歴史の勉強

信濃国  上田城

    

上田城は真田の城である。もともとこの地には、今の城跡の西側あたりに土豪小泉氏の城があったらしく、その跡は小泉曲輪と呼ばれていたらしいが、本格的な築城は天正11年(1583年)頃に真田昌幸によってなされた。
真田氏もまたこの付近の土豪で、昌幸の父幸綱は武田信玄に与し、信玄の信濃攻略にあたって活躍し、勢力を伸ばした。信玄没後に昌幸はさらに政略の拡大を図り、その過程で山城だった松尾山城から上田城に本拠を移した。

左:西櫓 右:本丸水堀


この城は南側には千曲川が流れ、尼ヶ淵といわれる断崖になっていて、天然の要害であった。その断崖の上に本丸が置かれており、その本丸の東、北、西の外側を二の丸が囲んでいた。本丸と二の丸の間には水堀があった。
つまり本丸の南側は断崖、東、北、西は水堀で本丸への虎口は南東、南西にあった。西側は二の丸の西に小泉曲輪と水堀である広堀を置いて防御した。唯一の攻め口は東側であったが、ここは湿地帯であり、さらに武者溜りを置いて守った。
上の左側の写真が尼ヶ淵から西虎口に建つ西櫓を望んだもので、右側写真はその西側にある堀である。現在尼ヶ淵は広場と駐車場となっており、本丸を見上げると西櫓と南櫓が望める。

左:二の丸水堀跡 右:本丸東虎口櫓門
左:南櫓 右:北櫓

南櫓下を通って、その先で左に入るとそこは二の丸水堀跡の遊歩道である。この堀跡には昭和47年(1972年)まで上田電鉄の真田傍陽線が走っていた。遊歩道の途中から左に入るとかつての二の丸で、武者溜りが広がっていた。
そして正面には南北の両櫓を従えた本丸東門がある。上田城の櫓は本丸に二重櫓7基があったが、二の丸には櫓台は8ヶ所あったが、櫓は一つの築かれなかった。また本丸の櫓には固有の名は付けられておらず、現在の名称は便宜的なものである。
南北両櫓は明治に入って上田遊郭に払い下げられたが、その後昭和24年(1949年)に現在の場所に移築されたもの。また櫓門は平成6年(1994年)に、古写真をもとに復元された。

左:本丸井戸

本丸は南北に段に分かれてはいたが、藩士の詰所である侍番所があっただけで、ほかには何にもなかった。これは二の丸も同様で、煙硝蔵があっただけで、幕末に至って籾蔵6棟建てられただけであった。
上田城は真田昌幸による築城後、徳川との間に二度合戦が行われた。一度目は天正13年(1585年)に、当時真田領だった上野沼田の帰属をめぐっての戦いで、真田軍2千、徳川軍7千であったが徳川軍は敗北を喫した。
二度目の戦いは有名な関ヶ原役直前のもので、徳川秀忠に率いられた徳川軍主力が美濃関ヶ原に向かう途中、敵対する真田昌幸・信繁(のちの幸村)父子が、徳川軍を翻弄した戦いであった。
このときの真田軍は2千5百、対する徳川軍は3万8千であったが、真田父子は巧みに兵を扱い徳川軍を釘付けにし、この結果徳川軍は席画はrの決戦に間に合わず、家康を激怒させた。
真田家では昌幸の長男信之が徳川に与したために家は守られ、信之も上田に帰ることができたが、城は徹底的に破壊された。そのため信之は上野沼田を本拠とし、上田には代官を置いた。
信之は上田城の拡張整備の願いを幕府に出したが却下された。現在本丸内には井戸が残るほか、真田神社や博物館などが建っている。また本丸西虎口の西櫓は唯一の現存建物である。

左:屋形表門 右:藩主屋敷玄関(本陽寺)


本丸の北側は堀を挟んで二の丸が広がっており、北虎口があった。北虎口には石垣が残り、その先の百間堀はグラウンドになっている。城址の東側にある上田高校は、かつての三の丸である。
本丸、二の丸がほとんど利用されていない上田城では、藩主の御殿が三の丸にあった。その表門が上田高校の敷地内に残されている。また城下本陽寺には、藩主御殿の玄関が移築現存する。
関ヶ原役後に上田を領した真田信之は、元和8年(1622年)に松代に転封され、小諸から仙石忠政が6万石で入った。仙石氏は忠政・政俊・政明と続き宝永3年(1706年)に但馬出石に転封となった。
仙石氏の後には松平藤井氏が5万8千石で入り定着し、7代にわたって相伝した。仙石時代に城の大改修が着手されたがされたが、仙石氏の移封で未完成のままの状態で幕末を迎えることとなった。 (平成26年6月訪問 #135)

参考文献:よみがえる日本の城(学研)、城郭みどころ事典・東国編(東京堂出版)、歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ

城郭訪問録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -