歴史の勉強

駿河国  駿府城

復元された巽櫓

    

三の丸に入る横内門

復元された東門

東門櫓門

寛永期の駿府城模型

青銅製鯱(出土品)

復元された本丸堀

二の丸水路

本丸跡に立つ家康像

静岡という地名が作られたのは明治に入ってすぐのころで、それまでは駿河の国府=駿府と呼ばれていた。ちなみに明治になって徳川家が江戸から駿府に移ったときに、駿河府中の府中が不忠に通ずることを嫌って、静岡と改名された。
静岡の由来は浅間神社の近くの賤機山(しずはたやま)にちなみ、賤機山の丘で賤ヶ丘、賤しいという字を恵字に変えて静岡とした。
今の静岡県は伊豆、駿河、遠江の三ヶ国が合わさったもので、駿河国はその中央部にあたり、遠江国とは大井川で国境を成した。伊豆国はもともと駿河国であったが、田方、加茂の東部二郡を分離して作られたものであった。
伊豆国を分離したときに、それまで沼津に置かれた国府を安倍郡に移して、それが駿府となりやがては静岡と変っていくことになる。

駿河は気候温暖の地であり東海道が東西に貫く要衝の地であった。源頼朝が鎌倉幕府を開くと我が国は京都と鎌倉の2つの政権が並立し、そのために東海道が通る駿河の重要性は増した。
これま鎌倉幕府が滅び室町幕府になっても変らなかった。室町幕府は京都に開かれたが武士の地である関東には鎌倉府を置き関東を統治させた。
そのため駿河には足利一門でも名門中の名門である今川氏を守護に置いた。今川氏は吉良氏の分家にあたり、吉良氏とともに足利宗家の継承権を持つ家柄で、駿河守護に任じられた家が嫡流であった。

今川氏の祖である国氏から数えて十一代目にあたるのが、戦国大名として著名な今川義元である。駿河守護としては九代目になる、この義元の代が今川の絶頂期であった。
応仁の乱以降、戦国の世となったが駿河は戦とは無縁であった、それだけ今川氏の勢力が強かったからで、その勢力は遠江から三河東部にまで及び、義元は海道一の弓取りといわれた。
京都から多くの公家たちも平安を求めて駿府に下り、義元もそれを積極的に保護したといわれる。駿府はさながら小京都の様相を呈していたといわれる。
その頃の駿府館は今の駿府公園とも違うとも言われ定かではないが、詰めの城として賤機山にあったことがわかっている。

幼少時代の家康が今川家の人質として駿府に入ったのも義元時代であった。三河の豪族松平氏は三河ではそれなりの力を持っていたが、尾張の織田氏や今川氏に比べれば弱小であり、とても対抗できる力はなかった。
そのために織田氏や今川氏とついたり離れたりして家を保っていたが、紆余曲折を経て松平家の嫡男竹千代を義元のもとに人質に差し出した。
竹千代は天文18年(1549年)8歳の時に駿府に入り、弘治元年(1555年)に元服し義元から一時を与えられて松平元信と名乗る。
永禄3年(1560年)に義元は尾張侵攻を開始したが、その途次田楽狭間において織田信長の軍に奇襲されて討たれてしまう。
これによって今川の領国は大混乱となり、松平元康(元信を改名し当時は元康と名乗る)は西三河で自立し、遠江ではのちに遠州錯乱と言われるような混乱状態となった。
本国の駿河でも動揺は激しく、義元の跡を継いだ氏真は政治的な才覚や武将としての能力に乏しく、今川家は急速に衰退し、やがて遠江は徳川氏に蚕食され、武田信玄によって駿河からも追われて事実上滅亡した。(正確には今川家は江戸時代にも高家として存続する)

駿河の地は武田氏の支配地となるが、武田氏が長篠の戦いで壊滅的な打撃を受けその後滅亡するとの、武田氏に勝利した徳川氏が侵入し家康の領国となる。
家康は三河、遠江、駿河、信濃、甲斐の五カ国を領有する大大名となったが、天正18年(1590年)豊臣秀吉によって関東に移され、駿府には秀吉側近の中村一氏が14万5千石で入った。
秀吉は家康から取り上げた三河、遠江、駿河の三国に豊臣恩顧といわれた諸将をずらりと封じ、家康への上洛阻止のシフトを敷いた。
慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いで中村一氏は東軍に与して伯耆米子に加増転封され、その後には伊豆韮山から家康の異母弟内藤信成が4万石で入った。信成は慶長11年(1606年)に近江長浜に転封され、将軍職を秀忠に譲った家康が大御所として駿府城を居城とした。

慶長14年(1609年)には家康の十男頼宣が駿遠両国で50万石を与えられ、元和2年(1616年)に家康が駿府で死去すると、頼宣の居城となる。
頼宣は元和5年(1619年)に紀伊和歌山に移り駿府は天領となるが、寛永元年(1624年)に秀忠三男の忠長が50万石で入り駿府を居城とした。
しかし忠長は寛永8年(1631年)に兄である将軍家光によって除封され、以後幕末まで駿府は城代が治める。慶応4年(1868年)に十五代将軍慶喜に変り徳川宗家を継いだ家達は駿遠三3ヶ国で70万石を与えられて城主となったが、すぐに廃藩置県となり駿府城は取り壊されてしまう。以上が駿府城の歴史である。

家康が大御所として駿府城に入城するまでは、現在の駿府城より一回り小さい城であったと考えられている。家康は慶長11年(1606年)に駿府城に移ると城を大改修した。
三重の堀を持つ典型的な輪郭式の城で、外側から三の丸、二の丸、本丸の順で南側が大手で、北東には三の丸に入る横内門、南西には同じく四足門があった。
三の丸は家臣の屋敷が並んでいたと考えられ、城代時代には大手門脇に城代屋敷が置かれていた。二の丸と本丸部分は現在は駿府公園となっていて、平成元年に辰巳櫓が、平成8年には東門が復元された。また二の丸の東側には二の丸堀と本丸堀を結ぶ二の丸水路がある。
本丸内には本丸堀があり、復元公開されているのは南東の角部分である。本丸には本丸御殿と五重七層という史上最多重階の天守が聳えていた。
天守は家康の入城後に造られたが寛永12年(1635年)に焼失し、その後は再建されなかった。そのほか本丸内に家康の銅像と家康お手植えといわれる蜜柑の木がある。
(平成20年12月訪問 #18)

参考文献:よみがえる日本の城(学研)、藩と城下町の事典(東京堂出版)、歴史読本・歴史と旅各誌、駿府城パンフレット、関連ホームページ

城郭訪問録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -