歴史の勉強

戦国時代に越中国新川郡一帯の有力武将であった椎名氏の出自は、桓武平氏千葉氏流といわれる。
「千葉大系図」では千葉常兼の子の胤光(千葉常重弟)が下総国千葉郡椎名郷に入り、椎名氏を称したことに始まるとされ、また系図の異本では千葉常重の子としているものもある。
鎌倉開府時に活躍した千葉常胤は、前者では甥、後者では兄ということになるが、いずれにせよ胤光が椎名氏の祖である。
胤光の子の胤高は保元の乱で活躍し、その子孫は下総国匝瑳郡において繁盛し、千葉氏の重臣となっていくが、豊臣秀吉の小田原征伐の際に千葉氏とともに滅亡し、椎名氏の嫡流は絶えた。
一方、「太平記」に元弘元年(1331年)の笠置山攻めに参加しとある椎名孫八入道が越中椎名氏の初見とされているから、少なくともそれ以前には越中に入国していたと考えられる。

室町前期の椎名氏

椎名家家老職を勤めた武隈家の伝承では、暦応4年(1341年)5月には椎名孫八入道胤明が足利尊氏の命により松倉城主になったとする。
武隈家は初代を五郎入道元近とし、相模国に住していたとするから、椎名氏に従って関東から越中に入国したもので、重臣であるとともに幕府の監視役でもあったとするのが妥当である。
しかしながら、この伝承は信じがたく松倉城にはその当時越中守護として普門利清(井上俊清)、その後には桃井直常が拠った。
おそらく、この当時には越中国人衆のひとりであった椎名氏は、趨勢に従って井上氏、桃井氏の与党となっていたのであろう。

越中守護に桃井直常が任ぜられた頃、この地では南朝勢力が根強かった。南朝側は恒性親王、宗良親王を相次いで越中に下向させ、北国での南朝方の拠点化を図ったのである。
一方足利尊氏が弟の直義と対立し、いわゆる観応の擾乱が起こると南朝側は直義の跡を襲った直冬を支援し、これがために越中の国人領主層も直冬方に付いた。
勢力の浸透に腐心していた桃井直常もまた直冬につかざるを得ず、越中はこぞって反幕府一色になった。
これに対して、足利幕府は細川頼和、斯波高経、斯波義将ら一門を守護とした。その後、貞治6年(1367年)に桃井直信の守護就任により国人層は再び反幕となる。
桃井氏は斯波義持により討伐され、幕府は相次ぐ越中の騒乱に対し、康暦2年(1380年)に管領職畠山基国を越中守護とした。

畠山氏の守護職就任により、椎名氏もその与党となり、有力な家臣となっていったらしい。「相国寺供養記」の明徳3年(1392年)の条には守護畠山満家の郎党として椎名次郎長胤の名が見える。
「立川寺年代記」の享徳3年(1454年)4月の条には越中守護でもあった畠山持国の家督ををめぐり、越中椎名氏らが持国の甥の弥三郎を指示して、持国の子の義就を推す一派と対立したとある。
畠山基国は越中守護就任により守護代に遊佐氏を置き、椎名氏の越中での地位は限られたものであったが、70年後には椎名氏が越中において、かなり有力な国人になっていたことが窺がえる。

このころの椎名氏の名が見える史料として、「加積神社古文書」には寛正2年(1461年)12月に椎名右衛門督が武運長久を祈るとあり、「蔭涼軒日録」には寛正5年(1464年)11月に椎名某の名が見えるという。
畠山氏の家督をめぐる対立は応仁の乱に発展し、応仁元年(1467年)に京の御霊林での合戦となった。椎名氏が推した弥三郎は既に亡く、その弟政長と義就との対立であった。
「太元雑々記」によれば、椎名某が神保長職、神保出雲守、神保四郎衛門ら越中衆とともに政長方として出陣したとある。
このころの椎名氏の立場もわかってないが、「宝鏡寺文書」によれば文明13年(1481年)新川郡広田庄を広福院雑掌へ還付した際の越中守護奉行人奉書では、椎名四郎次郎に打ち渡しが命じられており、椎名氏が新川郡守護代であったことが知られている。

戦国期の越中と椎名氏

文明17年(1485年)9月2日、守護代椎名に命じ、市田郷安禅寺領を押領した細川某に対して、その返還命令を下させているのが「室町幕府奉行人古文書」に見える。
したがって椎名氏の新川郡守護代としての地位は確立していたが、明応7年(1498年)には神通川をもって境界をなし、それより東部を椎名氏、西部を神保氏が支配していたことが知られている。
一方、10年続いた応仁の乱が終結したあとも畠山氏の内訌は続いており、椎名氏は政長派として参陣し、文明15年(1483年)には河内国太田城での戦いで椎名某が戦死し、明応2年(1493年)に河内国正覚寺の陣で政長が敗死したときに椎名某が降参している。
この正覚寺の戦いでは将軍足利義材も捕らえられたが、神保氏らの手引きで越中に逃れ義尹と改名し、明応7年(1498年)まで放生津に滞在し越中公方と呼ばれた。

明応7年の夏畠山政長の子の尚順を中心に義尹帰洛計画が進められ、尚順は越中衆の協力を得るために下向した。
当時、尚順は尚慶と名乗っており慶の字を賜った。当時の越中は椎名氏、神保氏のほか遊佐氏が守護代になっており、越中四郡のうち新川郡に椎名氏、射水、婦負両郡に神保氏、砺波郡に遊佐氏があった。
もともと遊佐氏は畠山氏の重臣であり、畠山氏の越中守護就任と同時に守護代となったのであるが、畠山氏の内訌の際に失脚して地位が低下、代って越中国人として力を得た椎名、神保両氏が守護代となり三守護代体制になったのであった。
尚慶の慶の字は三守護代に与えられ、椎名慶胤、神保慶宗、遊佐慶親とそれぞれ名乗り、相互に尚慶を模した花押を使用し、結束強化を図った。

義尹は、明応7年(1498年)に放生津を発って上洛の途についたが、近江で六角氏の軍勢に敗れて丹波に逃れ、やがて西国の大内氏を頼った。
義尹は、永正8年(1511年)大内氏によって念願の上洛を果たし、将軍に返り咲くことになる。しかし越中での尚順の勢力は徐々に衰えを見せ、それに比例して椎名氏と神保氏の勢力が伸張していった。
一方京では帰洛した義尹を敗走させ、細川政元が権力を得ていた。政元は密接な関係にあった本願寺を利用して、北陸の反政元勢力に対し一向一揆をかけた。
政元は畠山家の内訌では反尚順であり、義就の流れを組む基家の与党であった。そのために尚順に与していた椎名氏や神保氏が、一揆の標的になったのは当然であり、その攻撃の前に越中は一時的に一揆勢の制圧下に置かれた。

長尾氏の越中進出と椎名氏

椎名、神保らの国人領主は越中を脱出し、隣国越後の守護代長尾能景を頼った。永正3年(1506年)に能景は越中に侵攻して一揆勢と合戦に及んだが、砺波郡芹谷野で戦死してしまう。
能景の子で跡を継いだ為景は、能景戦死の原因を神保慶宗はじめ越中衆の非協力にあるとし、為景は神保氏をはじめ越中衆を敵視した。
為景は越後に退き、越後国内の統一平定に奔走して目的を達すると、永正12年(1515年)に越中に侵入した。このときは慶宗はじめ越中衆の反撃にあって退却したが、永正16年(1519年)に再び越中に侵攻した。
このときも椎名慶胤は神保慶宗に与して、長尾勢に対抗した。翌永正17年8月の新川郡の合戦で椎名勢は敗れ、さらに同年12月の新庄合戦では慶胤も討ち死にしたといわれる。

長尾為景は大永元年(1521年)12月に畠山尚順から新川郡守護代に任じられて、椎名氏の旧領を安堵して椎名長常を又守護代に任じた。
為景と椎名氏との間に何らかの約定がなされたのであろう。なお、長常は慶胤の兄弟であったとする説が有力である。
天文5年(1536年)に長尾為景が死去すると、途端に長常の支配は不安定となった。やはり、長常のバックには長尾氏がおり、新川郡における長尾氏の傀儡的な存在であったのだろう。
これに呼応するように射水、婦負両郡では一旦は没落した神保氏の活動が活発になった。神保氏は先の新庄合戦で慶宗が自害し、長職が跡を襲っていた。

神保長職は弓庄城主の土肥氏と結んで、神通川を越えて椎名氏の支配地域であった新川郡にも勢力を伸張してきた。
椎名、神保両氏の抗争は激化したが越中守護畠山稙長の意向を受けた能登守護畠山義続の斡旋によって両者は和睦し、常願寺川を境に西部を神保氏、東部を椎名氏の勢力圏とした。
この間、越後では長尾為景が死去し、嫡子晴景と景虎(のちの謙信)が家督を巡って争い、越中侵攻どころではなった。このことが神保氏の勢力回復に影響したのは間違いないであろう。
越後での争いは景虎が勝利し、永禄3年(1560年)に椎名氏を援けるために越中に入り、神保氏を攻撃している。
戦いは景虎(のちの謙信)の勝利に終わり、長職は一時行方知れずになったといわれ、椎名氏の地位は保たれた。

椎名康胤の盛衰

このころの椎名氏の当主は康胤であった。康胤は慶胤の子である。康胤は勢力を回復し、さらに永禄5年(1562年)の謙信の越中再征によって神保氏が滅亡の危機に瀕すると、越中一国支配の野望に燃えるようになった。
康胤は謙信の後盾を得るべく、自信の女を景虎の従弟長尾景直に娶わせ、長尾氏との結びつきを強めた。
しかし永禄9年(1566年)能登畠山氏の義綱が温井氏や長氏らの重臣層に追放されると、謙信は義綱支持の立場を示し、神保長職も同調した。
このことは神保氏の再興に道をつけるものであり、椎名康胤の野望を挫くものであった。

永禄11年(1568年)康胤は謙信と敵対する武田信玄、加賀や越中の一向一揆と結んで謙信の対抗して挙兵した。
翌永禄12年になると謙信は椎名氏の拠点の松倉城を攻め、敗れた康胤は落ち延びて砺波郡の一向一揆に身を寄せた。
元亀3年(1572年)には一揆勢による富山城占拠を指揮したが、謙信に反撃されると天正元年(1572年)正月に康胤は長尾顕景に謙信へのとりなしを依頼している。
しかし、いまさら容れられるわけもなく「三州志」によれば康胤は天正4年(1576年)に蓮沼城で没したとする。

おそらく康胤は落魄して行方も知れない状態となったのであろう。弱肉強食の戦国時代においては復活も夢に過ぎなかった。
椎名氏の名跡は娘婿の長尾景直が継いだが、謙信死去後に越中に進出してきた織田軍との戦いに敗れた。
さらに謙信死去後の家督をめぐる争いである「御館の乱」では景虎に与し、景虎が家督争いに破れ景勝が家督となると、上杉家中を去って織田方に身を投じたらしいが、その後の消息は不明である。
一方康胤の子の重胤は甲斐の武田勝頼を頼り伊那に隠棲し、のちに下総国匝瑳郡に移り住んで、その子孫は農民となったという。
また康胤のもうひとりの子の康次は出家して松倉城下の常泉寺に入り、松室文寿と称したといわれている。

参考文献:戦国大名系譜人名事典西国編(新人物往来社)、北陸合戦考(新人物往来社)、国別守護・戦国大名事典(東京堂出版)、歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ

武家・大名録の表紙に戻る
歴史の勉強

Last modified -