歴史の勉強

堀越後守忠俊

堀家は信長の小姓であった久太郎秀政が、やがて信長から遠ざけられると当時日の出の勢いの秀吉に接近して、その側近武将となり、やがて秀吉の出頭とともに大名になった家である。
一説には信長の衆道の相手であったが、森蘭丸の登場によって信長から避けられるようになったともいうが、それが大名への道を開いたのだから何が幸いするかわからない。
この秀政の出身は美濃国茜部、現在の岐阜市であったが、その同郷に奥田氏があった。堀氏と奥田氏は婚姻により親戚となっていた。秀政の伯母が奥田直純に嫁いだのだ。
直純と秀政伯母の間に直政が生まれる。したがって秀政と直政は従兄弟同士ということになる。この従兄弟同士のあいだで、どちらか先に手柄を立てた方に、もう一方が仕えようという約定が交わされた。
先に手柄を立てたのは秀政の方で、約定に従って直政は秀政に仕えるようになった。この話の真偽はともかくとして、直政は秀政に仕え、秀政が大名となった時に、秀政は直政の数々の軍功に感じ堀姓を与えた。

秀政は秀吉の信任が厚く、それに答えるように功を挙げた。天正10年(1582年)本能寺の変が起きるが、その時秀政は中国筋のの秀吉の陣にいた。
その後の中国大返しから山崎合戦まで秀吉と行動をともにし、合戦でも活躍し、さらに光秀の従兄弟明智秀満を坂本城に攻め自刃させる。
山崎合戦後の清洲会議で三法師の蔵入領代官となり、賤ヶ岳の戦、小牧・長久手の戦、四国征伐と活躍、越前北ノ庄18万石の大名となった。
この時与力大名として加賀小松の村上義明、加賀大聖寺の溝口秀勝が付けられた。その後も九州攻め、小田原攻めに参陣したが、小田原攻めの陣中で急死した。38歳の若さであった。

秀政の跡は嫡男の秀治が継いだ。わずか15歳であり堀家の家政は直政がみた。秀政に比べれば、若年でもあった秀治の才覚は劣り、堀家は一大名の扱いとなり、秀吉から特別に目をかけられることもなくなった。
実際は家宰として直政が堀家を取り仕切ったと考えられる。直政は世に陪臣三傑とまでいわれるほどの名家老であった。ちなみにあとの2人は小早川隆景と直江兼続であり、それから考えても有能であったのだろう。
慶長3年(1598年)、上杉氏が越後春日山から会津に転封されると、秀治は北ノ庄から春日山に移され45万石が与えられた。これも秀吉の性格からいえば秀治に与えるとうより、傑物の直政に与えられたと考えた方がいいかもしれない。直政もこのとき越後三条5万石に封じられている。

越後に入った堀家と、上杉氏との間でやがて年貢を巡るトラブルが起きた。今回の転封は、会津にあった蒲生氏が宇都宮へ、その会津に越後から上杉氏が、越後へは越前から堀氏がというように玉突きのように異動した。
トラブルのもとは会津から宇都宮に移った蒲生氏が、年貢として収納した米を半分持って移ったことにある。これを知った上杉氏は越後から、これも半分の年貢を持って会津に行った。
ところが堀氏は越前から年貢を持ってこなかったので、あるはずの年貢の半分がないことになり多いに困惑、上杉氏に年貢の返還を要求した。
これに対し上杉家からの返事は「持ってこない方が悪い」という冷たいもので、年貢は返してもらえなかった。これを堀家がどう凌いだかはわからないが、上杉氏とは険悪な間柄になったことだけは事実である。

秀吉が死去し、世は急速に石田三成を中心とする反家康グループと親家康グループが対立するようになる。この対立は秀吉の後の天下を狙っていた家康の策略に、秀吉の子飼い武将達の対立が加わり、それに諸大名の思惑が絡まったものだったが、やがて家康派と三成派の対立に収束していく。
上杉氏の当主景勝は三成と仲がよく、その重臣直江兼続も反家康派であった。年貢問題で上杉氏と険悪であった堀氏は当然のごとく家康に傾いていった。
このころ堀家は新領地経営の為に国許にいたために、上方での両派対立の行動には参画していない。そのことを考え合わせると積極的親家康派というよりも、反上杉派であったのだろう。

そのころ上杉氏は領国内で道普請をし、橋を架け、新城を築くなど大規模な工事をしていた。これを聞いた秀治は「上杉に謀反の疑い」と家康に通報。
この情報に上杉にちょっかいをだそうと狙っていた家康が飛びついた。秀治はこのあたりを充分読んで、家康に会津の様子を伝えたのかもしれないし、家康から意を含められたのかもしれない。あるいは直政の才覚とも思われる。
いずれにしろ、通報したのは事実であり、これが会津討伐にの端緒となり、さらに関ヶ原へと繋がる。
反家康の上杉氏は、この後家康との対立を鮮明にし、慶長5年(1600年)6月に会津討伐が発動される。堀氏は与力大名とともに、北国筋の大将前田利長に属し、越後から会津への入り口である津川口から会津攻撃をすることになっていた。
しかし三成の決起で会津討伐は中止、秀治ら越後勢は在国して上杉に備えることになった。上杉氏は家康の背後を突かず、北の最上領に侵攻した。

このときの上杉氏は旧領の越後の土豪や一向宗徒に対し後方攪乱を狙って一揆を指示した。つい先ごろまでの上杉の旧領でもあり、上杉を慕う農民も多く、上杉氏はそれらを煽動したのだ。これを上杉遺民一揆という。
この一揆に対して、秀治や直政ら越後勢は見事に鎮圧、戦後その功で所領を安堵された。この一揆の時に直政は春日山城に詰めて陣頭指揮をし、直政の居城三条には長男の直次を置いたが、この直次はあまり出来がよくなかったらしい。
一揆に狼狽した直次は三条から春日山に駆けつけてきたらしく、父の直政に「この大事に居城を空けるとは何事か」と一喝されているという。
ともあれ上杉遺民一揆は鎮圧され、その間に関ヶ原本戦では家康が勝利し、堀家は本領安堵を得た。堀家では一揆の苦い経験から上杉時代の春日山城を廃して、平地の福島の地に新城の普請を開始した。
しかし竣工前の慶長11年(1606年)5月26日、秀治が30歳の若さで死去した。秀治はその父秀政同様に短命であった。

秀治の死去により忠俊が10歳で家督を相続した。相続の直後、将軍秀忠より忠の字をもらい忠俊と名乗り、また同時に松平姓を賜った。幼年の為に引き続き直政が後見した。
慶長12年(1607年)、秀治時代より普請にかかった福島城が完成し、謙信以来の春日山城を廃し忠俊は新城に移る。翌慶長13年2月26日三条で直政が死去、62歳であった。
直政の死去によって跡を長男の直次が継いだ。忠俊はまだ12歳であり、まだ後見を必要としたがその後見役も直次ということになったが、前記のように直次はあまり出来がよくない。
直次には異母弟の直寄がいた。直寄には秀治が春日山に転封になったときに、越後坂戸2万石が与えられ、秀治の与力となっていた。

この直寄は異母兄直次と違って出来がよく、上杉遺民一揆の際も味方の下倉城救援に駆けつけて首二百を挙げるなど鎮圧に貢献し、家康と秀忠から感状をさずけられて3万石加増されている。
直政が死去したときに、直次の出来を危ぶんだ堀家では直次とともに直寄も忠俊の後見に据えた。これが直次には面白くない。さらに直寄は兄直次に対しても直言をはばからず、直寄の方が出来がよいから、さらに面白くない。
慶長14年(1609年)に直次は何を思ったか、一向宗の僧侶と日蓮宗の僧侶の宗論をさせた。おそらく上杉遺民一揆に代表される一向宗徒の一揆を怖れたのだろう。
一向一揆を怖れての宗論だからはじめから日蓮宗の勝ちは決まっており、直次は宗論が終わるやいなや一向宗僧侶を負けとした。
これがきっかけで領内の一向宗徒が騒ぎ出し、逆上した直次は本願寺派僧侶10余名を捕らえて斬首してしまう。明らかな失政であり、直寄も兄を批難した。

直次はさらに忠俊に対して直寄に逆心ありと吹き込み、直寄との面会を禁じてしまう。ここに至り直寄もさすがに覚悟を決めて家康に直次横暴を直訴した。
これに対して直次は弁明書を忠俊名で家康に提出した。大御所として駿府にいた家康は忠俊、直次、直寄らを呼んだ。慶長15年(1610年)閏2月のことである。
実はすでに家康は堀家45万石を改易することに決めていた。関ヶ原役に勝利し、将軍職は徳川家世襲となったとはいえ、まだ大坂には豊臣秀頼がいて、家康としては秀頼対策に悩んでいた。
近いうちに秀頼を滅亡させるにしても、秀頼に心を寄せかねない豊臣派大名は目の上のコブであった。その豊臣恩顧の大名の一人である堀家が向こうから騒動を持ち込んできたのだった。
しかも堀家の領地は要地の越後である。越後は加賀前田と米沢上杉の牽制役が課せられる地で、そこに豊臣恩顧の堀家がいるのはいかにもまずい。堀家を潰す好機であった。

家康は衆論の話を聞き、その裁決をしたのが直次であると聞くと激怒した。直次ごときの凡俗が宗論を裁くとは増長も甚だしく、あまつさえ僧侶を殺害するとは何事かという。
忠俊は直次を弁護したが、わずか15歳であり、直次に言い含められたものとされて取り合ってもらえなかった。
これをもってしても失政明らかだとして、直次は改易の上出羽に配流され最上義光に預けられた。直寄は兄弟の不仲と訴訟を咎められ1万石減封のうえ信濃飯山に移された。直寄はのちに大坂の陣で功を挙げて元和2年(1616年)越後長岡8万石に増転封となっている。
哀れなのは忠俊で家中不取締、枢要の地での大封任せられずとの理由で改易となった。忠俊の身柄は陸奥岩城の鳥居忠政に預けとなり、配所で12年生活し元和7年(1621年)12月22日26歳で死去した。祖父、父同様に短命であった。

堀家改易の理由となった家中不取締は表向きのもので、実際は外様大名取潰政策の一環であった。堀家の改易はそのもっとも初期のもので、その後元和元年(1615年)に豊臣秀頼が大坂の陣で滅ぼされ、福島正則(元和5年、1619年)、加藤忠広(清正息、寛永9年、1632年)、蒲生忠郷(寛永4年、1627年)など豊臣恩顧の大名をはじめ、里見忠義(慶長19、1614年)、最上義俊(元和8、1622年)など多くの外様大大名が改易された。

参考文献:歴史と旅平成2年11月号(秋田書店)、別冊歴史読本「御家騒動読本」(1991年新人物往来社)

堀氏の表紙に戻る
大名騒動録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -