歴史の勉強

室町幕府の四職の一である一色家は、、清和源氏、源義家二男義国の流れを組む足利一族で、現在の愛知県幡豆郡一色町に住し一色の姓を名乗ったとされる。
一色範氏は早くから足利尊氏に仕え、初代九州探題となり、その後三代範光が若狭守護となって領国の形成に成功して一色氏の勢威を高めてその基礎を作り、さらに三河、丹後の守護ともなって四職家の一つになった。
しかし、その後領国は蚕食され、戦国期には唯一残った守護国丹後も織田信長の侵攻にさらされて失い、一色氏は滅んだ。

(一)出自〜鎮西管領時代の一色氏

(二)一色氏の発展〜守護から四職へ

(三)一色義貫の時代〜将軍義教との確執

(四)没落の始まり〜一色氏の滅亡

一色氏歴代当主


一色氏略系図(丸数字は一色宗家歴代)

参考文献:戦国大名系譜人名事典西国編(新人物往来社)、室町幕府守護職家事典(新人物往来社)、守護・戦国大名事典(東京堂出版)、歴史と旅平成9年9月臨時増刊守護大名と戦国大名、関連ホームページ

武家・大名録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -