歴史の勉強

陸奥国  寺池城

    

土塁

本丸跡は畑に

登米の城下は宮城の明治村とも言われているようで、明治中期の小学校を利用した教育資料館、水沢県庁資料館、春蘭邸などの武家屋敷、薪能の森舞台などが集中する。その中心にあるのが寺池城址である。
葛西氏によって築城されたが、その築城年代は不明である。葛西氏は平姓豊島氏の庶流で武蔵、下総の葛西御厨を所領としたことから姓とした。今の江戸川区葛西もその一部にあたる。
鎌倉時代に源頼朝によって奥州総奉行に任じられて陸奥に移り石巻の日和山を本拠としたが、南北朝期に登米郡寺池に本拠を移したとする。
本拠を移した経緯はまったくわかっていないが、寺池に葛西氏の拠点があったのは事実であり、一説には石巻葛西氏と寺池葛西氏に分裂したともいわれるが、少なくとも戦国期には寺池が葛西氏の本拠であった。

その後の葛西氏は、隣国の名門大崎氏や出羽米沢から所領を拡張し戦国大名化した伊達氏と対立や連衡を繰り返して抗争に明け暮れる。
しかしその間に中央では織田信長の跡を継承した豊臣秀吉によって統一が急速に進んでいた。奥州の辺境にいた葛西氏は名門意識もあってか中央の状況を軽視し、秀吉の小田原征伐にも参陣せずに無視し、その結果秀吉によって改易されてしまう。
隣国の大崎氏も同時に改易され、葛西・大崎の旧領30万石は秀吉の側近であった木村伊勢守吉清に与えられた。木村吉清はそれまで小身な官僚に過ぎず、寺池城に入った吉清はいきなりの大封に大慌てで家臣を整え検地を行った。
だが大慌てで整えた家臣は、足軽や中間を俄に侍に仕立てたり、浪人を手当たり次第に召抱えたりしたから質が悪く、領民に乱暴狼藉を繰り返し、たちまち一揆が起きた。これは葛西・大崎一揆と呼ばれる。
吉清とその子の清久は寺池城を追われてこの佐沼城に追い詰められたが、秀吉の命を受けた伊達政宗、蒲生氏郷らによって救出された。

一揆は鎮圧されたが吉清は改易、一方政宗は父祖の地の米沢を取り上げられて、代わりにこの地方を与えられた。秀吉は葛西・大崎一揆の裏に政宗ありと疑っていたようだ。
伊達領になった寺池には慶長9年(1604年)に白石直宗が配置された。一国一城令によって城と称せなくなったために登米要害と呼ばれるようになったが、実態は城であった。白石氏はその後伊達姓を与えられて登米伊達氏となり明治まで居住した。
現在城址には土塁が残るくらいであるが、三の丸は公園化されて、その中に資料館である懐古館があり、伊達氏所縁の武具などを展示してある。
二の丸は裁判所になっており、その脇から上った先が本丸であるが、本丸跡はなんと畑になっている。
(平成22年9月訪問 #61)

参考文献:歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ

城郭訪問録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -