歴史の勉強

信濃国  飯山城

    

城門

本丸二重櫓跡

本丸虎口

信州最北部に位置する飯山城は、越後との国境に近く、また越後への街道が通る要衝の地であった。飯山に城がいつごろから築かれたのかは判っていないが、鎌倉時代に泉氏が定住し城を築いたとされる。
下って越後の上杉謙信が北信濃に勢力を伸ばす過程でその属城となり、さらに永禄7年(1564年)に、この地方にも勢力を伸ばしてきた武田信玄に対抗すべく、その最前線の城として本格的に築城した。
城は独立丘陵を削り、北から南に三の丸、二の丸、本丸を連ねた梯郭式の平山城であった。周囲には堀が巡らされ、土塁も築かれた。城の表門は北側に設けられたが、これは越後の方角であった。

信濃を巡る上杉、武田の攻防戦は5回にわたって繰り広げられた川中島の戦いに代表されるが、その最前線基地となったのが飯山城であった。その後信玄、謙信が相次いで死去すると状況が変わってきた。
特に謙信の死は越後に御家騒動を引き起こした。すなわち謙信に子なく、跡目を養子の景勝と景虎が争い、結果景勝が景虎を制したのだが、その過程で景勝は信玄の跡を襲った武田勝頼を頼った。
つまりかつての宿敵と手を結んだのだ。その代償として北信濃は武田領とされ、飯山城も武田支配下に移った。しかし勝頼は織田信長・徳川家康連合により滅ぼされ、飯山にも織田勢力が進出、城は森氏に預けられた。

だが信長の支配は長く続かず、信長が本能寺で横死すると信濃は大混乱に陥り、飯山城は再び上杉氏の支配下となる。上杉景勝は城代として岩井氏を入れ、この岩井氏の時代に本格的な城が築かれたという。
慶長3年(1598年)に上杉景勝は祖地越後から会津120万石に転封され、北信濃は関一政が入るが、慶長5年(1600年)の関ヶ原役により森忠政が代って入った。しかし森氏の支配も短く、慶長8年(1603年)には家康6男の松平忠輝の支配地となった。
実際には忠輝の傅役で附家老ともいうべき皆川広照が飯山4万石の城主となった。しかし皆川氏は忠輝と対立して除封され、慶長15年(1619年)には堀直寄が同じく4万石で入った。
以後佐久間氏3代(3万石)、松平(桜井)氏2代(4万石)、永井氏1代(3万3千石)、青山氏1代(4万8千石)とめまぐるしく入れ替わり、享保2年(1717年)に本多助芳が糸魚川より2万石で入り、ようやく定着し10代にわたって相伝、明治維新を迎えた。

今に残る正保の飯山城絵図によれば、本丸、二の丸とも石垣が描かれ、本丸には二重櫓1基、三の丸にも二重櫓が1基建てられ、南大手門、南中門、北中門、二の丸門、本丸門が描かれている。
したがって城の一部については、時代は判らないが石垣が積まれており、二重櫓跡や本丸虎口に石垣が残り、また土塁も現存する。なお城門は市内丸山家に移築されていた長屋門を再移築したもので、城門か武家宅の門かは不明である。
その他の南中門礎石や井戸が遺構として残る。現在本丸跡には葵神社が建立されている。
(平成27年10月訪問 #136)

参考文献:飯山城と城下町(飯山市ふるさと館)、歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ

城郭訪問録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -