歴史の勉強

陸奥国  白石城

復元天守北面

    

大手二の門と復元天守

天守より大手門を見る

旧厩口門(延命寺)

旧東口門(当信寺)

伊達家家臣片倉氏の居城として有名である白石城だが、中世期の白石城は白石氏の居城であった。鎌倉期に刈田秀長が頼朝の奥州征伐に従って、その功により白石の地を与えられ、以後白石に住して白石氏となった。
白石氏は戦国期には伊達氏に仕え、その家臣となる。その後白石氏は移封されて、伊達一族の景頼が城代となったが、天正19年(1591年)に豊臣秀吉によってこの地は伊達家から取り上げられ、蒲生氏郷の領地となった。
氏郷は一族の郷成を城代とし、伊達氏への備えとして城を大改修した。本丸、二の丸、三の丸を配し三重櫓を築いたとするから、それまでの白石城は中世城郭であり、蒲生氏によって近世城郭に変貌したのである。
慶長3年(1598年)に氏郷が死去して蒲生氏は宇都宮に減転封となり、代って白石は上杉景勝領となった。景勝は重臣の甘粕景継を白石に配した。

慶長5年(1600年)の関ヶ原役の際に白石城は伊達政宗によって攻略され、戦後は伊達領となった。政宗は仙台の表玄関にあたる白石を重要視し、ここに重臣の片倉景綱を1万7千石で入れた。
元和の一国一城令でも仙台藩は仙台、白石の2城が許され、以後明治に至るまで片倉氏が城主をつとめた。明治元年(1868年)に白石城で奥羽越列藩同盟が奥羽越後の31藩の間で結ばれて新政府軍に対抗したが、各藩は順次新政府軍に降伏を余儀なくされた。
白石は伊達領から切り離されて南部領となるなどの変遷を経て廃藩置県となり、明治7年(1874年)には民間に払い下げられて城は解体され益岡公園となった。
益岡とは蒲生時代に白石から改称され名付けられた名であった。平成に入って白石市民の間で城の復元を望む声が高まり、平成7年に三階櫓(天守)と大手門が木造で復元された。

白石城は白石川右岸に接した独立丘陵の北端に築かれ、標高は約76mほどである。丘陵は南北に長く、城域の南端には空堀を掘って丘陵南部と区画した。
最頂部には本丸を中心に二ノ丸、中ノ丸、西曲輪を配し、中段に沼ノ丸、南ノ丸、巽曲輪、帯曲輪、厩曲輪を置き、東側に館堀川を巡らした。館堀川を隔てた平地には三の丸、外曲輪を配した。
本丸は高さ9mあまりの石垣の上に土塁を囲み、三階櫓、巽櫓、坤櫓を設け御殿を営んだ。二の丸以下はすべて土塁であった。三階櫓は天守代用であったが文政2年(1819年)に火災で焼失、文政6年(1823年)に再建され大櫓と呼ばれた。平成7年に大手一の門、大手二の門、土塁などともに復元された。
天守より大手門を見た写真の北側が大手二の門、土塀に沿って細長い枡形を戻ったところにあるのが大手一の門である。また市内の延命寺山門に旧厩口門が当信寺山門に旧東口門が移築現存するほか、近くには小関家武家屋敷が残る。
小関家武家屋敷は片倉氏家臣小関家の屋敷で享保15年(1730年)築の典型的な東北の武家屋敷とされる。
(平成21年9月訪問 #80)

参考文献:城郭みどころ事典・東国編(東京堂出版)、よみがえる日本の城(学研)、白石城パンフレット、歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ

城郭訪問録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -