歴史の勉強

宇多天皇の流れを組むとされる佐々木氏は、やがて大原氏、高島氏、六角氏、京極氏に分かれた。惣領家は六角氏であったが、京極氏も法名の道誉の方が有名な京極高氏が足利尊氏に忠誠を尽くし、室町幕府では四職家の一になり、六角氏を凌ぐほどの有力大名となる。
しかし、六角氏との対立や家督を巡る内紛、さらに守護であった出雲では尼子氏が、勢力圏であった北近江では浅井氏が台頭して京極氏は零落する。
しかし豊臣秀吉の近江進出によって、秀吉に召し出されて大名として復活し、関ヶ原役でも東軍に与して江戸時代には小大名ながら名跡を保つ。

T.室町期の京極氏
    ●京極氏の出自
    ●道誉の活躍
    ●四職家の一として
    ●内紛と衰退

U.織豊期と関ヶ原
    ●織豊期の京極氏
    ●京極氏と関ヶ原

V.室町期から織豊期の京極氏歴代当主
    ●京極高氏から戦国初期の持清まで
    ●京極氏の分裂抗争期から豊臣時代まで

W.江戸期の京極氏
    ●江戸期の京極氏概説
    ●京極高次系宗家当主 (近江大津→若狭小浜→出雲松江→播磨龍野→讃岐丸亀)
    ●多度津京極家当主 (高次系分家・讃岐多度津)
     ●京極高知系宗家当主 (信濃飯田→丹後宮津)
    ●豊岡京極家当主 (高知系分家・丹後田辺→但馬豊岡)
    ●峰山京極家当主 (高知系分家・丹後峰山)


京極氏略系図(青丸数字は京極家歴代、江戸期以降は省略)

参考文献:戦国大名系譜人名事典西国編(新人物往来社)、室町幕府守護職家事典(新人物往来社)、近畿の名族興亡史(新人物往来社)、守護・戦国大名事典(東京堂出版)、江戸三百藩主人名事典(新人物往来社)、歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ

武家・大名録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -