歴史の勉強

伊賀国  伊賀上野城

模擬天守

    

本丸上部から高石垣

本丸高石垣

城代役所跡

崇廣堂表門

伊賀上野城の一番の見所は、日本第二の高さを誇る石垣である。ちなみに日本第一は大坂城だから、大名の居城としては伊賀上野が日本一ということになる。
天正9年(1581年)に織田信長は二男信雄に命じて伊賀国を平定し、信雄の付家老であった滝川雄利がこの地に築城したのが伊賀上野城の始まりとされる。
信長死後、雄利は信雄とともに行動し、天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いでは豊臣秀吉に抗い、伊賀上野城は秀吉家臣で賤ヶ岳の七本槍の一人脇坂安治に攻略された。
翌天正13年に安治は摂津能勢郡に転封となり、その跡に大和郡山から筒井定次が入り、伊賀一国を与えられた。定次は城を大改修したとされる。
筒井時代の本丸は現在の本丸の東側に一段高くなったところで、筒井古城と呼ばれる。この北東部に定次は三重の天守を築いた。
本丸の西側、現在に本丸の部分が当時の二の丸で、その北側の俳聖堂や忍者屋敷のある一帯が三の丸であったらしい。

定次は関ヶ原の戦いでは東軍に属して本領を安堵されたが、慶長13年(1608年)6月に不行跡や失政を理由に改易された。
一説には切支丹大名であった定次が棄教を拒否したとされるが、大坂城の豊臣氏に備えて重要な拠点である伊賀上野の地の強化を狙った家康の戦略上の犠牲になったものであろう。
定次の跡には外様大名ながら家康の覚えがめでたく、また築城の名手であった藤堂高虎が伊予今治から入国し、大阪に備えるために大改修を行った。
このときに高虎は城域を筒井時代の約3倍に拡張し、大坂城の対する西側に深さ15間の堀を掘り、高さ15間の高塁を築いた。
さらに五層の天守を計画したが、完成直前の慶長17年(1812年)9月2日に嵐により倒壊してしまい多数の死傷者を出した。その後大坂の陣で徳川氏が勝利すると伊賀上野の戦略上の地位は一挙に低下し、高虎も交通便利な津城を本城とし、伊賀上野は支城となった。

元和の一国一条令でも伊賀上野城は存続を認められ、以後は明治維新まで津藩藤堂家が支配した。伊賀上野には城代が置かれた。
天守閣は建てられず本丸域にも櫓などはなく、筒井時代の本丸部分に城代役所が建てられた。櫓は外堀の土塁上に二層櫓2基、単層櫓8基があったとされ多門櫓を伴った東西の大手門が造られた。
この多門櫓は、門に対してコの字型に設けられており、伊賀上野城独特の形式であった。平成9年に建てられた白鳳門のが東大手門の位置である。
さらに東大手門(白鳳門)のすぐ西側には、津藩の藩校有造館の支校として造られた崇廣堂がある。道路に面した赤門は創建当時のもので通用門であった。
現在本丸の地の高虎が築いた天守台には三重三層の天守と二重の小天守が建てられている。この天守は川崎克という上野出身の人物により、昭和10年(1935年)に復興されたもので木造建築である。

さて伊賀上野城の見学は平成23年の夏休みを利用したのだが、城郭めぐりのシーズンオフである夏のために草木が茂り、自慢の高石垣もいまひとつ迫力不足。
石垣の上までは大した距離ではないが、上から堀を見下ろすとその高さが実感できる。それにしても伊賀上野の観光案内には疑問。
駐車料金500円が高いかどうかはともかく、案内パンフレットの記載は不親切だ。城北駐車場というのがあってここは土日祝日は有料と記載されている。市役所の駐車場は土日祝のみ開放されて有料と書かれている。そしてお城の駐車場は単に駐車場という表記。これが平日でも500円かかるのだ。
さらに登閣料が500円、崇廣堂が200円、忍者屋敷とだんじり会館と天守閣を合せた3館共通券が1450円、なんとまともに回ったら2000円を越える大出費。あまりの凄さに登閣はご遠慮させていただいた。
(平成23年8月訪問 #75)

参考文献:城郭みどころ事典・西国編(東京堂出版)、、よみがえる日本の城(学研)、伊賀上野城パンフレット、歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ

城郭訪問録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -