歴史の勉強

出羽国  米沢城

    

広大な水堀

菱門橋と門跡

上杉神社

もっとも人気のある戦国武将のひとり上杉謙信の末裔が代々城主を勤めたのが米沢城である。周知のとおり上杉家は戦国期に謙信の活躍によって越後、佐渡、越中、加賀、能登、信濃や上野の一部から出羽庄内まで120万石ともいわれる版図を持った。
しかし戦の天才ともいわれた謙信の死後は信長軍に抑え込まれ、豊臣期には謙信の跡を継いだ上杉景勝が五大老のひとりではあったものの、一大名として扱われ、旧来の越後から会津120万石に移された。
会津転封の際に、上杉家の重臣であった直江兼続には米沢30万石(寄騎を含む)が与えられた。上杉領内とはいえ秀吉直々の命によるもので、石高を見ても大名並みの扱いであった。
関ヶ原の役で上杉景勝は家康に弓を引き、本戦とは関係なかったものの30万石に減封され、旧直江領の米沢に押し込められた。景勝‐定勝‐綱勝と継承されたが綱勝が寛文4年(1664年)に急死し、嗣子がなかったために断絶の危機にさらされた。
このとき綱勝の義父であった会津藩主保科正之(三代将軍家光の末弟)が奔走して吉良家から綱憲を末期養子として迎えることが許された。しかし米沢藩は15万石に減封され、以後上杉家は米沢15万石として廃藩まで続く。

このように最盛期は120万石であった上杉家は、関ヶ原語に四分の一、綱勝死去後に八分の一に所領を減らされたのだが、すさまじいのは家臣をほとんど減らさなかったことだ。30万石や15万石の規模に120万石の家臣がいるのだから、当然財政はひっ迫する。
江戸期にはどの藩も財政難に陥ったが、それは中期以降であって、初期には比較的財政に余裕のある藩が多かった。しかし上杉家は当初から貧乏であった。そのことが城造りにも反映したのだろうか、規模はともかく作りは質素であった。
城は東西700m、南北1000mの規模で、本丸を中心に二の丸、三の丸を周囲に回状に配した輪郭式で、本丸はほぼ100m四方の方形であった。いずれの曲輪も外側には土塁と水掘りを設け、現在は本丸を囲む堀が残る。その堀幅は20mから30mと広大である。

本丸には北東隅と北西隅に三重櫓が建てられたが、天守は建てられず、石垣も使用されなかった。上杉時代初期は櫓は本丸の2基のほかに二の丸に二重櫓が4基あるのみであった。その後、時代とともに櫓は増えたが、最も多い時でも10基程度であったといわれる。
東、北、南に虎口が開き、大手門は東虎口、南門は菱門と呼ばれた。本丸内には御殿のほか、上杉謙信の遺骸を春日山城から移して祀る祠堂が大手脇ににあった。
現在二の丸、三の丸は市街地となってしまったが、本丸跡は松岬公園として整備されている。とはいえ城の建物はすべて明治6年(1873年)に破却されてしまい、謙信と米沢藩中興の祖であり、殖産振興などで見事米沢藩を立て直した名君治憲(鷹山)を合祀する上杉神社が建てられた。

米沢の地に最初に城が築かれたのは、暦仁元年(1238年)のことであった。文治5年(1189年)に大江広元の二男時広が奥州藤原氏攻めの功で、出羽国長井郷の地頭職を得て長井氏を名乗り、この地方一帯を支配し、米沢にも城を築いた。
八代長井広房は室町時代初期に伊達宗遠に敗れてこの地を追われ、以後米沢は伊達氏の支配に移る。伊達氏はその祖朝宗が、源頼朝の奥州攻めの際に活躍し、陸奥伊達郡を与えられたのが起こりとされ、奥州南部で勢力を拡張していった。
大永2年(1522年)には陸奥守護となったが、天文年間に稙宗・晴宗父子が争う大乱が起きた。天文の乱とよばれるこの騒乱は、奥州諸大名を巻き込む大乱となったが、最終的には晴宗が勝利した。しかし伊達家は疲弊し、傘下のあった諸大名や一族は独立した大名となった。

晴宗は天文17年(1548年)に本拠を米沢に移して体制の立て直しを図った。伊達家は輝宗‐政宗と続き、勢力を盛り返して奥羽30郡を支配する戦国大名に成長した。しかし中央では豊臣氏が天下統一を着々と進め、伊達政宗もその強大な勢力の前にひれ伏した。
政宗は天正17年(1589年)に会津の葦名氏を滅ぼしたことをとがめられて、さらに奥州での一揆を主導したと疑われて、国替えを命じられた。
伊達家は米沢から岩出山に移され、米沢は会津に入った秀吉お気に入りの蒲生氏郷の支配地となり、米沢城には重臣蒲生郷安が入った。そして氏郷死去後に蒲生家は宇都宮に去り、米沢は会津とともに上杉領となるのである。
(平成21年9月訪問 #87)


歴代藩主の廟所が並ぶ

謙信公廟所

米沢城へは珍しく新幹線を利用した。米沢駅は市街地や城址からかなり離れているので、駅前でレンタサイクルを借りて松岬公園城址へ向かう。松岬公園で上杉神社にもお参りし、その後は近くにある上杉家廟所へ。
ここは歴代藩主の廟が整然と並び、中央の謙信公(米沢藩主ではない)廟所を中心に、向かって右側には奇数代の藩主、左側には偶数代の藩主の廟所がある。上杉家にとっては謙信と治憲は特別の存在で、松岬公園内にも銅像がある。
その後は上杉家の菩提寺である春日山林泉寺へ。ここは直江兼続の菩提寺でもあり、兼続夫妻の墓のほかに歴代藩主の正室の墓や重臣の墓などがある。

参考文献:よみがえる日本の城(学研)、城郭みどころ事典・東国編(東京堂出版)、歴史読本・歴史と旅各誌、遷喬館パンフレット、関連ホームページ

城郭訪問録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -