歴史の勉強

日本百名城のひとつに数えられる上野国箕輪城を拠点に、戦国時代に活躍したのが雄将長野業政である。
業政は箕輪城を中心とする城郭群で、武田信玄の攻撃を退けるなど、上野の領地を守り抜き名を馳せた。
しかし上野長野氏は業政が全てといってよく、その没後は武田氏による侵略を許して名城といわれた箕輪城も陥ち、長野氏も戦国の争乱を生き抜けず滅んでしまった。

上野長野氏系図

上野長野氏の系図は、その子孫と伝えられる家に何種類か存在するそうだが、いずれも平城天皇の皇子阿保親王の子である、在原業平を祖としているという。
しかしその系図のほとんどは、後世江戸時代に作られたものらしく、比較的信頼度の高い系図においても長野乙業以後しか信頼がおけず、乙業以前は疑問符が付くようだ。
箕輪城がある旧箕郷町誌に載っている長野弾正家所蔵の所謂浜川系図では、業平の子業重が上野国司となり浜川(現高崎市)に住し、その孫が石上(いそのかみ)姓を賜り、さらに浜川一帯の地名である長野を氏としたとする。
代々、通字として業の字を用いており、業平から二十数代を経て乙業に継がる。

石上姓を賜ったのは業平から四代あとの業国で、「長野記」では長野左衛門大夫業重の嫡男である業国が、大和国布留明神の社の再興のときに勅使に任じられて、初めて石上姓を賜ったとるという。
布留明神の本社は物部氏を祀る石上神社であり、石上神社のある大和国石上は在原業平の居住地といわれている。
これらをまとめると物部氏の一族のうち、上野国衙の役人として下向した人物が都に戻らず土着し、長野氏の祖となったという可能性が高い。

石上の地が在原業平の居住地であったことから、土着前の系図を在原業平に求め、業の字を通字としたと思われる。
上野では浜川を含む一帯が長野郷と呼ばれており、地名をとって長野を名乗ったということのようだ。
なお長年寺に伝わる長年寺系図などでは、吾妻郡長野原館に住し長野を氏とするとあるが地名からのこじつけであり、長野郷という呼び名が一般的に使われなくなった近世以降の発想である。

成長する長野氏

南北朝の争乱が始まるころ、長野氏は上野国衙にほど近い浜川の御布呂(高崎市浜川町字御布呂)に土着していたと考えられている。
この地は比較的早くから拓かれた地であり、交通の要衝でもあった。やがて長野氏は付近一帯に勢力を広げてていき、実力を養っていった。
この当時の上野国は上杉氏の領国であり、守護代として長尾氏が支配していた。長野氏は、この長尾氏を介して上杉氏へ接近していったと思われる。

鎌倉公方足利持氏と関東管領上杉憲実の対立から、永享10年(1438年)に起こった永享の乱とそれに続く結城合戦で、長野氏は上杉方で活躍し戦功を挙げた。
「永享記」では、上州一揆(自衛のための武士団)の一員として、長野周防守、同宮内少輔、同左馬助の名があり、一揆の中でも有力な一族であったようだ。
文明3年(1471年)には、将軍義政の御内書を得ており、このことからも有力者であったことがうかがえる。

文明9年(1477年)の長尾景春の乱では、長野左衛門尉為兼が景春に与して、武蔵国針谷原の合戦で討ち死にしている。
長尾景春の乱は、景春の父で管領上杉家の家宰であった景信が死去してのち起きた上杉家の家宰の地位を巡る叛乱だから、長野氏は景信とかなり関係が深かったと思われる。
また永正元年(1504年)の山内、扇谷の両上杉の合戦で、長野孫六郎房兼は山内上杉顕定方として参陣し、討ち死にをしている。
ここに出てくる為兼、房兼は多くの長野氏系図に記載がなくて、乙業や方業に比定するのも無理があるようで、実在はしていたものの、系図上のどの人物か特定されていないようだ。

一方、長野氏が浜川を本拠にしていたのは乙業の時代までで、乙業の子とされる業尚の代になると長野氏は、大きく成長し鷹留城を築き本拠を移している。
これは長尾景春の乱で上州が戦地となり、防御的に弱い浜川から要害の地に本拠を移さざるを得なかったと考えられている。
「戸榛名神社文書」では明応5年(1496年)に長野憲業が戸榛名神社の神領を安堵したと記されている。
戸榛名神社の神領は榛名山東方から南方とされ、この文書から明応5年段階で長野氏の勢力が鷹留城のあった室田地方に及んでいたことがわかる。

鷹留城は長野氏の吾妻地方進出の拠点ともなり、のちに吾妻地方に侵攻してきた武田氏を阻止する防衛拠点ともなった。
長野氏が鷹留城を拠点に吾妻地方へ進出するのは、憲業の代とされる。憲業は業尚の子であり、憲の字は上杉憲房から賜ったものだ。
山内上杉憲房は、永正9年(1512年)に当主となっており、憲業はそのころには山内上杉氏の重臣となっていたようだ。

憲業は吾妻地方への進出を企て、浦野氏が拠る大戸城を攻めたが、強い抵抗にあって城は陥せなかったようだ。
その結果憲業は、大戸の東方に進出したが、享禄3年(1530年)に川戸の戦いで傷を負ったのがもとで戦死してしまった。

業政の登場

長野氏は憲業のあと、長野業氏の系統と業政の系統に分かれるが、家督として憲業の跡を襲ったのは二男業政である。
憲業は大永6年(1526年)に箕輪城を築くと鷹留城を業氏に与え、自身は箕輪城に移って本拠とした。
業氏は永禄5年(1562年)に武田方に寝返った大戸城の大戸氏を攻めた際に戦死した。
鷹留城は業氏の子の業通が継ぐが、永禄9年(1566年)に武田氏の攻撃により箕輪城より先に落城し、業通は越後に逃げたという。

一方、箕輪城に移った憲業が戦死したのち、家督を継いだのが名将として名高い業政であった。
この頃、ほぼ時を同じくして東信の滋野一族が甲斐の武田信虎、北信の村上義清、中信の諏訪頼重らによって攻撃を受けた。
これは滋野一族に連なる吾妻の豪族にとっても脅威であった。やはり滋野一族であった真田幸隆も攻撃を受け、箕輪城に逃れたとも伝えられている。

この吾妻地方の豪族たちの動揺は、業政にとって絶好の機会となり、この機に業政は大戸氏や羽尾氏ら我妻の豪族を傘下に組み入れていった。
吾妻地方の豪族も長野氏に頼らざるを得ず、結果的に業政は吾妻地方の大半に勢力を伸張していったのであった。
また一方で長野氏の勢力は、利根川を越えて現在の前橋にあたる厩橋方面へも伸びていった。

厩橋の城は上野守護代であった総社長尾氏によって築かれたともいわれているが、総社長尾氏は文明期(1469~86年)ころを境にして衰退し、代って長野一族の厩橋宮内大夫が本格的に城を築いたらしい。
この地の長野氏は厩橋長野氏と呼ばれ、「前橋風土記」では初代を宗賢とし二代道安、三代道賢、四代賢忠と続くという。
ところが祖となる厩橋宮内大夫を誰に比定するかについては、諸説あって一定しない。
しかし厩橋を中心とする上野中南部にも長野氏の勢力が伸びていたのは間違いなく、箕輪長野氏とともに総社長尾氏を脅かした。

このように長野氏は業政の時代になると大きく発展し、関東管領山内上杉家のもとでは守護代長尾氏を凌ぐほどの力を得て、すくなくとも西上野の国人衆は業政が支配したといってよい。
関東管領は扇谷上杉氏の没落によって山内上杉氏の独占状態であり、前述した顕定の跡を顕実、憲房、憲寛、憲政と継いでいった。
業政のころの管領は上杉憲政であった。一方でこのころになると相模小田原を拠点とした後北条氏が相模から武蔵一帯にかけて、勢力を伸ばし始めた。

北条氏綱は大永4年(1524年)に江戸城を攻め陥し、これが扇谷上杉氏の没落に繋がっていった。さらに天文6年(1537年)に北条氏康が河越城を攻略し、上杉憲政は上野平井城に退いた。
これにより平井城が管領府となり、業政も平井城に出仕した。天文14年(1545年)9月、上杉憲政は古河公方足利晴氏とともに、河越城を攻めて奪還を目指した。
一説に8万といわれる大軍勢で、北条綱成の守る河越城を囲んだが、翌天文15年4月に北条氏康の8千の軍に夜襲されて敗走した。この戦いで業政の長子吉業も討死している。

憲政、業政らは敗軍となって平井城に引き上げ、これ以後は武蔵国への侵入はおろか、失墜した権威を回復するのも容易ではなかった。
憲政側近の佞臣菅野亮頼や上原兵庫介らは、管領家の威信回復のために、あろうことか甲斐の武田を攻めることを主張した。
愚将と評される憲政も同意し、業政らの反対を押し切って、天文15年(1546年)10月に2万の軍勢で甲斐に侵攻した。

しかし甲州軍に反撃されて、侵攻は失敗に終わる。ちなみに業政は、この戦いに参加していないようだ。
憲政は越後守護代長尾景虎に救援を求めたが景虎は応ぜず、天文20年(1551年)になると、いよいよ北条氏康が大軍をもって平井城を攻めた。
業政らは防戦に努めたが、憲政は平井城を脱して越後に逃れ去った。憲政は越後で上杉の家名と関東管領職を長尾景虎に譲った。景虎が出家して上杉謙信と名乗るのはもう少し後のことである。

戦国期の攻防

憲政退去後の平井城には北条長綱が入り、北条軍は厩橋や沼田の城を攻めた。業政は国人衆を結集して平井城を回復し、北条、武田に対抗し、上杉憲政を再び平井城に迎えて管領家を再興することを目指した。
これ以後、業政は箕輪城に拠って、西上野一帯の防御網を築いていくのであった。その基となるのが業政の12人の娘で、業政は娘たちを西上野の豪族たちに嫁がせて縁戚関係を結んでいった。

すなわち長女を小幡城主小幡信定に、二女を国峰城主小幡景定に、三女を武蔵忍城主成田氏に、四女を木部定朝に、五女を大戸城主大戸左近兵衛に、六女を和田城主和田業繁に、七女を倉賀野城主金井景秀に、八女を羽尾城主羽尾氏に、九女を浜川長野氏に、十女を厩橋長野氏に、十一女を鷹巣城主依田氏に、十二女を鷹留長野氏に嫁がせた。
このネットワークによって業政は北条、武田せいの前に立ちはだかったのであった。

天文21年(1552年)に武田信玄は、宿敵である越後の長尾景虎が上杉姓と関東管領職を譲られるという情報を得ると、上野侵攻を決意したと思われる。
景虎は関東管領として三国峠を越えて上野に進出してくることは必定であり、そうなると信濃だけではなく、上野からも領国を侵されることとなる。
事実景虎は永禄3年(1560年)に関東に進軍しており、またこの前後には信濃川中島で5回に及ぶ激しい戦いが行われた。そこで信玄は北条氏と結んで上杉に対抗した。これにより上野は東部を北条氏、西部を武田氏と分担して上杉に備えたようである。

したがって業政の当面の敵は甲斐の武田信玄ということになった。一方信玄は、懐柔する策をとった。
信玄は業政に書状を送り、上野侵攻の先導を依頼したが、業政は即座にこれを拒絶した。この結果信玄は上野侵攻を決定し、弘治3年(1557年)4月、信玄の嫡子である武田義信を大将とする1万3千の軍勢で、上野に侵攻した。
業政は箕輪城に籠り、これを撃退した。翌永禄元年、今度は信玄自ら大将となって侵攻してきたが、業政は夜襲によってこれを退けた。

永禄3年になると先に記したように景虎が越後から上野に入り、業政は箕輪衆や厩橋長野氏を率いて参陣している。
一方信玄は、西上野において長野氏と並ぶといわれる小幡憲重を召し抱えた。憲重は業政の二女が嫁した小幡景定の兄で、国峰城主であった。
業政は娘婿の景定と図って憲重を追放し、景定を国峰城主として西上野の安定を得たのである。信玄は憲重を召し抱えて信貞と改名させ、上野侵攻の先兵とした。

信玄は永禄4年(1561年)に国峰城を陥として信貞を城主に復帰させ、さらに小幡一族を高田繁頼の拠る菅原城も攻略した。
続いて信玄は同年5月に2万の軍勢で鷹留城を攻め、箕輪城を囲んだが、箕輪城内では一大事が起きた。業政が病死したのだ。
結局武田軍は箕輪城を陥せずに甲斐に戻ったが、こののち業政亡き後の長野氏は武田に蚕食されていく。

箕輪落城

業政の跡は子の業盛が家督を継いだが、僅か14才であり、信玄の敵ではなかった。この事態に吾妻郡の国人衆が動揺をきたし、国人の間に争いが起きた。
その結果、武田氏に接近するものも現れ始めた。永禄7年(1564年)になると和田城の和田業繁が離反し、これにより箕輪城との連絡を断たれた倉賀野城が武田軍に陥とされた。
さらに安中忠政の安中城と忠政の子の忠成が守る松井田城も、信玄に攻め落とされた。そして永禄9年(1566年)になると武田軍による箕輪城総攻撃が始まった。

長野方は安中の若田原で武田軍を迎え撃った。このとき武田軍は2万5千とも2万ともいわれ、対する長野方は千5百程度だったようだ。
両軍の間で激戦が展開されるが、この間に信玄の本陣から那波無理之助が200を率いて、烏川左岸にあった高浜砦を奇襲した。
高浜砦の守将鷺坂長信は箕輪城に詰めていたが、急を聞いて駆けつけ、那波軍と白岩観音付近で激突した。

この合戦に那波軍が勝利した結果、箕輪城と鷹留城の連絡は絶たれ、箕輪城は孤立した。若田原でも圧倒的に数が勝る武田軍が勝利し、箕輪城に対する攻撃も激しくなった。
ついに城主業盛は自害した。箕輪軍記では業盛は持仏堂に入り、父業政の位牌を三拝し、「陽(はる)風に 氷肌(むめ)も桜もちり果てて、名こそ残れるみのわの郷かな」と辞世をよみ、念仏を三遍唱えて自害したとする。
また家臣たちも追腹を切ったとされるが、一方で武田氏に抱えられた者も多かった。箕輪城は落城し、信玄は内藤修理亮昌豊を入れて支配させた。
また鷹留城主であった長野業通は越後に逃げた。厩橋長野氏は景虎に従っていたが、その後に理由は不明ながら景虎に厩橋城を召し上げられて改易されたという。

参考文献:箕輪城と長野氏(戎光祥出版)、歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ

武家・大名録の表紙に戻る
歴史の勉強

Last modified -