歴史の勉強

戦国時代、丹波国八上城によりついには丹波一国に支配力を及ぼした戦国大名波多野氏の出自は諸説あるが、波多野秀長が細川氏に与して応仁の乱に功あり丹波国多紀郡を与えられたのがきっかけで、以後稙通-晴通-秀治と続くが、秀治の時に織田信長の武将明智光秀に敗れて、安土で磔刑に処され滅亡する。
波多野氏の出自 稙通の時代 晴通から秀治へ 信長の丹波侵攻 波多野氏の滅亡 波多野氏略系図と当主 


波多野氏の出自
戦国期に丹波国八上城に拠った波多野氏の出自については、
(1)相模国波多野(秦野)庄に住した藤原秀郷の後裔義通を祖とし、そののち経基の代に丹波に移り住んだとする説
(2)因幡国八上郡田公氏の一族で、秀長が丹波国多紀郡に住み、八上殿と称したという説
(3)因幡国八上郡・周知郡を領していた日下部氏が応仁の乱の際に上洛し、その後丹波に住したとする説
(4)石見の豪族吉見氏の一族吉見清秀が上洛して細川勝元に仕え、母方の姓波多野を名乗り、応仁の乱の際の戦功で丹波国多紀郡を与えられたとする説
などがあって判然としない。
いずれにしても秀長以前は不明であるが、波多野秀長ガ多紀郡に住したことは明らかである。また八上については因幡国八上郡に由来するのも間違いないようである。

稙通の時代
秀長の跡は稙通が家督を継ぐ。稙通は将軍義稙から一時を賜っており、これは細川氏との繋がりが深かったためと思われる。
すなわち、秀長が応仁の乱で細川氏率いる東軍に与して戦功を上げ、細川氏の守護国丹波多紀郡を与えられ、その子稙通の時には一旦京を追われた将軍義稙が管領細川高国と結んで将軍に復し、その際に功あった稙通に諱を与えたものであろう。
稙通は、永正12年(1515年)に朝治山に城を築き、八上城と名付けている。
大永6年(1526年)に稙通の弟香西元盛が細川(典厩家)尹賢の謀略によって自害させられた。このことで稙通とその弟で大和の柳本賢治は細川高国に反旗を翻して細川晴元と結んで、細川尹賢討伐を宣言した。

細川尹賢は稙通・賢治兄弟討伐に自ら出陣したが、賢治の拠る神尾寺城、稙通の拠る八上城で連敗。逆に翌大永7年(1527年)に山城に進出した賢治らは、桂川の戦いで尹賢・高国を破る。
高国はこの敗戦で、将軍義晴を擁して近江に逃げたために、賢治は京に入り支配権を握る。この時に稙通は子の元秀を賢治の元に従軍させていたので、元秀も賢治とともに京に入っていた。
享禄元年(1528年)から翌2年にかけて、三好元長、伊丹元扶ら敵対勢力を滅ぼした賢治らは京洛周辺をほぼ支配下に治めたが、細川高国に内通した家臣に賢治・元秀ともに暗殺されてしまう。

一方稙通はこの間八上城におり、天文2年(1533年)に細川晴国(高国弟)に与し、細川晴元の武将である赤沢景盛を丹波母坪城で討った。
しかし晴国の死後は晴元に属して各地を転戦し、天文7年(1538年)には三好政長とともに、丹波守護代内藤国貞を八木城に攻めてこれを落とし、さらに天正14年(1545年)には三好長慶とともに内藤頭勝を関城に攻めて落とし、丹波一帯を支配した。
波多野氏は細川氏の内訌を上手く利用し、時々で去就を決めて立ち回り、守護代である内藤氏が与した側と反対の勢力に味方して内藤氏を攻め、勢力を伸ばしていった。

晴通から秀治へ
丹波一帯を支配下に治めた波多野氏が、やがて三好長慶と細川晴元が対立すると、晴元に与する。そのために天文21年(1552年)4月長慶に八上城を包囲される。
この時点ではすでに稙通は亡く家督は晴通が継いでいた。この時は摂津の芥川孫十郎が晴通に味方して挙兵したために、背後を突かれるることになった長慶は退却した。
翌天文22年長慶の命で松永久秀が八上城を再攻、弘治元年(1555年)にも三好政長が攻めたがその都度撃退している。
しかし弘治3年(1557年)10月長慶はついに八上城を落とし、八上城には松永久秀の甥の松永孫六が入城した。
晴通のその後の消息は明らかではない。

晴通の跡は秀治が継いだ。秀治は晴通の子で元秀の養子になったという説と、一族の秀行の子で晴通の養子になったという説がある。
いずれにせよ波多野の家督を継いでいた秀治は、永禄9年(1566年)に松永久秀に奪われていた八上城を奪回、翌永禄10年には三好長慶らと戦って、丹波一国を支配下に治めるほどの力を持った。
永禄11年(1568年)織田信長が最後の足利将軍となる足利義昭を擁して上洛し、丹波にも織田氏の影響力が及び始めると、秀治は信長に降り引き続き丹波の支配を許される。

信長の丹波侵攻
やがて信長が義昭と対立すると、赤井氏や荻野氏などの丹波国人衆は義昭に与した。この動きに対し信長は明智光秀に命じて丹波の反対勢力を討伐させた。
光秀は天正3年(1575年)に丹波に入り反信長勢力の討伐を開始、この際波多野秀治は光秀に属して黒井城の荻野直正を攻めている。
しかし翌天正4年正月、秀治は突如として光秀に叛く。この謀反は丹波での支配力強化を狙う秀治に対して、信長勢力の伸張を嫌う毛利氏が働きかけを行ない、おきたものとされる。

この秀治の謀反に光秀の作戦は中止せざるを得ず、ここに波多野氏は再び丹波での支配権を取り戻す。天正5年(1577年)になると再び織田軍が大きく動く。
中国筋に羽柴秀吉を司令官とする大軍を派し毛利氏との直接対決を目指した。その際に脅威となる丹波・丹後方面も同時に討伐することとなり、明智光秀・細川藤孝が丹波攻略に再攻してきた。
まず丹波の入口にある亀山城を落として攻略基地とした。翌天正6年に光秀は八上城攻めにかかるが、この過程で播磨の三木城に拠る別所長治が謀反を起こす。
長治とは姻戚である秀治は氷上城の一族波多野宗長とともに長治を支援した。このために光秀は一時八上城攻めの延期を余儀なくされ、播磨三木に向かう。

波多野氏の滅亡
しかし天正6年(1578年)12月になると光秀は再度八上城を包囲し、秀治は籠城するが糧食が尽き、天正7年(1579年)6月弟秀尚とともに降伏し、開城した。秀治・秀尚兄弟は安土に送られ磔刑に処された。
また八上城開城の一ヵ月前に氷上城に拠る一族の波多野宗長・宗貞父子も攻められて自刃しており、ここに丹波一国を支配した波多野氏は滅亡した。
氷上城を本拠とする波多野氏は西波多野氏とも呼ばれ、秀長の弟秀綱から続くとされるが、確証はない。宗高の時に丹波に移り氷上城を居城とし、氷上殿と呼ばれ宗家を援けて丹波支配に協力した。

光秀の八上城攻めの際の有名な話に、なかなか陥落しない八上城に対し光秀は自分の母を人質として八上城に入れ、波多野秀治・秀尚に開城させた。
秀治・秀尚は安土に送られるが助命されるはずであった。ところが信長は秀治兄弟を磔にし、為に光秀の老母は八上城兵に磔にされ晒された。
これを恨んで光秀は後年信長に叛き本能寺に攻めるというのだが、話としては面白いが信憑性は薄い。

波多野氏略系図
波多野氏の系図については諸説あって一定せず、戦国大名系譜人名事典橋詰茂氏作成のものを掲載



波多野稙通 はたのたねみち
生没年不詳

波多野秀長の子で与兵衛、備前守と称す。永正12年(1526年)に丹波国朝治山に八上城を築く。はじめ細川高国に従ったが、゙弟香西元盛が細川尹賢によって自害させられたために、もう一人の弟大和の柳本賢治とともに細川晴元と結び細川尹賢と細川高国に反旗を翻す。
その後細川晴国と結び、天文7年(1528年)に守護代内藤氏を攻めて、丹波一国を支配下に置く。稙通は細川氏の内訌を巧みに利用して勢力を伸ばしていった。

波多野晴通 はたのはるみち
生没年不詳

波多野稙通の子で与兵衛と称す。細川晴元と結び三好長慶に抵抗した。そのために天文22年(1553年)から弘治元年(1555年)にかけて三好勢に数度にわたり八上城を包囲され、弘治3年(1557年)10月長慶に八上城を落とされた。
八上城には松永久秀の甥の松永孫六が入城し、晴通のその後の消息は明らかではない。

波多野秀治 はたのひではる
?〜1579(?〜天正7)

幼名千熊、左衛門大夫を称す。晴通の子で先々代の稙通の子の元秀の養子になったという説と、一族の秀行の子で晴通の養子になったという説がある。
いずれにせよ波多野の家督を継いでいた秀治は、永禄9年(1566年)に松永久秀に奪われていた八上城を奪回、翌永禄10年には三好長慶らと戦って、丹波一国への影響力を回復した。
永禄11年(1568年)織田信長に降ったが、その後信長に謀反し、丹波・丹後の敵対勢力平定の為に丹波に侵攻してきた明智光秀を攻めた。
そのために光秀に八上城を包囲され、籠城するが糧食が尽き、天正7年(1579年)6月弟秀尚とともに光秀に降伏した。秀治・秀尚兄弟は安土に送られ磔刑に処された。

参考文献:戦国大名系譜人名事典(新人物往来社)、歴史読本・歴史と旅各誌
武家・大名録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -