歴史の勉強

越丸騒動

越前丸岡藩本多家は、鬼作佐といわれた本多作左衛門重次の家系である。重次は歯に衣着せぬ物言いと融通のきかない古武士然とした人物だったらしく、家康からも煙たがられた。
したがって出世も遅く、重次自身は大名になれず3千石の旗本どまりであった。家康も天下取りの過程ではこういう家臣も大事にしたが、天下を取ってしまうと頑固で柔軟性のかけらもない、重次のような人物は疎まれることとなる。
もっとも重次本人はそんなことは気にもかけていなかったろう。

家康が関ヶ原で勝って全国の大名の配置転換が行なわれた。越前は大半が反家康方の西軍の大名だったから、領地はほとんど没収された。そこに家康は自身の二男松平秀康を封じた。
家康の長男は信康、二男は秀康、三男は秀忠で子沢山だからこの後も続くが、この3人あたりまでは家康の天下取りの過程で、各々重要な登場人物であった。
信康は早くに織田信長の命で殺さざるを得なくなり、秀康は豊臣秀吉の養子となって関東の名族結城氏の嗣を継いだ。そして三男の秀忠が徳川の嫡流となった。

秀康は幼い頃からなぜか家康に嫌われていたし、その後豊臣秀吉の養子となったため、ますます疎まれた。とは言え秀忠の兄であり、秀康も武勇に優れていたから、そこそこの待遇は与えなければならず、越前67万石の太守とした。
しかし秀康は本来ならば自分が将軍との思いがあるから、幕府に対してはあまり素直ではなかったらしい。
その秀康が没し、跡を長子忠直が継ぐ。忠直は幼少であり越前松平家は、あくの強い秀康の風が残っているから重臣間に対立が起きた。
権勢を張り合ったのは府中(武生)の本多富正と丸岡の今村盛次であり、日ごと対立が激しくなって、やがて御家騒動(越前騒動)に発展する。
幕府は親藩での事件を重く見て騒動に介入し、結局今村盛次に非ありとして配流処分とした。

今村盛次に代って越前松平家の附家老として丸岡に入ったのが、本多重次の長子成重であった。所領は4万3千石、同じく附家老で越前騒動の一方の旗頭であった本多富正は従兄にあたる。
本多成重が派されたのは、騒動で動揺した越前松平家を押えるためであり、その後藩主忠直は両本多の活躍もあって大坂の陣で武名を挙げ、面目を施している。
しかし大坂の陣の活躍に対する加増の沙汰がないのに腹を立てて生活が荒れ、改易されてしまう。このときに本多成重が罰せられなかった理由はわからないが、忠直の行状があまりに常識はずれであったか、幕府が越前家を目障りにおもったか、いずれにせよ家老の責任ではないためであろう。

本多成重は罰せられなかったどころか、丸岡で独立した大名となった。本多家は成重のあと重能、重昭と継ぎ、そのあとの重益の代に改易される。その改易の騒動が越丸騒動である。
本多重益という人物は典型的な暗君であったようで、政治は家老に任せきりで一切顧みず、日夜歓楽に耽ったという。家老の本多織部、寺田蔵之丞らの奸臣が不正に走って政治を私したという時代劇ドラマそのままの状態であったらしい。
ドラマでは藩士の中から立ち上がる者がでるが、この時にも出た。その名を太田又八という。又八は本多織部らの不正を我慢できず、重益の親類大名の松平頼元(常陸額田2万石)、大久保忠朝(下総佐倉9万3千石、老中)に対して家中の状態を訴え、驚いた頼元、忠朝らは他の親類たちとも相談のうえ、本多織部、寺田蔵之丞らを改易とし、太田又八は家老に登用され本多姓を与えられる。

ところが本多織部もそれであきらめるような人物ではなく、巻き返しにかかる。そこに本多重益の公儀向きの不首尾があったらしい。
そのため元禄2年(1689年)に本多又八は、重益を病気と称して身柄を拘束した。これを押込という。
押込はこのままでは家が潰れるというときに、家臣団が一致してとる非常手段で、押し込められた主君は狂気や病気ということで、強制的に引退させられる。
例は多くないが、本多家以外にも押込は行われている。ところが本多家の場合には、この押込が失敗に帰したのだ。

かねてから巻き返しを狙っていた本多織部は、老中大久保忠朝に対して重益の再出仕を働きかけて、この結果元禄6年(1693年)に重益は病気平癒ということで再出仕を許された。
もともと暗君であった重益だから、すぐに本多又八らに対して報復を始める。又八は嫡子丸八郎ともども捕らえられて獄につながれ、獄内で餓死。ほか数名の者も同様であったが、本多刑部、本多源五衛門らは丸岡城下を立ち退き、大垣藩戸田家の庇護を受けた。
本多家では立ち退き者のことを幕府に報告、幕府も探索を命じ、逃げられぬと悟った本多刑部、本多源五衛門は江戸に出て深川方面で幕吏と立ち回りを演じたあと自害した。
この大騒動に幕府もさすがに本多家中を吟味し、その結果重益は「家中の仕置よろしからず、そのうえ家来を餓死させること非なり」として改易処分となり、鬼作佐の家もここに絶えた。

参考文献:新編物語藩史(新人物往来社)、江戸三百藩主人名事典(新人物往来社)、別冊歴史読本「御家騒動読本」(1991年新人物往来社)

大名騒動録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -