歴史の勉強

蘆名氏は室町期に会津守護として現れ、戦国期には伊達氏と並び称されるほどの勢力を誇った。その最盛期は天文年間の盛氏の時代であるが、盛氏が退いたあとは相次いで当主が早世し、やがて伊達氏との抗争に敗れて歴史の表舞台から消え去った。
その蘆名氏は関東の名族三浦氏からの分流である。三浦一族は源頼朝の奥州合戦に参陣し、豪勇でなる一族の佐原義連が会津に所領を与えられた。のちに三浦宗家は宝治合戦で滅亡するが佐原氏は存続し、蘆名を名乗った光盛の系統が会津に移り戦国大名化していったのである。

(一)相模の名族三浦氏

(二)相模から会津へ

(三)戦国大名への道

(四)戦国大名蘆名氏

蘆名氏歴代当主


蘆名氏略系図(数字は蘆名宗家歴代)

参考文献:東北の名族興亡史(新人物往来社)、戦国大名系譜人名事典西国編(新人物往来社)、三浦・会津蘆名一族(新人物往来社)、会津芦名四代(歴史春秋社)、歴史と旅平成9年9月臨時増刊守護大名と戦国大名、関連ホームページ

武家・大名録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -