歴史の勉強

加藤式部少輔明成

会津40万石の加藤家二代藩主であった明成の騒動には主人公が二人いる。一人は加藤式部少輔明成その人であり、もう一人は筆頭家老の堀主水という人物である。
会津の加藤家は、先代の加藤嘉明が一代で築いた家である。父親とともに流浪し、博労をしていた嘉明は、長浜時代の秀吉に父とともに仕え、2百石取りとなった。
このころ一緒に仕えた仲間に福島正則や加藤清正がいる。秀吉のもとで数々の合戦に出陣して功を挙げ、賤ヶ岳の戦いでは福島正則、加藤清正らとともに「賤ヶ岳の七本槍」の一人に数えられている。

秀吉の四国攻めの際に水軍を指揮したことから、のちには水軍の将として名を馳せる。文禄・慶長の役では脇坂安治、藤堂高虎らとともに水軍の将として出陣して、朝鮮水軍との戦いで武功を挙げた。
嘉明という人は武功重視の人であった。有名な話としてこういうのがある…
慶長の役で伊予水軍を率いた藤堂高虎が閑山島沖の適水軍に奇襲をかけた。これが成功し、多数の敵兵船を獲り、敵兵の斬首数千に及んだ。
これを知った嘉明はじめ脇坂安治、島津義弘、来島道之らほかの水軍も閑山島沖に集まって戦に加わり、結果大勝した。

戦いが終わって諸将が集まると皆口々に、「本日の武勲の第一は高虎殿」と称える。それを聞くと嘉明は「高虎殿は不意を襲ったに過ぎず、さしたる働きをしたとは思えぬ。遅れたりとはいえ、それがしは敵船に囲まれた中に斬り込み、敵船を捕獲した。これをもってしても武勲第一はそれがし」と言い放つ。
さらに宥める高虎やほかの諸将に対し「皆の目は節穴」と暴言を吐いた。長老格の松浦鎮信がその場を治めたが、これ以来嘉明と高虎は犬猿の仲となった。
このこと以ってしても嘉明が武功一辺倒であったことがわかる。

それが故か、また秀吉股肱の臣でもあってか、秀吉にも愛されて、その死の直前の慶長3年(1598年)5月には伊予松山10万石の領主となった。
慶長3年(1598年)8月、秀吉が死去すると武断派と呼ばれるグループと、吏僚派と呼ばれるグループの対立が表面化する。嘉明はもちろん武断派であった。
この争いを利用して徳川家康は天下人への道の歩みを早めた。武断派の武将たちは家康に巧みに取り込まれ、慶長5年(1600年)のころには家康の子分のようになっていた。
そして関ヶ原となるが、嘉明は当然東軍に与し、戦後伊予で20万石と加増された。

所領が倍増した嘉明は、新たに勝山の地を選んで築城を始める。完成後に勝山は松山と名を改められる。
嘉明はこの城の築城に全精力を傾け、完成した城は20万石には過ぎた城と言われるほど、世人の関心を集め、その眺めは素晴らしいものがあった。
嘉明が松山築城に心血を注いでいる間にも、世間は動いている。やがて大坂の陣となったが、冬の陣の先には江戸城留守居、夏の陣の際には出陣したものの取り立てて武功は挙げていない。
大坂の陣で豊臣家は滅亡し、名実ともに徳川の世となると豊臣恩顧の大名たちの周辺は俄に騒がしくなった。

秀吉の無二の忠臣であった福島正則が真っ先に槍玉にあがり、言いがかりに近い理由で安芸国広島49万石を改易され信濃川中島4万5千石に移された。4万5千石で宗家を保ったのではなく単なる名目であり、正則が死去すると全て没収されそうになった。
嘉明も既に老いの域に達していて、これらを見てため息をついたことだろう。
そんな嘉明のもとに、寛永4年(1627年)会津への転封が命ぜられた。それまで会津の地を治めていた蒲生忠郷が25歳で急逝し、嗣子がなかったために断絶した。そのあとに40万石をもって嘉明が入った。

そのときのこと…
当初、将軍秀忠は会津を藤堂高虎に与えるつもりで高虎に話をすると、高虎は「老齢ゆえ、要地の会津藩主などとても勤まりません」と断った。
秀忠は「それでは誰がよいと思うか」と高虎に問うと、高虎はすかさず「加藤嘉明殿を措いてほかにはございません」と答えたという。
嘉明と高虎の不仲を知る秀忠はそのことを問うと、「それがし嘉明の不仲は私事であり、会津の太守のことは公事でございます。私事とは区別しなければなりません」と述べた。
これを伝え聞いた嘉明は、転封の途中で高虎を訪ねて旧怨を詫び、その後は親しく交わったという。

会津での石高は40万石、伊予の倍であった。しかし、嘉明は内心この転封を喜ばなかったという。心血を注いだ松山城から離れたくはなかったとうのが理由で、それほど松山の城に愛着があったのだろう。
しかし幕命を断るわけにはいかず会津に入ったが、その4年後に69歳で死んでしまった。
嘉明の跡は長男の明成が継いだ。この明成という人は父に似ない凡愚の将で、民を虐げ、武備を守らず、金銀珍器を好み、諸人の肉を削りても金銀を集めることを好むという人物であった。
それも唯集めるのではなく一分金を集めたから、人々は官名の式部少輔に引っ掛けて加藤一分殿と噂した。吝嗇で偏執狂的な我儘人間という人物像が浮んでくる。

この明成に対する筆頭家老が堀主水という人物。もともと多賀井主水といったが、大坂の陣の際に敵将と組み打ったまま堀に転落した。そこで屈せずに首を獲り、功を挙げたというので堀と改姓した男で、戦国時代そのままの人物であった。
この手柄に感激した嘉明から采配、つまり軍事指揮権を与えられた。藩主の代理である。自他共に認める功臣であった。古い型の武将であるからプライドも高い。
こんな2人が藩主と筆頭家老だったから合うはずがない。主水にすれば明成は世間知らず、苦労知らずの我儘な若僧でしかなく、明成からすれば主水は何かというと先代先代と言いつのる、時代遅れの老人で主と従の区別もつかぬ奴ということになる。

もっともこれは加藤家だけでなく、他家でもあったことではあるが、加藤家の場合はお互いが極端であり我慢が効かずに騒動になった。
きっかけは主水の家来が喧嘩をして朋輩を傷つけたことであった。明成が裁くことになり、主水の家来に理があったのだが、明成は意地悪をして主水の家来に非ありとした。
怒った主水は明成の前に出て文句を言ったあげく「先君には似もやらぬ殿」と言い捨てた。明成も「主を誹謗する不埒な奴輩」とやり返し、家老を罷免して采配を取り上げた。
黙って引き下がる主水ではなく、もはやこれまでと会津城下を立退く決心をした。

主水は一族郎党3百人を引き連れて、白昼堂々城下を立退き、途中の中野村というところで手切れのしるしとして若松城に一斉射撃をし、倉橋川の橋を焼き払い、関所を押し破っての立退きというから凄まじい。これを明成の出府中にやった。
すぐさま報せが江戸に飛ぶ。聞いた明成は激怒した。当然である。たとえ明成が悪くてもかりにも主君である。立退くのであれば、言い捨てでも一言あってしかるべきなのに、徒党を組んで城に発砲し橋を焼くというのは言語道断な行為だ。
明成はすぐさま帰国し主水を追った。主水もすぐに捕まるようなヘマはしない。鎌倉に入ると妻子を東慶寺に預ける。縁切り寺として有名な東慶寺は女人保護を看板にした格の高い寺で、大名といえどもうかつに手出しできない。

そして主水自身は高野山に入った。さらに寺格の高いところだ。明成は口惜しかったが、まさか高野山に兵を向けるわけにはいかない。
そこで幕府に「所領40万石を返上してでも高野山中の探索をお許し願いたい」と申し入れた。明成の性格がよく現れた言い振りである。他はどうなっても、どうしても主水の首が欲しいのだ。
この訴えを聞いた幕府の方でも放ってはおけない。このまま主水が逃げ徳ということになれば、秩序が保てない。
幕府が高野山に圧力をかけたとする説と、明成のあまりのしつこさに迷惑がかかると判断した主水が自ら山を降りたという説があるが、とにかく主水は高野山を出た。

そして破れかぶれになったのかも知れないが、江戸に出て大目付井上筑後守政重に明成の悪行を訴える挙に出た。
この訴状は7ヶ条とも21ヶ条とも言われるが、その中で明成はかつて豊臣秀頼に内通し、今でも徳川家に逆心を抱くという条が問題になった。
明成にも出府が命ぜられ審理の結果、主水の訴えはまったくのデタラメであり、不忠の臣として主水は明成に引き渡された。明成の全面勝訴である。
主水が会津を立退いてから2年後のことである。

明成は狂喜した。2年間その首欲しさに追ったのである。
明成は主水とその弟2人を縄目のまま輿に乗せて前後に揺り動かして眠らせないという拷問にかけた。眼をつむれば顔面をつつき激しくゆするのである。「うつつ責め」という最も苦しい拷問であり、さすがの主水もヘトヘトになって音を上げたが謝罪の言葉だけは口にしない。
結局寛永18年(1641年)3月25日、主水は首を斬られ、弟2人は切腹となった。
ここまでで終わっていれば何とかなったかも知れないが、明成は主水だけでは飽き足らず、鎌倉東慶寺に兵を向け主水の妻子らを捕らえ処刑してしまう。もちろん無許可であった。

幕府公認の聖域に兵を入れたこの暴挙に、幕府は明成の処分を決めた。寛永20年(1643年)4月明成は、「病のため大藩を維持するに堪えず。封土を返納仕りたい」と前代未聞の申し出をした。
凡そ大名にとって最大の願いは、領地を子々孫々まで伝え残すことである。にもかかわらずそれを返し、代地も求めないというのである。
常識では考えられず、いかに明成が世間知らずであろうと自らの意思だけで言い出すことではない。幕府に言わされたのである。

明成の正室は三代将軍家光の弟保科正之の娘であり、このあたりを通じて「取り潰される前に謹慎でもして、後はお上の慈悲にすがるがよい」とでも幕府の内意を伝えられ、意地になった明成が、やけくそになって領地返納を申し出たというのが、当たらずといえどものところだと言われている。
さすがに幕府も気がとがめてか「男子があれば申し出よ。家名立つように取り計らう」と言ってきたが、家を継ぐ男子などいないと、ここでも意地を張って突っぱねる。
実際は妾腹ではあるが、孫三郎という男子がいた。幕府はこの孫三郎を召し出して、石見国吉永で1万石を与え家名を伝えさせた。孫三郎はのちに明友を名乗る。明成は剃髪して休意号し、晩年は吉永に下って、明友のもとで暮らした。
加藤家に代わって会津に入ったのは岳父の保科正之であり、加藤家はのちに1万石を加増の上、近江水口に移り幕末まで続く。

参考文献:大名廃絶録(南條範夫・新人物往来社)、江戸三百藩主人名事典(新人物往来社)、日本姓氏家系総覧、歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ

加藤氏のページに戻る
大名騒動録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -