歴史の勉強

戦国期に豊後の大友氏、薩摩の島津氏とともに、九州で覇を唱えた肥前龍造寺氏は、大宰府官藤原氏の一族高木氏から出ているといわれ、鎌倉時代に肥前佐嘉郡龍造寺村の地頭職に補任され龍造寺氏を称したとされる。
二次に渡った蒙古来襲の際にも活躍し、南北朝期には名族少弐氏に従い有力国人に成長した。やがて少弐氏が衰退すると、それに変わって龍造寺家氏が肥前の最有力者となった。しかし謀略により一族の多数を失い、家氏も肥前を追われたが、隆信が当主となると肥前に復し、肥前最大の領主となった。
その後九州は、大友氏、島津氏と龍造寺家氏が鼎立する時代となり、龍造寺家氏は五州二島の太守といわれる最盛期を迎えた。しかし隆信が島原合戦で島津氏に敗れて戦死し、その子政家は豊臣秀吉の九州入りの際に臣下となり肥前七郡の領有を認められた。
しかし実権は重臣鍋島直茂に移り、秀吉も直茂の才を認めて龍造寺家の支配者として扱い、次第に龍造寺は名目だけの存在となり、関ヶ原後は完全に鍋島家にとって変られる。

龍造寺氏の出自と鎌倉・南北朝期の北九州
  ●龍造寺氏の出自と鎌倉期の北九州
  ●南北朝期の竜造寺氏

龍造寺氏の台頭と家兼の時代
  ●室町前期の北九州情勢
  ●少弐氏の衰退と龍造寺氏
  ●龍造寺家兼の時代

戦国大名龍造寺隆信
  ●隆信の家督継承と龍造寺の統一
  ●今山合戦と肥前統一
  ●五州二島の太守隆信の死

龍造寺から鍋島へ
  ●鍋島直茂への権力移譲
  ●その後の龍造寺氏


龍造寺氏主要人名事典

少弐氏のページ
鍋島氏のページ

龍造寺氏略系図

参考文献:戦国大名系譜人名事典西国編(新人物往来社)、九州の名族興亡史(新人物往来社)、史伝鍋島直茂(学研M文庫)、歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ

武家・大名録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -