歴史の勉強

福島左衛門大夫正則

福島正則、幼名市松。豊臣秀吉のもとに仕え、多くの戦功を挙げ、秀吉死去の時には尾張清洲で20万石を得る大名になっていた。
武勇に優れ、秀吉死後の武功派と石田三成ら吏僚派との対立の際も、武功派の中心人物となった。三成ら吏僚派を極端に嫌っており、徳川家康に上手く乗せられて関ヶ原では家康に与し、その功により安芸広島49万8千石の大守となった。
ここまでは出世物語であり、本人も得意の絶頂であったろうが、この先は不遇となり最後は改易同然の状態で死を迎えることとなる。そうなったについては、広島城主となるまでにいくつかの原因があると考えられる。

家康子飼いの忠臣

最大の原因は、豊臣直系の家臣であったことである。農民の出であった秀吉は家来をもっていなかったから、出世の過程や親類縁者などを自身の家来として家臣団を構成するしかなかった。
正則は、秀吉が信長の軍団長として中国筋にあったときに小姓として仕えた。いわば子飼いの家来であった。加藤清正や加藤嘉明、石田三成らも皆そうである。
したがって秀吉に対する忠誠心は厚く、家康にとってはやっかいな存在であった。秀吉政権が国内を統一し組織が肥大化すると、武功派と呼ばれる武力偏重の家来と吏僚派という経済重視の家来が対立をし始めた。
秀吉が在世中は押えられたが、秀吉が没すると押さえが利かず、たちまち両派は対立した。老獪な家康はそこにつけ込み、その対立を煽った。

家康は秀吉のあとの天下を狙っていたのだから、当然に秀吉直系の武将達の武力を警戒し、ある者は味方に引き入れ、ある者は叩き潰すという方針を描く。
叩き潰すにしても、いきなり兵を向けるわけにはいかないから、取り敢えず味方に引き入れた後、個別に危険因子を取り除くという戦略を練った。
その過程で豊臣を捨てて徳川に忠誠を誓えば、それはそれでいいわけである。家康はこの戦略に従い正則や加藤清正を味方に引き入れ、その反対派の三成を悪者にした。
どちらかといえば単純な正則や情にもろい清正は、家康にすれば赤子の手を捻るようなもので、見事に家康の描いたとおり関ヶ原でもその下に与した。

家康は関ヶ原で勝利し天下人への道の仕上げにかかる。豊臣の存在が問題となるが、結局は取り潰さざるを得ず、大坂の陣が起きた。
そこまでいっても正則は豊臣家に対する忠誠を捨てられないと考えられ、大坂の陣への出陣すら許されなかった。
なぜそう思われたかというと…
・家康の二男で豊臣秀吉の養子となった結城秀康は、「自分は秀頼の義兄であり、秀頼に対して弓引くものがあれば、自分が真っ先に討伐する」と公言し家康に疎まれていたが、正則はその秀康に「天下大乱あれば必ず、お味方仕る」と言ったというのだから、徳川家の反感を買ったのは当然であった。
・家康の娘の千姫が大坂城の秀頼に嫁いだ時、大名達が秀頼に異心なき旨の起請文を書いて秀頼に奉じようとしたが、その音頭とりが正則であった。
・慶長16年(1611年)3月、家康は5万の兵を率いて上洛した。後水尾天皇の即位の式へ列席するためであったが、それは表向きで、最大の目的は大坂の秀頼を二条城に呼び出して、自分の前に跪かせることにあった。二条城に入った家康は、さっそく秀頼に対面の申し入れをするが、秀頼の生母淀殿は猛反対。結局、清正や浅野幸長が説得をして会見が実現するが、このとき正則は軍勢を大坂に呼び寄せ、さらに秀頼が上洛している間、大坂城内で病気と偽って待機して臨戦態勢を整えていた。
などが挙げられている。このほかにも大坂方と思われる大小の事柄があり、徳川家を刺激したのであろう。いずれにしても正則が豊臣家に好意を寄せていたのは事実である。このような危険な人物を大坂の陣に出陣させるわけにはいかない。

伊奈図書の首・正之と満天姫

次に、これは関ヶ原本戦で家康が勝利した直後のこと。正則は家康とともに敗走する敵を追って京に向かって進んだが、草津に達すると、正則と池田輝政、浅野幸長は先発隊として京に入り、御所を守り京の地を安定させよとの命を受けた。
正則はすぐに山科に陣を移して、嫡子正之に士卒3百を与えて京に入れた。その後、正之との連絡に家臣佐久間加右衛門を派遣した。
佐久間が正則から正之に宛てた書状をもって三条大橋にかかると、家康の旗本で関東郡代を務める伊奈図書が警備を固めていて、佐久間を通してくれない。
強引に通ろうとする佐久間を警備の足軽が阻止し、佐久間は山科に戻り正則に報告したあと「このような恥辱をうけた上は、武士の面目がたちませぬ故切腹いたします。伊奈図書の仇をお取り下さいませ」というようなことを言った。

正則は激怒し、佐久間の腹を切らせて自ら介錯した。佐久間の首を井伊直政の許に送って伊奈図書の首を要求した。
直政も驚き、かつ呆れたが、今は関ヶ原で勝利した直後の大事なとき、迂闊なことはできず家康に言上した。家康も困惑したが「足軽の首を与えよ」ということで交渉させた。
だが正則は一歩も引かず「伊奈図書の首をいただけないなら、ご奉公もこれまで」と聞き入れない。直政はいろいろと宥めるが正則は聞く耳を持たず、ついに家康も伊奈図書の首を与えたという。
これには正則満足したが、家康が正則に遺恨を持ったのは間違いない。

もう一つ、正則の嫡子であった正之は、正則の姉の夫別所重宗の子で、正則の養子となっていた。この正之の正室は家康の養女満天姫であった。
実際は松平康元の娘であり、秀吉の死の直後に家康が諸大名と勝手に婚姻関係を結んだときに、養女にして正之と婚約、そののちに嫁いだのである。
正之は嫡子でもあり、正則亡き後は家督を継げるはずであったが、やがて正則に実子正勝が生まれた。すると正則は嗣子を正勝に変更、怒った正之は正則暗殺を謀ったが発覚し、正則に幽閉されて死去。そのとき正則は正之発狂と言って満天姫を徳川家に戻した。
これらが全て事実であるかどうかはともかく、徳川家にとって正則は取り除くべき大名であったことは間違いない。あとは、口実だけであった。

広島無断修理

正則が城主となった広島は、太田川など多くの河川が瀬戸内海に流れ込むデルタ地帯であり、洪水が多かった。元和3年(1617年)の台風による洪水被害はことのほか大きく、城内三の丸まで浸水し石垣も破損した。
当時は既に武家諸法度が公布され、新たな築城や既存の城の拡張は禁止され、修理修築も許可制であった。
正則は翌元和4年、帰国を前に本多正純に口頭で城郭修理の許可を求めた。本多正純は家康の側近官僚であった本多正信の長男で、家康の信任厚く、家康死後も幕府随一の権勢を誇っていた。
正純は城郭修理を願い出る正則に色よい返事をしたが、明確な許可は与えなかった。最終決裁者は将軍だから「上様によしなに取り計らう」というような返事であったらしいが、正則にすれば時の権力者が取り次ぐのであるから許可を得たも同然であった。

あとはただ許可証の到着を待つばかりであったが、いつまで待っても許可証は到着しない。たまりかねて応急修理を行い、その完成を待って元和5年(1619年)3月に江戸に出府した。
ところが待っていたのは城郭無断修理の罪。江戸屋敷に上使が来て詰問されたが、このとき正則は一切弁明しなかったという。おそらく謀られたと悟り、弁明しても無駄と考えたのだろう。
さすがに幕府も気がとがめたのか、「これまでの功、大なるをもって、無断修理の個所を破却すれば罪を許す」と言ってきた。
正則は広島に使者を派遣して破却を実施するが、これが修理個所と無関係で、かつ影響のないところを申し訳程度に毀しただけであった。幕府の思うつぼである。

晩年の正則

同年6月に津軽への国替えの命が下るが、この時には伊奈図書を切腹に追い込んだことも罪に問われたという。これらに対しても正則は恭順であったという。
次いで翌7月、越後魚沼郡内で2万4千石、信濃川中島で2万石、合わせて4万4千石をを与えられて転封させられた。正則は8月に家臣30余名を連れただけで信濃に向った。
このとき広島では留守居の福島丹後守治重が家士を城に集めて籠城した。やがて城受取の上使永井直勝と安藤重信が来ると、治重は「この城は主君正則より預かったものであり、正則の命がなければたとえ将軍たりとも渡せない。強いて受取るというのならば、槍先にて取られよ」と言い放つ。

正使永井直勝は正則の許に急を報せ、正則は家来に感謝して涙しつつ城を開け渡すよう書状を書いたという。これを受けて治重は無血開城し、福島家臣は悉く諸大名から招聘され失業者はなかったという。
ただ一人福島治重だけは招聘を断り、京都東山に閑居した。
このエピソードは福島の城渡しと呼ばれ、のちの城受け渡しの模範となった。これ以後幕末まで多くの大名が改易となり、城地を没収されたが戦闘に及んだことは一度もない。それは、この福島の城渡しが範とされたからだと言い切る人もいる。
ちなみに福島正則という人は家臣を大事にする人であったらしく、多くの家臣から慕われたらしい。佐久間の仇に伊奈図書の首を取ったことや、城受け渡しのことなど、正則の家臣に対する接し方がよく現れている例であろう。

信州に入った正則は須坂藩主堀直升のもとに一旦入ったあと、川中島の高井野村に居館を作って、寛永元年(1624年)7月に死去するまでの6年間を過ごした。
その間、天和9年(1623年)9月に嫡子正勝が世を去り、正勝に宛行れた魚沼領2万4千石を返上、川中島2万石のみとなる。形式的には2万石の大名だが、実質は配流であり、寛永元年7月13日に64歳でさびしく死去した。
死去の報に幕府から堀田勘左衛門正吉が検死に赴いたが、正則の遺体は家臣津田四郎兵衛により、既に荼毘に付されていて、このため2万石は収公され庶子正利に3千石が与えられた。このことから正則は自害して果てたともいわれる。
ちなみに正則を陥れた本多正純は、これより先宇都宮釣天井事件として世に名高い事件を捏造されて失脚し、元和8年(1622年)に出羽に流されている。不器用な武人正則にとっては、せめてもの慰めであったかもしれない。

参考文献:大名廃絶録(南條範夫・新人物往来社)、賤ヶ岳の七本槍(徳永真一郎・PHP文庫)、江戸三百藩主人名事典(新人物往来社)、歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ

福島氏のページに戻る
大名騒動録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -