歴史の勉強

尾張国  犬山城

犬山城と伊木山(右)


国宝天守のひとつである犬山城は、木曽川を背にして建ち、李白の漢詩に由来して白帝城の別名をもつ城である。木曽川沿いに、標高40mの断崖上に建つ天守はひときわよく映える。
天主は最も高い北側にあることになり、その直下が搦め手となる。敵は背後から攻めることはできないことから、兵法では後堅固の城という。
とはいえ織田信長は、永禄8年(1565年)にこの城を攻めるときに、木曽川対岸の伊木山に対城を築き、結果的に攻略した。トップ写真の右の山が伊木山である。
城は天主を頂点にして、南側に雛段状に曲輪が並ぶ。二の丸も東に二段(杉の丸、桐の丸)、西に一段(樅の丸)の計三段がつくられ、その中央を大手道が一直線に続く、いわゆる一二三段形式の縄張りである。

現在の城址入口に架かる朱塗りの橋の下の道は、三光寺山下からの堀切跡だが、もともと犬山城は現在天主のある白山ではなく、西南300mほどの三光寺山に本丸があった。
現在地の方が城地としては適しているが、現在地にはそのころ針綱神社があったためという。三光寺山から現在地へ城を移したのは、石川貞清であるといわれるから、関ヶ原役の直前のことだ。
従って、それより以前の織豊期の城地は、三光寺山一帯で、現在よりも城域も狭かったと考えられる。三光寺山は現在地に城が移されて以後、三の丸の一部に取り込まれた。


矢来門跡

黒門跡と道具櫓跡

御成櫓の石垣

復元本丸鉄門

城址入口の橋を渡ると中御門跡から矢来門跡と繋がる。さらに松丸門跡を経ると、正面にあるのは道具櫓跡で、現在の針綱神社が建っている。正面に見えてくる石垣上の建物も針綱神社のものである。
屈曲した大手道をさらに登ると黒門跡となる。ここからが二の丸内となり右手の針綱神社は二の丸である桐の丸跡に建つ。大手道は直線の階段となり、右手には御成櫓の石垣が残る。この御成櫓の上が二の丸上段の杉の丸である。
やがて岩坂門跡を経て前方に本丸鉄門が見えてくる。本丸鉄門は昭和40年(1965年)に天主の管理が犬山市に委託されたときに復興されたもので、ここが現在の関所となっている。すなわち、ここから先は有料となる。
ちなみに岩坂門跡のすぐ左手には、本丸鉄門とともに復元された小銃櫓が建つが、見学時は工事中でシートに覆われて見ることはできなかった。


大砲櫓跡

天守

天守内上段の間

天守付櫓内部

天守より本丸

本丸鉄門を入ると正面に国宝の天守が聳える。本丸は比較的狭く、南東隅に大砲櫓跡、南西隅が弓矢櫓跡である。大砲櫓からは北に向かって多門櫓があり、搦め手に通じる七曲門が北東にあった。
犬山城天守は、現存12天守のうちでは最古のものとされる。かつては天文年間に創建されたといわれたり、美濃金山城の移築であるといわれたりしたが、昭和の解体修理の結果すべて否定され、慶長6年(1601年)に築かれたとされる。
その後、元和6年(1620年)に唐破風がつけられ、最上階の4階に縁が巡らされ現在の形になったといわれている。特に最上階の華頭窓は塗り込められていて完全な装飾となっており、この形骸化が元和年間築のひとつの傍証とされる。

天守は三重五階で、南東の隅に付櫓がある。地階には中吊りになる土台があり、1~2階は矩形になっている。1階南西部にある上段の間は、実は幕末に作られたものである。この1階の南東に付櫓がある。
3階は2階の入母屋屋根の中にあり、外見ではわからない。その上が最上階の4階望楼部で、高欄と廻縁がある。典型的な望楼型天守で、遠目にも近くで見ても美しく、この城が各地の復興天守のモデルとなったのもよくわかる。


松の丸裏門

伝三の丸内田門

犬山城に残る現存遺構は、国宝天守だけで、そのほかの建物や門の多くは破却されたが、門のいくつかは移築されている。城址の南側の常満寺には松の丸裏門が、名鉄犬山遊園駅の西側の瑞泉寺には、伝三の丸内田門の高麗門が移築現存する。
犬山城の歴史は文明元年(1469年)に織田広近が築いた木下城から始まるとされる。現在の犬山市役所や犬山駅に近い愛宕神社が木下城址である。天文6年(1537年)に信長の叔父にあたる織田信康が三光寺山に城を移した。
信康は天文16年(1547年)に戦死し、跡をその子の信清が継いだが信長に背く。城は信長に攻略され、元亀元年(1570年)に池田恒興が城主となった。その後は織田信房-中川定成-池田信輝-加藤泰景-武田清利-土方雄良-長尾良房-三輪五郎右衛門とめまぐるしく城主が変わる。
池田恒興は桶狭間の論功行賞で、池田氏は信長の古くからの臣で、のちに豊臣氏の臣となり、江戸期においても国持大名として残る。武田清利以降は、小牧長久手の戦いで和議を結んだ信長の遺児織田信雄の城代が代々入城した。

文禄4年(1595年)に三輪五郎右衛門の跡を受けて城主となった石川貞清が、三光寺山より現在地に城を移した。関ヶ原役後は家康の四男で、尾張清州52万石に封ぜられた松平忠吉の付家老小笠原吉次が入城した。
慶長12年(1607年)に忠吉が死去すると、尾張一国は家康九男の徳川義直に与えられ、その付家老平岩親吉が犬山城主となる。
慶長17年(1611年)暮れに親吉が死去すると6年ほど犬山は無城主の時代を迎え、元和4年(1618年)に尾張藩付家老成瀬正成が3万5千石を与えられて入城する。

以後成瀬家は九代にわたり犬山城主を勤めるが、成瀬家は陪臣ながら大名並みの扱いで、城も大名並みのものが許されたといわれる。
明治に入り廃城となり、天守以外の建物は取り壊され、明治24年(1891年)の濃尾地震で大きな被害を受けた。この復興を条件に明治28年(1895年)に成瀬家に譲渡され、以後個人所有の城となったが、平成16年(2004年)に財団法人犬山城白帝文庫に移管されている。 (平成23年3月訪問 #101)

参考文献:城郭みどころ事典・東国編(東京堂出版)、名城を歩く・名古屋城・犬山城(PHP研究所)、よみがえる日本の城(学研)、歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ

城郭訪問録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -