歴史の勉強

陸奥国  浅川城

    

城山全景

虎口跡

青葉城とも呼ばれる浅川城は、福島県石川郡浅川町の標高400mほどの丘陵に築かれた中世城郭である。築城年代は定かではないが、文治5年(1189年)に浅利知義によって築かれたとされている。
浅利氏は知義の父義成が頼朝の奥州征伐にしたがって功をあげ、出羽比内の地頭職を得、さらに知義に浅川の地が与えられ浅川氏を名乗るようになったという。
浅川氏はこの地にあった石川氏と同族化を進め、比較的安定した基盤を築きあげて、この地を代々治めていたらしい。しかし戦国期になると、この地も争乱に巻き込まれるようになる。
浅川氏にしろ石川氏にしろ、土着勢力とはいえ支配権は狭く、いってみれば弱小豪族に過ぎなかった。周囲の葦名、田村、佐竹、伊達などの大勢力とはまともには対立できず、合従連衡的に生きていかざるを得なかった。

石川氏や浅川氏は佐竹氏と組み、のちには伊達氏とも組んだ。さらに元亀4年(1573年)には再び佐竹氏に属した。天正2年(1574年)には佐竹氏に敵対する白河勢が石川領に攻め込み、翌天正3年には葦名、田村、二階堂、白河の連合軍が攻勢に出て、佐竹、石川軍と戦った。
浅川氏の当主義純はこのころ佐竹氏を裏切り、このために浅川城を追われて城は石川昭光に預けられた。浅川城は諸勢力の争奪の場となり、天正6年(1578年)には白河氏や田村氏の攻撃を相次いで受けた。
やがて田村氏は伊達氏と葦名氏は佐竹氏と結びつきを強め、この付近は伊達の勢力圏の南縁となった。そのような中で浅川義純も浅川城に復帰し、さらに葦名氏を巡る佐竹と伊達の対立で伊達氏が勝利すると、浅川氏も石川氏も伊達氏に服属した。
しかし秀吉の奥州仕置により、小田原参陣を怠った浅川氏と石川氏は改易され、この地は会津の蒲生氏郷の領するところとなり浅川城は廃城となった。

現在は城山全体が公園化されており、途中まで車で行くことが出来る。連郭式の城で駐車場のあるのが主郭下である。駐車場でもかなりの高さがあって、浅川の町を見渡すことが出来る。
駐車場から主郭にはスロープ状の道で上るが、途中には明らかに虎口があったと思われる遺構があり、その先が主郭域となるが、現在は芝生の結構広い広場になっている。
主郭部はさらに2段に分かれており、上段が山頂部であり小さな社が置かれている。城山全景からは窺がえないが、山自体に起伏があるうえに、堀切や急峻な崖などで防備され、遺構は主郭の周囲を除いてほとんどないものの戦国期の城の雰囲気が残る城である。
(平成21年9月訪問 #68)

参考文献:関連ホームページ

城郭訪問録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -