歴史の勉強

畠山氏は頼朝の股肱だった畠山重忠が有名だが、頼朝死去ののち重忠は謀により誘 い出され、二俣川の合戦で討たれた。
その後、足利義兼の庶子義純が重忠未亡人と再婚し、名門畠山姓を継いだ。これにより平氏だった畠山氏は源氏となった。
足利尊氏の挙兵により、源姓畠山氏も尊氏に従い活躍し、室町時代になると惣領家 の畠山高国は奥州探題として下向、しかしその後は振るわず二本松に定着して地方大名化した。
一方、京には高国の弟貞国が残り、室町幕府で次第に重きをなし数ヶ国の守護を兼ね、さらに三管領家の一となり、事実上畠山宗家となった。この宗家から能登畠山氏が分かれる。
しかし宗家は相続問題から内訌が起こり、やがて応仁の乱に発展、戦国末期まで抗争を続け、弱体化して滅亡する。 能登畠山氏は当主が能登に住したこともあって、守護大名から戦国大名化したが、 上杉謙信により滅ぼされた。

畠山氏の出自と概要

日向畠山氏

二本松畠山氏
   ●二本松畠山氏歴代について

河内畠山氏
   ●河内畠山氏関連年表
   ●河内畠山氏歴代当主
   ●河内畠山氏の家臣について
   ●畠山氏守護時代の越中

能登畠山氏
   ●能登畠山氏主要家臣
   ●能登畠山氏歴代当主
   ●七尾城訪問記

参考文献:室町幕府守護職家事典(新人物往来社)、北陸の名族興亡史(新人物往来社)、守護・戦国大名事典(東京堂出版)、戦国大名系譜人名事典(新人物往来社)、歴史群像シリーズ応仁の乱(学研)、歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ

平20.12.30…能登畠山氏に七尾城訪問記を追加

武家・大名録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -