歴史の勉強

黒田騒動

はじめに

三大御家騒動の一つに数えられる黒田騒動(あとの2つは伊達騒動と加賀騒動)は、江戸時代初期に福岡藩黒田家で起きた騒動で、その主人公を栗山大膳という。
黒田家はよく知られるように、戦国末期に黒田孝高(如水)が播磨国で豊臣秀吉に仕えてから躍進した家であった。孝高は名軍師として名を挙げ、常に秀吉の側近くにいて豊前中津12万石の大名となった。
秀吉が没すると家康に即座に乗り換えて、孝高の子の長政は関ヶ原で調略でも武力でも大活躍し、家康から「忠節を感謝し、徳川家は黒田家の子孫を粗略には扱わない」との感状を得ている。
長政は関ヶ原の功で一躍筑前福岡で50万石余りを得て、国持大名となった。長政が死去すると、その子の忠之が跡を襲った。この忠之の時に黒田騒動が起きる。

一方栗山家は、まだ孝高が秀吉に仕える前に、栗山善助と名乗る若者が孝高のもとに出仕してきた家である。したがって黒田家中ではもっとも古くからの家臣であった。
黒田家では栗山家のように播磨時代の取立ての家を大譜代、中津時代の取立てを古譜代、福岡に入部してからの取立てを新参と呼んで区別した。
栗山善助は大譜代衆の中でももっとも黒田家に忠誠を尽くして働き、今日の黒田家あるは栗山善助のおかげと言っても決して言い過ぎではないほどであった。
したがって福岡入部後栗山家は家老職にあり、上座郡左右良の城を預けられ、1万5千石を得ていた。実力や能力はあまりなくとも家柄だけで重職に就ける家であり、こういう家を家柄家老という。

家柄家老というのは先祖の功績で家老になれるわけだから、後代の藩主にとっては時として煙たい存在であった。確かに表面上は感謝はすれど、かといって心底は先祖の勲功をいつまでも鼻にかけということになるのである。
藩主とすればそんな家柄家老より、ある程度自分の思い通りになる重臣がほしい。また、家柄家老の能力が低く、新たに有能な重臣を据えなければ藩が持たないというケースも出てくる。こういう事情で藩主が新たに家老を取り立てる場合、そういう家老のことを仕置家老という。
栗山善助は黒田孝高が有岡城で1年近く監禁されたときに、有岡城に何度も忍んで孝高と繋ぎをつけ、最後には有岡城から救い出している。
また関ヶ原役前夜に大坂屋敷から孝高と長政の両夫人を脱出させて中津に送り届けている。まさに黒田家の恩人でもあった。その善助の子が栗山大膳利章あった。

黒田家の場合は、忠之が家柄家老の栗山大膳を忌避し、倉八十太夫なる児小姓を寵愛し、やがて仕置家老にまで取り立てた。
その過程で相当ごり押し的なことをやり、それに大膳が反発し、忠之と大膳つまり藩主と筆頭家老の仲が険悪となった。お互いに譲らず、ついには大膳が忠之に謀反の気配ありと訴えでて、幕府の評定が行われる。
評定の結果は、忠之は騒動を惹起したことを問題にされて所領は召し上げられたが、即日所領を宛行われ実質お咎め無し、大膳は盛岡藩南部家に預けられたが、終生150人扶持を貰うなど寛大な処分であった。
大膳の訴えも策略の一環であったと伝えられている。つまり黒田騒動とは、君臣間の対立が抜き差しならなくなって起きたものであり、真の悪者はいないのである。
ただし栗山大膳に対する評価は分かれており、大忠臣というものもあれば、逆臣というものもある。ちなみに福岡藩では江戸期を通じて栗山は逆臣で栗山姓すら許されなかったという。

大膳と忠之

黒田騒動の主人公栗山大膳は、天正19年(1591年)1月に栗山備後(善助)の子として生まれた。まだ黒田家は中津にあったころである。大膳は通称であり、名は利章という。
一方、大膳と対立することになる福岡藩二代藩主忠之は、慶長7年(1602年)11月9日に生まれている。忠之が誕生したのは福岡城東ノ丸にある栗山備後の邸であった。
忠之が生まれたとき大膳はすでに12歳で、年齢的には元服前ではあったが、すでに2人の行く末は運命付けられていたのかもしれない。

大膳は父の備後の致仕を待たずに、元和3年(1617年)に27歳で家老職に列している。元和9年(1623年)8月に忠之の父で福岡藩祖長政が京都で没し、この年10月に忠之が正式に家督を継いだ。このとき忠之27歳、大膳は39歳で、大膳も首席家老となった。
長政と備後という関ヶ原役を経験した老練なコンビから、忠之と大膳という新進のコンビにバトンタッチされ、福岡藩も名実ともに新世代となったわけだが、実際はこの新進コンビは性格からして合わなかった。

忠之は相当に問題があったらしい。苦労知らずの若殿様という形容がぴったりだというのだ。忠之の生まれたのは関ヶ原役の2年後であり、すでに黒田家は筑前の太守のなっている。
ここまで黒田家を育て上げた祖父如水や父長政のことを身近に見ているわけではない。大坂の陣では出陣前に病に倒れ、結局戦闘には間に合わなかった。
このとき黒田家のことを警戒した家康に仮病ではないかと疑われ、意地でも出陣したのだった。フラフラになって大坂に着いた忠之を家康も秀忠もねんごろにねぎらったというから、面目は保ったものの、参陣は形式的に終わった。
長政も忠之のことを嫌った。わがままで短気で粗暴で思慮が浅いと思ったらしい。廃嫡を真剣に考えて、その弟の長興を世子にしようとした。

このとき間に入って忠之を救ったのは忠之の傅役でもあった大膳である。大膳は長政に忠之廃嫡の意志が固いと知ると、忠之を謹慎させ、同志を糾合して忠之廃嫡となれば同志一同切腹して果てると長政に申し送った。
驚いたのは長政で、藩の主要な家臣が一度に切腹されては藩政は成り立たなくなるどころか、幕府に知れたらどんな咎めを受けるかわからない。
やむなく忠之廃嫡の件はとりやめとなった。長興は長政の遺言で支藩である秋月藩初代を藩主となるが、忠之からはこお件で疎まれ仲はよくなかった。

ただ、一般に膾炙されるほど忠之は暗愚ではなかったらしい。たしかに長政に比べれば格段に落ちることは否めないが、三代目の馬鹿殿ではなく、事実この後の騒動における対処も見事な面もあり、騒動後は問題なく藩主としての勤めを果たしている。
ただ短気であるが故に血気に逸り、さらに我が強くて好き嫌いが激しい人物ではあったらしい。長政は死去する際に忠之の将来を心配して、大膳と家老の小河内蔵允を呼んで忠之の将来を懇ろに託した。
その際に関ヶ原のときの家康から感状を大膳に預け「不心得者あって取り潰されるような重大なことあれば、この感状を老中方に見せ祖先の功を申し述べて嘆願せよ。謀反以外の罪なら赦されるだろう」と語ったとされる。

さて、一方の大膳である。大膳の父備後は風格があり温厚篤実を絵に描いたような人であったというが、子の大膳は父親とはまったく違った人物であった。
好学であり努力家であり責任感もあり、儒学や漢学、詩文などの教養も身につけていた。ここまでなら申し分ないのだが、得てしてこういう人間にありがちな押し付けがましく傲岸なところがあった。
忠之に対しても、微に入り細に入る諌書を何度も出している。朝は早起きをせよとか、客扱いは丁寧にせよとか、しかも一々諸子百家や経書などの文句を引用して書いた。
相手は主君しかも筑前一国の太守である。しかも武張った性格だから漢学や儒学の素養もない。大膳にすれば忠之のためを思ってしているだけで他意はないのだが、忠之はたまったものではない。大膳のことがだんだん疎ましくなってきた。

倉八十太夫の登場

前に書いたように家柄家老というのは藩主にとってもともと煙たいものだ。藩主の思い通りになるわけではないし、まして罷免や隠居などおいそれとはできない。
ましてや大膳は一回りも年長であり、首席家老である。そうなると自分の思い通りになる仕置家老を置きたくなろのが自然で、忠之もそうした。
まずは側近グループが形成される。側近グループというと聞こえはいいが、ようは忠之の我儘が何でも通る、追従者の集まりである。その中でも特に忠之の寵愛を受けたのが、倉八十太夫であった。
十太夫の父を倉八長四郎といい、黒田家が中津から福岡に入る際に2百石で召抱えられた。十太夫は、はじめ忠之の小姓として上がったが、眉目秀麗であり忠之の男色の相手になった。

このころはまだ戦国の気配が色濃く残り、武士の世界も男色が流行していた。したがって十太夫が男色の相手を勤めるのは異常でもなんでもないが、忠之の傾倒ぶりは異常であった。
十太夫が小姓になった頃、倉八家の加増を受けていて千5百石くらい得ていたといわれるが、十太夫が忠之の小姓になると加増に次ぐ加増を受け、最後には9千石にまでなったという。
忠之が十太夫をいかに寵愛したかという話が、いくつか伝わっている。十太夫はやがて家老職になるのだが、十太夫が家老になった直後に大膳の父備後が死去した。
栗山家には備後が如水から拝領した合子の兜と唐皮威の鎧があった。どちらも如水が着用したもので、如水が死去するときに「この兜と鎧を我と思って長政をよろしく頼む」と付言した由緒あるものであった。

忠之はこの兜と鎧を大膳に返せと言った。黒田家にとって由緒ある宝を備後なき今、他家で私蔵するのは忍びないという理由であった。
大膳はおかしいとは思いつつも、忠之の言うことにも一理あるので、これを返した。すると忠之は兜と鎧を十太夫に下賜してしまった。
十太夫も家老職にあり9千石の大身であるので、それなりの家宝も必要であるとの理由であった。これを聞いた大膳は激怒した。十太夫の屋敷に自ら乗り込み兜と鎧を奪い返して、本丸の宝物庫に入れてしまった。
これだけのことをやるのに大膳は一言も忠之に断らず、事件を聞いて忠之は一言も大膳にこのことを持ち出さなかったという。嵐の前の静けさのようで不気味である。

ただ、十太夫というのは巷間では俗悪な奸臣として描かれているが、事実はそうではなかったらしく、この事件のときも大膳の剣幕に押されたとはいえ拝領した兜や鎧を返しているし、そのことを忠之に恨みがましく訴えた形跡もない。
おそらく小姓上がりの小心な人物が思いがけなく出世し、精一杯肩肘を張って生きようしていた程度だろうし、忠之と大膳が自分を巡って対立していく構図に辟易していたに違いない。
なお、この事件は俗説黒田騒動では長政の水牛の兜ということになっているが、事実は如水の兜と鎧であった。俗説ではことさら十太夫を悪玉にするために例えば大船鳳凰丸の建造も十太夫の甘言に忠之が乗せられたものとされている。

このころ幕府の許可なく大船を作ることは違法であった。それを敢えてしたというのであるが、このことは許可を受けていたともいうし、よしんば許可を得なかったとしても十太夫ごときの責任ではなく、首席家老たる大膳の責任である。
ましてや大船の建造を首席家老が知らないはずはなく、のちに幕府が問題にしていないことから見ても、許可を得ての建造であったのであろう。
ただ鳳凰丸というのは藩政には何の役にも立たず、完全に無駄使いであった。その罪を十太夫が着せられた可能性が高い。
いずれにしても十太夫は必要以上に悪者にされているのは間違いなく、奢り高ぶったのは事実ではあるがそんなに悪い人物ではなかった。
十太夫は騒動が結着して高野山に追放されるが、その後島原の乱の際には高野山を降り黒田家に陣借りしている。このことからも根っからの悪人ではないことがわかる。

君臣の対立激化

藩主と首席家老の対立、藩主が寵愛する小姓上がりの出世という騒動の条件が整ってきた。忠之と大膳の対立は激しくなるばかりで、必要なとき以外は会うこともなくなった。
こんな状態に嫌気が指したのか寛永5年(1628年)に大膳は家老職の辞任を申し出た。忠之はこれを許し、大膳は所領の左右良に引きこもった。
ところがこのことが幕府に聞こえ、翌寛永6年に大膳は幕府から召喚され調べを受けた。その結果、幕府より大膳の家老職復帰が命ぜられている。
大藩の首席家老ともなれば幕府の監視を受け、その進退は藩主の一存では決められなかったのである。このことひとつをとってみても、いかに大藩の家柄家老の地位がすごいものかわかるであろう。

いずれにしても大膳は首席家老として復職したが、このことは忠之との仲をさらに悪くしただけであり、対立はより根深くなっていった。
そんなとき将軍秀忠が死去し、江戸で葬儀が行われた。兜と鎧の事件の翌年寛永9年(1632年)正月のことである。忠之も葬儀に列席し形見分けを受けて福岡に帰国した。
藩主の帰国の際には城外には重臣が居並んで出迎えるのが慣例であった。だが、そこに大膳の姿はなかった。忠之は大膳の姿が見えないので、大膳はどうしたかと尋ねた。
すると重臣の一人が大膳は病気で臥せっていて出迎えができない。大膳からもしお尋ねのことあれば、よろしく申し上げてくれ、とのことであったと返答があった。

忠之はなおも詳しく尋ねたうえ城内に入り、大膳の邸の前を過ぎるときに山下平兵衛というのものを使者に差し向け、大膳を見舞ったという。
これまでの忠之と大膳の間柄を考えれば不思議なことではあるが、忠之も大膳が病気と聞いて今までの経緯を反省したのかもしれない。
忠之はその後も度々見舞いの使者を出したが、大膳は一向に登城しない。医師に様子を尋ねてみると、大膳の病気というのは重いものではなく、登城しても一向差し支えない程度のものと知れた。
これには説があって、忠之の態度が掌を返したように優しくなったので、大膳は毒殺されるのではないかと疑ったとも言われている。
忠之の反省が裏目に出た形だが、この大膳の病状を聞いた忠之が気分を害したのは言うまでもない。いったんすれ違うと、何事もすれ違うという典型であった。

この寛永9年というのは肥後の加藤家が取り潰されたときでもあった。加藤家は清正の跡を忠広が継いでいたが、いわゆる豊臣系の大名であり、幕府にとっては取り潰したくてしょうがない家であった。
当時の幕府の政策は、徳川家安泰の為に外様大名はできるだけ取り潰すというのが基本方針であった。とはいえまったく落ち度がなければいくらなんでも取り潰せないから、些細な落ち度を見つけたり、ときには落ち度を作ったりした。
加藤家の取り潰しも理由ははっきりせず、どちらかといえば落ち度を作って大げさに騒ぎたてた類のものであった。このことは外様であった黒田家にも緊張を生んだ。

理由はどうあれ加藤家は取り潰されることになり、5月になると上使として老中稲葉正勝が熊本に向った。この正勝というのは将軍家光の乳母春日局の子であり、したがってその力たるやたいへんなものであった。
正勝は5月下旬に黒田領内の遠賀郡山鹿を通過することになった。黒田家としてもここは多いに機嫌を取っておかなければならないところである。
忠之は山鹿に接待の使者を出すことにして、正使に十太夫を副使に黒田市兵衛を選んだ。十太夫は張り切って総勢350人という大人数で山鹿に入ったが、市兵衛の方はわずか38人という少人数だった。
黒田家から挨拶の使者が来たとの報せに正勝は「倉八十太夫という名は聞いたことがない。黒田市兵衛は筋目のものと聞く。市兵衛だけを通せ」と、十太夫は会ってももらえず面目丸つぶれとなった。

こういう話は世間にパッと広まるものだ。福岡に隣接する商人町の博多では、寄ると触ると十太夫のことを笑い話にした。忠之にすれば十太夫に箔を付けるために行ったことであり、自分が笑われているようなものと感じた。
忠之はもともと短気だからこうなると頭に血が上って逆上し、この話をしているものは見つけ次第に討ち取れと命じた。商人や漁師が討ち殺され、博多の町は一時恐怖が支配した。
これらによって興奮した忠之は同年6月13日に焚火の間に出て、黒田市兵衛らに大膳の邸に行ってすぐに登城するよう申し渡せと命じた。
ところが大膳は病を楯にして動かない。これを聞いた忠之はますます逆上して意地でも登城させようとする。何度か使者が往復し、つにに埒が明かないと見ると忠之は自ら大膳の邸へ押しかけるとわめく始末。
老臣の井上道柏と小河内蔵允が急遽まかり出て、なんとか忠之を宥めた。この騒ぎの翌日に大膳は剃髪し、さらに夫人と二男の吉次郎を人質に出した。

大膳、忠之の謀反を訴える

寛永9年(1632年)6月15日、先日の騒ぎの翌々日、大膳の邸から飛脚体の者が出て行った。目付が見つけて後をつけて捕らえ、調べてみるとふところから大膳の書状が出てきた。
宛名は豊後府内城主竹中采女正で、「忠之が謀反を企み、それを諫言したところ不届きとして成敗しようとしている。ここに至って、この大膳は公儀一途に思い、忠之を訴えることにした」と、とんでもないことが書いてある。
竹中采女正は全九州の目付役であり、いってみれば九州探題とも言うべき立場にあった。飛脚は取り調べに対して、昨日も竹中采女正のところに飛脚が立ったと述べた。
これで大膳の処分は勝手にできなくなった。処分をすれば公儀に対して罪を認めるようなものだ。訴えの内容が事実かどうかは別として、公儀の裁決を仰がなければならない。
おそらく大膳はこの二度目の飛脚をわざと見つかるようにしたのであろう。

この訴えは事実無根であった。忠之は謀反など考えたこともなかった。そのこと事態は大膳も知っていた。大膳は肥後の加藤家の取り潰しを見て、このままでは黒田家も危ないと感じ、先手を打って訴えでたのである。
裁決で忠之に謀反の疑いなしとなれば、少なくとも取り潰しは免れると思い切った手段に出たのだった。ところが、これには家中一同が怒った。
家中一同は大膳の考えを知らないし、また首席家老であれば謀反の事実があったとしても、公儀に訴える前に他の手段があろうというものだろうと。
黒田家のほうでも対抗手段として竹中采女正の許に使いを立て、事情を述べて徹底的に取り調べてくれるように申し立てたという。

7月に入って竹中采女正が福岡に入り、3日まで井上道柏や小河内蔵允と語らい府内に帰っていった。その翌日に大膳が福岡を立退いた。
大膳の立ち退きは鉄砲には弾を込めて火縄に火をつけ、槍で取り巻くという物々しいものであったという。
8月15日に幕府から使者が来て忠之に参府を命じた。忠之は黒田美作と小河内蔵允を供にして江戸に急ぐ。箱根まで来ると江戸からの飛脚に会い、急ぐ必要はないとのことだったので、そこからは普通に道中した。
江戸近くまで来ると、ひとまず品川の東海寺に入るよう公儀の意向が伝えられた。忠之は「どうせ囚われの身となり破滅するならば本邸で果てたい」と言い出し、もっとも申し出なので小河内蔵允が工夫して、忠之は単身桜田の藩邸に向った。
その後を忠之なしで正式の行列を組んで品川口まで来ると東海寺に入れとの指示が待っていた。小河内蔵允はとぼけて、主人忠之は公儀の命をかしこんで道中を急ぎ、すでに昨夜のうちに藩邸に入っているはずと言い、待ち構えていた旗本衆を呆れさせた。

そうこうするうちに今度は黒田家と昵懇の尾張家付家老成瀬隼人正と紀伊家付家老安藤帯刀が藩邸に来て、忠之を説得して郊外の長谷寺に移させた。
これらのことが福岡に知らされると、福岡では大騒ぎになり籠城戦の準備を始めたという。
11月17日に老中よりの使者が来て、18日に西ノ丸へ出頭するように言ってきた。18日に西ノ丸に出頭すると老中立会いの下で大目付による取調べが行われた。
忠之の取調べはこの18日と翌寛永10年(1633年)3月4日の2回行われているが、もともと事実無根の訴えだからボロの出ようがない。
さらに忠之は暗愚ではないから返答もなかなか見事であり、老中らも感心したという。もともと黒田家に対しては将軍も老中らも好意的であり、取り潰す気など毛頭なかった。

一方、大膳の方はこの年の正月10日に江戸に入っていた。君臣の対決が予定されたが、これには忠之が反発した。「君臣の対決など古来から聞いたことがない。臣下と対決するような不面目なことは忍びがたく、疑いあらば切腹して果てるのみ」と毅然として言い切った。
これには列席の老中らも申し出でもっともということになり、君臣の対決はなくなった。
3月11になって大膳と黒田美作、井上道柏、小河内蔵允らとの対決が行われた。大膳は弁舌を駆使して黒田家の重臣らと対決し、ときにはやり込めた。
だが所詮は事実無根の訴えであり、状況証拠やこじつけ的なものばかりである。聞く側にも大膳の訴えは事実無根というのが明らかだった。

騒動の結末

大膳対黒田家重臣対決の翌日の寛永10年(1633年)3月12日、大膳一人が井伊家の邸に呼ばれた。ここで大目付から大膳に対して「謀反の訴えは偽りと認む。なぜ事実無根の訴えをしたか」と問い詰められた。
大膳は涼しげな顔で「忠之が諫言を聞かぬため、このままでは取り潰されかねないと考え、計略として訴えを起こした。さすれば忠之は成敗かなわず、公儀の面前で悪政を申したてられ、深く反省することになろう」と述べたという。
さらに裁判の最初からこのことを申し出れば、さほど苦労なく育った忠之の心根は改まらず、また諫言一つしない重臣どもも無事に済んでしまうとも申し述べた。
これを聞いて老中らは一様に感心し感動したという。

3月16日に忠之は重臣らと供に酒井雅楽頭の邸に出頭を命ぜられた。忠之に対して「はなはだ仕置よろしからず。また君臣遺却の段、不届きにつき領地を召し上げる。さりながら代々忠節を尽くした家であり、筑前の国を新に賜う」という裁決が言い渡された。早い話がお咎めなしである。
一方、同日大膳も井伊家の邸に呼ばれ、南部山城守へお預けの処分が言い渡された。ただし終生150人扶持を与えられ、4里四方お構いなしという破格の処遇であった。大膳は南部家でも大切にされたという。
もうひとりの役者倉八十太夫は高野山へ追放されたが、島原の乱が起きると山を降りて黒田家の陣に加わったという。

これが黒田騒動と呼ばれる江戸初期に起きた大騒動であるが、結末を見ても明らかなように悪者が一人もいないし、その裁決は減転封や切腹などがなく陰惨なものではない。
唯一倉八十太夫だけが追放されたが、前に書いたように十太夫も悪人ではなく、本人は追放されなかったとしても黒田家にはいられなかったろう。
ただ江戸時代を通じて福岡藩では評判が悪く、栗山姓は福岡では名乗れなかった。大正期以降には主君を貶めたということで評判を落としている。
また長政が大膳に預けた家康の感状は結局使われないままになった。この感状は黒田家家臣の梶原某に預けられ、のちに六代藩主継高に献上されている。

本稿は列藩騒動録(海音寺潮五郎・講談社文庫)、新選御家騒動上巻・黒田騒動(新人物往来社)、新編藩史物語(新人物往来社)、歴史と旅・歴史読本関係各号を参考に書いています。

黒田氏の表紙に戻る
大名騒動録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -