歴史の勉強

阿波国  徳島城

         
史実ではないものの蜂須賀小六正勝と藤吉郎時代の秀吉が、矢作の橋で出会って以来、正勝は秀吉の股肱となり、やがて蜂須賀氏は阿波徳島の大名になったというのが、太閤記の一節である。
蜂須賀氏が入封する前の室町期の阿波は、細川氏の領国であった。阿波細川家は宗家ではないが、それに次ぐ家格を誇った。が、やがて家宰の三好氏の下剋上により、阿波の支配者は三好氏に代わる。
しかし三好氏もやがて滅亡し、土佐に興った戦国大名長宗我部元親に侵略されるのだが、長宗我部支配も長く続かず、秀吉によって阿波から追い出されてしまう。

秀吉は正勝に阿波一国17万5千石を与えようとしたが、正勝は老齢を理由に固辞したので、正勝の子の家政が入封した。家政は始め一宮城を居城としたが、天正14年(1586年)に渭津と呼ばれた現在地に築城を開始した。
完成までわずか1年という速さの突貫工事であり、一宮城や勝幡城など、それまで阿波の中心となった城の資材が用いられたとされる。渭津は徳島と名を改められ、以後明治まで蜂須賀氏14代の居城となり、阿波支配の拠点となった。

徳島城は助任川と寺島川に挟まれた、標高61.7mの猪山(渭山)を中心に築かれ、山上の城郭部と山麓の御殿部からなる、典型的な平山城である。
JR徳島駅裏にある徳島中央公園が城跡で、往時は吉野川河口のデルタ地で海にも近く、参勤の時の船も城近くまで来ていたようだ。
城址の入口に鷲の門(写真1)が復元されている。徳島城の大手は黒門とされるが、黒門から内堀を渡った曲輪が三木廓といわれ、その三木廓への唯一の門が鷲の門である。つまり鷲の門→三木廓→黒門を経て城内に入るわけだ。

鷲の門を潜る前に内堀に目を移すと、ここは東南隅にあたり、この位置から撮った明治初期の古写真が残っている。その写真によると高欄を巡らせた二階櫓の月見櫓が東南隅(写真2)にある。
東側の堀に沿って平櫓の屏風櫓、旗櫓があり、旗櫓のところには数寄屋橋が架かっていた。この数寄屋橋も復元されている。さて鷲の門を潜ると三木廓だが、名の由来は三代藩主光隆が家臣の三木某に命じて増設したことからきている。
三木廓から橋を渡ると大手となる枡形の黒門(写真3)があり、西端には三重の太鼓櫓があった。黒門の枡形を抜けると御殿があり、その奥に御殿庭園(写真4)が広がっていた。現在、庭園に面したところには徳島城博物館が建てられている。


1.鷲の門

2.内堀南東隅月見櫓跡

3.黒門跡

4.御殿庭園

山麓部の御殿部は、内堀と天然の堀である寺島川に囲まれており、寺島川沿いには屏風折れの塀が巡らされていた。石垣上の塀の15~17間おきに、屏風の折れのように突出する塀が作られ、その部分を支える台石として舌石(写真5)が残っている。
屏風塀の目的は横矢を掛けるためで、丹波篠山城などにも例があるが、舌石は徳島城でしか見れない遺構である。また櫓や塀、門などすべての施設は武骨な蔀板張であった。

一方、城郭部は本丸、東二の丸、西二の丸、西三の丸という四段の曲輪から成り立っていた。石垣(写真6)は阿波の青石といわれる緑色片岩を用い、天守は当初本丸にあったが、その後一段下の東二の丸(写真7,8)に移された。
本丸の天守は弓櫓が置かれた場所にあったようだが、突貫工事の影響か、元和年間には早くも老朽化してしまい、取り壊されてたという。
東二の丸に新たに建てられた天守は三重で、ほかの櫓同様蔀板張とし、天守台を設けずに直接建てられていた。なぜ天守が本丸ではなく、東二の丸に置かれたかはわかっていないが、徳島城博物館の学芸員氏によると、海をよく見える位置に建てて、船を監視するためだっという。


5.舌石(赤丸内)

6.本丸石垣

7.東二の丸虎口

8.東二の丸

城郭部の東側は東二の丸の上段が本丸で、その西側に弓櫓(写真9)が置かれ、その脇に西側の虎口があった。西側は西二の丸と西三の丸の二段構えで、西二の丸には二重櫓の帳櫓(写真10)があがっていた。
西三の丸は現在配水池になっていて立入禁止である。西三の丸の虎口は比較的厳重な枡形門となっていた。東側に比べ勾配は緩やかだが、厳重な構えとなっている。また山麓の西部には西の丸があり、広大な西の丸御殿があった。
蜂須賀氏は三代至鎮が関ヶ原後に淡路8万1千石が加増され、阿波と合わせ25万7千石、四国最大の大名となった。その本拠となった徳島城だが、明治8年(1875年)に鷲の門を残してすべての建物や施設は解体され、鷲の門も昭和20年(1945年)に空襲で焼失してしまった。(平成28年8月訪問 #127)


9.本丸西側弓櫓下

10.西二の丸帳櫓跡

参考文献:城郭みどころ事典・西国編(東京堂出版)、よみがえる日本の城(学研)、歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ

城郭訪問録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -