歴史の勉強

紀伊国  和歌山城

大天守と多門櫓


御三家の城、和歌山城の歴史は天正13年(1585年)に紀州を平定した羽柴秀吉が、弟の秀長に命じて虎伏山に城を築かせたことに始まる。城地の選定や縄張りは秀吉自らがあたったとされ、普請は築城の名手藤堂高虎が奉行した。
このときの地名は若山と呼ばれ、城が約一年で完成した時に和歌山と改められた。古くからの名勝地和歌浦にちなむといわれる。
秀長には紀伊、和泉の二国が加増されたが、和歌山の城には入らずに大和郡山を居城とした。和歌山城には秀長の重臣桑山重晴が3万石を与えられて入り、城代となった。
桑山氏は重晴-一晴と二代に渡って和歌山周辺を支配し、関ヶ原役でも東軍に属してて本領を安堵されたが、ほどなくして大和に転封された。

その後に甲斐から浅野幸長が加増されたうえで入城する。浅野氏の石高は37万6千石、紀州一国が与えられた。浅野氏は紀州一国の検地を行い、城を改修し、城下町を整備した。天守を築いたり、土塁を石垣に改修したのは浅野氏の代である。
幸長が慶長18年(1613年)に38歳の若さで病没すると、弟の長晟が後を襲った。長晟は徳川家康に仕え、備中足守にて2万4千石を与えられ、京の北政所(秀吉正室ねね)の警護役であったが、家康の命で浅野宗家の家督となった。
長晟は翌年の大坂冬の陣では兵1万余りを率いて出陣し、同時に紀伊国内で大坂方に呼応して起きた一揆を平定した。大坂夏の陣でも活躍し、戦後の元和2年(1616年)に徳川家康の三女振姫を娶った。
元和5年(1619年)に安芸広島の福島正則が徳川家に睨まれたすえに改易されると、42万6千5百余石を与えられて広島に移封される。

浅野氏の後に和歌山に入ったのが家康の十男頼宣で、御三家のひとつであり南海の鎮といわれた紀伊徳川家が成立した。
家康の晩年の子である頼宣は、弟の十一男頼房とともに家康に可愛がられ駿府で家康自らが養育した。慶長8年にはわずか2歳で水戸20万石をあたえられている。
慶長14年(1609年)には駿河遠江50万石となり、さらに55万5千石を得て紀州藩主となった。紀州転封は兄の二代将軍秀忠の意向といわれ、いやがる頼宣を説得したとも、頼宣自らが兄将軍の意向を察して申し出たともいわれている。
和歌山城に入った頼宣は、元和7年(1621年)に幕府から銀2千貫を拝領して城の拡張に着手したが、この改修が大規模であったために幕府から謀反の嫌疑を受け、一部の工事は中止されたという。


追廻門

不明門跡

不明門高櫓台石垣

岡口門

岡口門脇の現存土塀

松の丸櫓台石垣

一の橋門

城の中心を成すのは標高48.9mの虎伏山頂の天守曲輪と本丸で、山頂西側に天守曲輪が、鞍部を挟んで東側に本丸が置かれた。これを囲むように山麓の北側には二の丸、同西側に砂の丸、同南側に南の丸が置かれた。砂の丸、南の丸は徳川頼宣入城後に整備されたものである。
また頼宣は西の丸に紅葉渓庭園を設け、堀を拡張した。和歌山城の堀は東、北、西に配され、とくに東堀の堀幅は広く最大73mにも及ぶ、一方、南西側には堀は設けられず、高石垣で防御した。
門は西に追廻門、南に不明門、南東に岡口門、北東に一の橋門、北西に吹上門の五門が設けられた。追廻門は砂の丸入口にある現存する赤門で、門外に馬場の追廻があったことに由来し、馬で入ることができた。
不明門は三年坂に面する門で、この三年坂は虎伏山の西南に続く砂丘である岡山との間の堀切である。この門の入口には高さ16mの高櫓台を築き、砂の丸から南の丸にかけて高石垣で囲い防御した。

城の南東には岡口門がある。もともとはこの門が大手であったが、浅野時代に北東の一の橋口に大手が改められた。岡口門は切妻のように見えるが、本来は左右に二重櫓が接続する門であった。その櫓が失われたために、現在のようになった。
岡口門の北側から東堀に面した土塀は、浅野氏時代のもので城内唯一の現存土塀である。岡口門を入ると枡形虎口を見下ろすように松の丸櫓があった。北西角の高石垣が松の丸櫓台である。
北東には一の橋と大手であった一の橋門が復元されている。さらに北西には砂の丸と西の丸への吹上門、勘定門と呼ばれる二つの門があった。

  

表坂

銀明水

大・小天守

楠門

乾櫓

廊下橋

鶴之渓

天守曲輪と本丸への登り口は松の丸門からの表坂と搦手からの裏坂があった。文字通り表坂が正規のルートで、大手門である一の橋門からは一中門を経て御蔵の丸を通り取りつく形となる。
一方、岡口門からは枡形を抜けて岡中門を経た左側が表坂となる。表坂は細長い松の丸を通り本丸表門から曲折を経て天守曲輪と本丸に達する。
裏坂は二の丸の南側の台所門から、勾配のきついつづら折れの登城路で、途中には銀明水と呼ばれる井戸がある。表坂も裏坂も虎伏山頂の鞍部に至るが、本丸は和歌山市の給水場となっており立入禁止である。ちなみに浅野氏時代までは天守曲輪が本丸で、本丸が二の丸と称されていた。
天守曲輪には三層三階の大天守と、玄関を付属した二層二階の小天守、二層二階の乾櫓と二の門櫓、天守二の門である楠門が多門櫓で結ばれている。連立式というより、手狭な曲輪全体を一体化した天守群というのが実態であろう。

和歌山城の天守は浅野氏時代の慶長10年(1605年)に完成したのが初代であったが弘化3年(1846年)に落雷で焼失、嘉永3年(1850年)に再建された。幕末の時期のあたるが、御三家への特例だったという。嘉永天守はほかの建築群とともに残ったが、昭和20年の空襲で焼失し、昭和33年に復元された。
このほかに二の丸から堀を挟んだ西の丸には、頼宣が造営したとされる紅葉渓庭園があり、西の丸と二の丸の堀の上には廊下橋が架けられていた。この廊下橋も復元されている。
さらに紅葉渓庭園の南側には浅野氏時代の庭園跡である鶴之渓があり、浅野氏時代の石垣を見ることができるし、堀切の三年坂を挟んだ岡山の砂丘上には時鐘櫓が残る。(平成23年8月訪問 #84)

参考文献:城郭みどころ事典・西国編(東京堂出版)、城郭探検倶楽部(新人物往来社)、名城を歩く・和歌山城(PHP研究所)、よみがえる日本の城(学研)、和歌山城パンフレット、歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ

城郭訪問録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -