歴史の勉強

伊勢国  松坂城

    

大手門跡

助左衛門御門跡

金の間櫓跡

天守台

中御門跡

裏門跡

御城番屋敷

城門(来迎寺)

明治以降は松阪と書くが、江戸時代は松坂と書いた。大坂が大阪とされたのと同じ理由で、坂の字が土に返るからというので縁起を担いで阪に代えたのだ。したがってここでは松坂の方を使う。
松阪城は蒲生氏郷によって築かれた城である。天正12年(1584年)に氏郷は近江日野から12万石をもってこの地に封じられ、松ヶ島城に入った。松ヶ島城は、前領主であった織田信雄が築いた城で伊勢湾に面していた。
松ヶ島は海陸交通の要衝ではあったが城下が狭く、発展性がないと判断した氏郷は、天正16年(1588年)に2㎞ほど南の四五百森(よいほのもり)に新城を築いて拠点とした。
この城が松坂城で、吉祥の木である松と秀吉の居城であった大坂城の坂の字を組み合わせて命名した。

城は坂内川と愛宕川をそれぞれ北と南の天然の外堀として、標高35mほどの独立丘陵に城を置いた。本丸を上下二段とし、上段には御殿と天守を築いた。
本丸上段の東側に本丸下段、その南側に二の丸、本丸下段南側には隠居丸、本丸上段の西にはきたい丸を配置した。
さらにそれらを取り囲むよう三の丸を配したが、この三の丸は氏郷時代にはなく、元和5年(1619年)に紀州藩領となって以降に置かれた。
本丸上段の天守は三層であったといわれ、敵見櫓と金の間櫓があった。本丸下段には遠見櫓や月見櫓などがある、櫓数は本丸だけで11に及んだという。
現在大手門跡として残るのは主要部への表門で、本丸、隠居丸、きたい丸の区域が城跡として残る。表門から入って正面の高石垣が本丸の石垣になる。
松坂城は石垣の城でもあり、城内各所に見事な石垣が築かれている。

大手門から入ると二番めの門が助左衛門御門で、本丸下段北側の虎口である。そこから本丸域となり櫓跡が残る。
本丸上段を回り込むようにして歩くが、高石垣が見事である。西側に本案る上段への虎口がある。
本丸上段には天守台はじめ比較的大規模な金の間櫓跡や、敵見櫓跡が残る。天守は付櫓と敵見櫓に接続し、付櫓が御殿と接続していた。
さらに天守は多門櫓で金の間櫓に接続していたといわれる。本丸周囲を囲む石垣が残るが、そこには多門櫓があったらしい。
本丸域から中御門を出ると、その正面が隠居丸で本居宣長の旧宅が移築されている。本居宣長は松坂に生まれた江戸中期の国学者であり、医師であり、移築されているのはその大半を過ごした住居である。

中御門はは裏二の門ともいわれ、二の丸の南側に位置するが、この周辺の石垣には巨石が多用されている。中御門を抜けると二の丸域でここには紀州藩時代の寛政6年(1794年)に陣屋が置かれた。
紀州藩時代は伊勢国の紀州藩領の中心とされたが本丸域は荒れるに任せ、二の丸が政庁であったようだ。
二の丸の南東の虎口が裏門で、ここの石垣の素晴らしい。裏門を出ると道路を挟んで御城番屋敷が残る。ここは現在も住宅として利用され、一部だけが公開されている。
さらに御城番屋敷から暫く市街地を歩いた来迎寺には、松坂城唯一の遺構である移築城門が残る。
松坂城を築いた蒲生氏郷は、秀吉の小田原征伐と奥羽仕置が終わった天正18年(1590年)に会津60万石を与えられ、その跡には豊臣秀次の家臣服部一忠、次いで文禄4年(1595年)には古田重勝が入部した。
古田氏は重勝、重治と継いで元和5年(1619年)に石見浜田に転封され、以後は紀州藩領となり城代が置かれて明治に至る。 (平成23年3月訪問 #97)

参考文献:城郭みどころ事典・西国編(東京堂出版)、よみがえる日本の城(学研)、城郭探検倶楽部(新人物往来社)、歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ

城郭訪問録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -