歴史の勉強

宇多天皇の流れを組むとされる佐々木氏は、やがて大原氏、高島氏、六角氏、京極氏に分かれたが、六角氏は佐々木氏の惣領家である。
鎌倉時代から佐々木氏が守護を務めた近江の守護を代々継承するが、室町幕府の守護抑圧政策と内紛により弱体化し、同族の京極氏とも対立する。室町中期以降は近江南半国を抑えるだけとなり、堅城観音寺城に拠ったが織田信長により滅ぼされてしまう。

(一)六角氏の成立ち

(二)鎌倉から南北朝期の六角氏

(三)幕府の干渉と文安の内紛

(四)家督の混乱と応仁の乱

(五)六角高頼の時代

(六)六角氏の終焉

六角氏歴代当主


六角氏略系図(丸数字は六角宗家歴代、なお六角氏の系図にはほかにも説があります)

参考文献:戦国大名系譜人名事典西国編(新人物往来社)、室町幕府守護職家事典(新人物往来社)、近畿の名族興亡史(新人物往来社)、守護・戦国大名事典(東京堂出版)、歴史と旅平成9年9月臨時増刊守護大名と戦国大名、関連ホームページ

武家・大名録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -