった左近の母瑳峨は我が子のお家相続を画策する。瑳峨は滅亡した菊池家の縁続きで、左近に直島家を相続させた上で、お家を乗っ取ろうと考えたのだ。
ここで直繁は主筋にあたる龍宝寺の末裔高山検校と囲碁の勝負をし跡目を決めようとする。奸臣たちは不正によって直繁に勝たせようとするが、それを検校が咎め、検校は直繁と奸臣によって傷を負わされ壁に塗りこまれてしまう。検校は毎夜化けて出て直繁らを苦しめる。
一方、瑳峨は我が子の家督を願って猫又を祀る猫婦の祠に祈願を重ねる。奸臣たちは検校の飼い猫の生血で祠の封印を解いてしまう。
猫又は瑳峨と一体となって直繁や松浦之助を苦しめるが、伊東壮太と名乗る侍に正体を暴露されて逃げさるというものである。

直島が鍋島、直繁が直茂、龍宝寺が龍造寺であるのはあきらかである。嘉永年間には鍋島家の抗議で上演中止となったが、そのことがかえって人気を呼ぶことになり、改作も多く上演されて化け猫人気の定着となった。
この芝居となる鍋島化け猫騒動は最終的な形であるといってよく、ここまでの間にいくつかの騒動の種本が存在する。実際はこれらの種本から種々の脚色があり、長篇化されていったというのが実態であろう。

化け猫騒動の原形

寛政12年(1800年)に成立した元茂公御年譜は佐賀藩の支藩である小城藩初代藩主鍋島元茂によって編纂されたものであるが、そのなかに龍造寺高房の亡霊が徘徊する話がある。
高房の死は前に書いたとおりであるが、その死後10日もたたないうちから佐賀城下に高房の亡霊が出現した。白装束に身を固め、馬に乗って武器を持ち、供の騎馬侍もいたという。
江戸に居た高房が佐賀に派遣して直茂に懐柔されそのまま戻らなかった、高房に言わせれば鍋島におもねった久納市右衛門と石井主水の2人を高房の亡霊が殺す。
亡霊に行きあった者は気絶したり死亡したりで、佐賀の城下は火の消えたよう。直茂は亡霊を宥めるために天祐寺を建立するが、亡霊は相変わらず跳梁する。

これがそもそもの騒動談の原形であるといわれる。次に出てくるのが「肥前佐賀二尾実記」の後半に載る話である。「肥前佐賀二尾実記」は成立過程はわからないが、巻一〜三十までのうち、二十四〜三十までが化け猫騒動の原型となると考えられる話である。
享保14年(1727年)ころ佐賀藩江戸屋敷の用人森平右衛門に愛猫がいた。その猫は黒猫で、尻尾の先が2つに分かれていたが、平右衛門の母親を食い殺し母親に化けた。
母親に化けた猫は酒宴の時に殿様に切りかかるが眉間を打たれて逃げ帰る。そこで正体を見破られ、そのままどこかに行方をくらましてしまう。
黒猫は江戸から佐賀に遣わされた山崎重右衛門の肩に乗り、佐賀に移る。ここで黒猫は殿様の奥方を食い殺し、今度は奥方に化ける。
殿様は江戸から帰国し、奥方に化けた猫によって夜な夜な苦しめられる。ついに伊藤惣太という足軽がその正体を見破って猫を殺して殿様を救い、加増の上に勘定役に抜擢されるという話である。

享保14年というのは四代藩主吉茂の代であるが、巷間流布しているものとしては、二代藩主光茂の話も有名である。この話はさらに芝居に近くなっている。
二代藩主光茂は龍造寺家当主又七郎に囲碁の勝負を挑み、それに負けて逆上し又七郎を斬り殺す。又七郎の死骸は井戸の中に捨てられる。
又七郎には母と可愛がっていた黒猫がいたが、帰りが遅い又七郎の身を案じて母は黒猫に不安を語る。黒猫はいつしか姿を消して、井戸の中から又七郎の首をくわえて帰ってくる。
全てを悟った母は鍋島家に末代まで祟ると遺言して自害する。その死骸から流れる血を黒猫は舐めつくして、何処かへ姿を消す。
黒猫は光茂の愛妾お豊の方を食い殺し、お豊の方に化けて光茂を苦しめるが、近習小森半左衛門と槍術家千布本右衛門に行燈の灯りで障子に映る化け猫の影から正体を見破られて始末されるという話である。

鍋島騒動については、勧善懲悪的な御家騒動ではなく、必然の流れでの政治権力の交代劇であって、一般に言う騒動にはあたらない。
しかし、そこに龍造寺高房の自殺同然の死という出来事があったために、虚説の化け猫につながり娯楽の世界で発展していった。
明治期以後も芝居や映画にまでなっていることから考えると、藩祖直茂のおうらみ状にある、「なんの怨みがあってこんなあてつけがましいことを」との嘆きは現実になてしまった。鍋島家にとっては不本意なのことであろう。


本稿は新選御家騒動下巻・鍋島猫騒動(新人物往来社)、史伝鍋島直茂(学研M文庫)、歴史と旅昭和54年3月号実録御家騒動のうち鍋島騒動、歴史と旅平成3年5月10日臨時増刊号秘録藩史物語のうち佐賀藩、新編藩史物語のうち佐賀藩を参考に書いています。

鍋島氏の表紙に戻る
大名騒動録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -