歴史の勉強

下野国  大田原城

    

坂下門跡

三日月堀

空堀

龍がとぐろを巻いているような形から龍体城とも呼ばれる大田原城は、築城から廃城までずっと大田原氏の城であった。
大田原氏は武蔵七党の流れをくむとも、あるいは関東平氏ともいわれるほか、在原業平の後胤説もある名族で、大田原忠清が那須大俵を本拠とし大俵を名乗った。
当時の本拠は水口城であったとされ、のちに胤清の代に現在の大田原城に移り、大田原氏を名乗ったとされる。大田原氏は室町初期から那須氏に仕え、一方で勢力を拡大していった。

胤清とその子資清の時代が、ちょうど戦国期にあたり、実力をつけていた大田原氏は那須氏の世継ぎを巡るお家騒動に介入した。
さらに資清は長男高増を大関氏の、二男資孝を福原氏のそれぞれ養子に入れて大関家と福原家乗っ取り、大田原の名跡を三男綱清に継がせた。
高増、資孝、綱清は大田原三兄弟といわれて那須氏と対立、さらに綱清の子の晴清は那須氏に先んじて豊臣秀吉に従った。この結果大田原氏は領地を安堵され、那須氏は改易されてしまった。
かつての主家であり、またこの地方きっての名家であった那須氏を滅ぼしたうえ、近世大名化に成功した大田原氏は、江戸時代にあっても1万2千石(のちに1万1千石)の小藩ながら大田原城主であり続けた。

大田原城は蛇尾川の西岸、比高25mほどの龍体山に築かれた城で、城の東側は蛇尾川が天然の堀となり、北、西、南にも蛇尾川から水を引いた水堀で囲んだ。
現在の龍城公園となっているのは本丸、二の丸、北曲輪の部分で、西側に坂下門と堀がわずかに残っている。堀は三日月堀といわれるが、これは残った部分がたまたま三日月型だったことによるものである。
だらだらと坂を上ると二の丸に至るが、途中には比較的形がよく残る空堀があり、二の丸と本丸の境をなしている。二の丸には長屋と硝煙蔵が置かれていたという。
さらに空堀を渡ると土塁に囲まれた本丸で、ここには御殿があったようだが、その広さからするとさして大きくはなかったはずだ。本丸の北には一段下がって北曲輪があり、その北東側に搦手門があった。
平山城とはいえ小高い丘くらいの高さしかなく、また城域もさして広くはないが、小藩とはいえ名族としての誇りに満ちた大田原城は、戊辰戦争の際に会津攻めの拠点として重視され、そのために幕軍の攻撃にさらされ、その後廃城となった。
(平成26年9月訪問 #129)

参考文献:歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ

城郭訪問録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -