歴史の勉強

天童氏の出自

天童氏は最上八楯の盟主的な存在であり、最上氏の一族と見られることも多いが、最初から最上氏と関係があったわけではない。
天童氏の祖は里見氏に繋がる。里見氏は戦国大名となった安房の里見氏で有名だが、清和源氏新田義重の子義俊が上野碓氷郡里見庄を領したことに始まるれっきとした源氏である。
里見氏が奥羽に下向した経緯は分かっていないが、里見氏自体は各地に広がっているので、なんらかの事情で下向したものであろう。
南北朝期に成生庄地頭であった里見義景には実子がなったので、最上氏初代である斯波兼頼の弟義宗がその養子となった。この養子縁組が最上氏と里見氏との繋がりの初めである。
その義宗にも子がなかったので、最上氏二代直家は二男の頼直を天童里見氏の養子として天童城に入れた。二代続けての養子が最上氏と里見氏との繋がりを濃くしたが、あくまで天童氏は里見氏の流れであって最上氏の庶家ではない。

もともと天童は南朝勢力の北畠氏の拠点であった。北畠顕家の子孫の北畠天童丸の居城であったが、天童丸が斯波氏の圧力に抗しきれずに文中年間(1372~74年)に津軽浪岡に居を移した。
その後に頼直が入り、鶴舞山に城を築いて天童氏を称したというが、里見氏から天童氏への改姓がいつのことかは明確ではない。
この頃には村山、最上地方の南朝勢力もあらかた消滅し、最大の南朝勢力であった寒河江の大江氏も斯波氏に降っている。

天童頼直の子は上山、東根、鷹巣など各地に分封されるが、これはあくまで天童里見氏として行ったことで、最上家の領地内の話ではない。
繰り返しになるが、天童氏は最上氏とは血縁関係にはあるものの、家臣ではなく親戚に過ぎない。
天童氏は最上氏と並ぶ力を持っていたようで、鎌倉公方足利成氏と関東管領の上杉氏が対立した享徳の乱の際に出羽に出された幕府の出動命令にも、最上郡の最上氏と天童氏を同列に扱っている。
最上、天童同格という見方は、奥州探題大崎氏や周辺諸氏も同様であったが、最上氏の方では、あくまで天童氏を庶流と見ていたようである。

最上地方の情勢と天童氏

最上氏は二代直家、三代満直の時代に惣領制をとり、嫡子以外の子を各地に領内分封して勢力を拡張維持したが、年が経つにしたがって分封した孫たちは独立した在地勢力となっていった。
一族ですらそうであったのだから、養子に入っただけの天童氏が最上氏と対立した関係になっていくのも当然であった。
天童氏はやがて最上八楯といわれる最上郡内の在地勢力の盟主となっていく。最上八楯とは最上地方に領地を持つ、天童氏をはじめ楯岡氏、成生氏、野辺沢氏、尾花沢氏、飯田氏、六田氏、長瀞氏をいい、地縁的結合体をとっていた。

在地勢力であるために、その力は限られたものであり、そのため彼らの支配圏に侵入しようとするものには協同でその排除に当たった。
その結びつきは思いのほかに強固であり、伊達氏の最上郡侵入に際しても一致団結して強硬に抵抗した。
伊達氏に変わって最上氏が同様に八楯の圏内に侵入してきたときも同様であり、逆に最上氏とすれば最上地方を版図にするためには、この八楯を何とかする必要があったのだ。

最上氏は初代斯波兼頼が出羽探題として山形に入部して以来、一族を各地に分封して勢力の拡大を図ってきた。
しかし明徳2年(1391年)になると奥羽両国は鎌倉公方の支配下になり、奥羽両探題府は解体される。これは、鎌倉公方足利氏満が反幕的であり、左遷によって力をそぐのが目的であったとされる。
これにより二代直家は探題職を失ったが、さらに追い討ちをかけるように三代将軍足利義満は、関東管領上杉憲方に出羽大泉庄を与えた。
直家は大泉を上杉に、置賜を伊達に奪われ、探題でもなくなり以後最上・村山両郡を有する地方大名としての道を歩むことになった。

最上氏との確執

最上氏はやがて伊達氏の圧力に屈したが、伊達氏の当主稙宗と嫡子晴宗の対立から起きた天文の大乱を機に、伊達氏の支配体制から脱却した。最上氏十一代義守のときである。
義守の跡の最上氏十二代を継いだのは長子義光であるが、義守は義光が気に入らなかったようである。
義守は二男義時を家督にしたかったようで、義光と義時の家督争いは元亀元年(1570年)ごろには武力衝突にまで発展した。
翌元亀2年に義光と義時は和睦し、義守は隠居し仏門に入り、義光が正式に家督を継ぎ山形城主となった。

しかし、天正2年(1574年)になると義光と義時の対立は再燃する。このとき義時には最上一族の反義光の国人たちや伊達輝宗が与したが、もっとも強硬な反義光派は天童氏であった。
結局このときは戦闘にはならず、天童頼貞らも義光と和し、義時は一人取り残され翌天正3年に義光から迫られて自害して果てた。
義光は弟義時との家督争いを制すると、自立していた多くの国人たちに目を向けた。先に書いたように最上氏は一族を各地に分封して領地を広げてきたが、戦国期には一族が自立して統制がきかず、却って最上氏を圧迫した。
国人たちを家臣化して直接支配しなければ、最上氏の発展は望めないと考えた義光は、領内の国人たちの直接支配化へ向けて動かなければならなかった。その義光が最初に立ち向かったのが天童氏であった。

そのころの天童氏は頼貞が当主であった。初代頼直の跡を頼勝-頼泰-頼基-頼氏-頼尚-頼道-頼長と継承し、頼長の弟が頼貞であるから九代目にあたる。
頼貞は義光の家督相続直後から反義光であり、天童氏の義光への臣従などまったく考えてもいなかった。
そもそも最上氏と同格と考えている天童氏は、最上氏とは対立しがちであり、八代頼長も大永元年(1521年)に最上氏と対立していた。
頼貞がこれほどまでに義光を嫌ったのは、義光の意図が天童氏らとの共存ではなく、属国化・領国化であったからであった。
したがって義光が天童に攻め寄せた時も激しく抵抗し、最上八楯も当然のように天童方についたのである。

天童氏の滅亡

天童城は険阻な舞鶴山上に築かれた山城で、四方に走る支脈に天童八楯と称する郭を設けて重臣が守っていた。
八森楯には八森石見守、小幡楯には小畑大隈守、成生楯には成生伯耆守、小松楯には小松山城守、向楯には大友将監、安斎楯には安斎刑部、草刈楯には草刈兵庫頭、大泉楯には大泉内蔵助である。
さすがの義光も天童城を攻め倦み、特に八楯の中の勇将野辺沢満延を懐柔する作戦に変更する。
義光は満延の嫡男康満に義光の娘松尾姫を嫁がせて、和睦を図り、満延はいくつかの条件を出し、その全てを義光が入れたことで両者は和睦、これが最上八楯の分裂を招く。

義光は天童頼貞の二男である東根頼景の拠る東根城を攻略、さらに楯岡城主の楯岡満英を自害に追い込む。これを見て成生館、飯田館、六田館の各館主たちは義光に降り、天童城は孤立した。天正8年(1580年)のことである。
こうなると天童は義光の敵ではなかった。天童氏が滅ぶのはさらに3年後の天正11年(1583年)10月のことである。
頼貞の跡の天童城主天童頼澄は、落ち延びて関山峠を越えて伊達家臣の国分盛氏を頼り、のちに伊達家に仕えることとなる。

もっとも天童落城と天童氏の滅亡については資料がほとんどないために不確実な点が多く、落城年月も「奥羽永慶軍記」は天正5年(1577年)10月、「諸城興廃考」「伊達世臣家譜略記」は天正12年(1584年)10月としている。
天正12年説が多いが、誉田慶恩氏はその著「奥羽の驍将・最上義光」のなかで、天正12年には最上氏は谷地城主白鳥氏と寒河江の大江氏も滅ぼしており、1年のうちに三正面で有力国人を一挙に降したとは考えにくく、また天正9年には庄内侵攻を行なっていることから、天正8年までには完全に領国化していたとしている。

参考文献:陸奥・出羽 斯波・最上一族(新人物往来社)、最上義光(PHP文庫)、奥羽の驍将(人物往来社)、歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ

武家・大名録の表紙に戻る
歴史の勉強

Last modified -