歴史の勉強

備中国  備中高松城

    

本丸跡(右側のところ)

清水宗治首塚

この城を有名にしているのは、なんといっても豊臣秀吉によって行われた水攻めだろう。それは天正10年(1582年)のことであった。天正5年から中国地方を攻略していた秀吉は、同10年に備前を制圧し備中に踏み込んだ。
備前との国境にある備中高松城には、毛利方の清水長左衛門尉宗治が3千から5千の兵で籠っていた。しかしこの城は、周囲を低湿地や沼に囲まれた平城であったために容易に攻め落とせるような城ではなかった。
秀吉としては、早急にこの城を落とす必要があった。というのは毛利の援軍が来ることは時間の問題だったからで、その数は4万ともいわれていた。対する秀吉軍は3万、しかも3万のうちには備前の宇喜多勢が混じる。
そこで秀吉は周囲の小城を次々と落し、備中高松城を孤立させて3万の大軍で包囲した。だが、この城に通じるのは道は一本といってよく、周囲は湿地であるために攻め倦む。

秀吉は信長へ援軍を要請し、それに対して丹波を平定した明智光秀を援軍として送るとの返事が来たが、一方では一日も早く高松城を落すように厳命された。信長の性格を知り尽くす秀吉は、援軍到着前に高松城を落したい。
このような状況で考え出されたのが水攻めであった。この策は城が低湿地にあることを逆手に取ったもので、軍師黒田官兵衛の献策によるものだという。派手な城攻めが好きな秀吉は、すぐに工事にかかる。
延長約4㎞にわたる堤防を築いて、足守川をはじめとする河川の水を流し込んで城を水の中に浮かべてしまおうというのだ。堤防は高さ8m、基部24m、上部12mといわれ、突貫工事によりわずか12日で完成した。

折からの梅雨入りで水攻めは成功し、城は人造湖の中に孤立した。毛利の援軍も到着したが、どうすることもできない。兵糧も不足し始め、城兵の士気も低下していった。
水攻めの成功に気をよくした秀吉は、信長自らの出馬を乞い、信長の入れるところとなった。が、そこに起きたのが本能寺の変である。一方、毛利軍の方でも信長の援軍近しの報に講和を決意した。
この講和交渉は難航したが、結局は備中・美作・伯耆の3ヶ国の織田方への割譲と、城将清水宗治の切腹で講和成立した。そのときに秀吉の陣営に飛び込んできたのが本能寺の変だった。

秀吉は平然を装い、翌日(天正10年6月4日)、城中より舟で漕ぎ出た清水宗治の切腹を見届け、すぐに堤防を切って軍を反転させて京へ向かっての進撃を開始した。いわゆる中国大返しである。
毛利方もしばらくして本能寺の変を知ったが追撃せず、周知のとおり秀吉は明智光秀を討ち、その後は天下人への階段を駆け上がるのである。
このように歴史に名をとどめることになった備中高松城は、備中松山城主で備中の戦国大名であった三村氏の家臣石川久孝によって築かれたといわれる。築城時期については、よくわかっていない。
石川氏は三村氏の重臣であり、備中半国の旗頭でもあったらしいが、三村氏が天正3年(1575年)に滅亡すると同時に滅ぼされた。代って高松城主になったのが清水宗治であった。

宗治は石川久孝の娘婿であったが、毛利氏に通じ、三村氏と石川氏が毛利氏に滅ぼされると小早川隆景に属して、毛利氏最前線の城である高松城を預かった。
当時は備前の宇喜多氏は毛利氏と同盟関係にあったが、宇喜多氏が秀吉と講和して織田方になると、高松城は文字通り毛利氏の最前線となったのである。
宗治の切腹により開城した高松城には宇喜多家の家老花房正成が入り、関ヶ原役で宇喜多氏が滅んだあとも花房氏により整備されたが、大坂夏の陣後に廃城となった。
現在、城址は本丸を中心として整備されて公園化されている。沼堀も復興されているほか本丸には清水宗治の首塚が、また近くには胴塚がある。さらに周辺には水攻めの際に築かれた堤防跡の一部が残る。
(平成22年8月訪問 #98)

参考文献:よみがえる日本の城(学研)、関連ホームページ

城郭訪問録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -