歴史の勉強

戦国時代越前に覇を唱え、最後は織田信長に滅ぼされた朝倉氏は、但馬日下部氏の分流八木氏の流れとされ、実質的に越前朝倉氏の祖とされる広景が足利尊氏のもとに参じ、足利一族の斯波高経に属したのが、戦国大名になるきっかけであった。
斯波氏が越前守護となると、朝倉氏はその下で数々の合戦に参陣して活躍、とくに孝景は応仁の乱の影の立役者であった。
斯波氏が応仁の乱で没落し、また越前守護代であった甲斐氏も当主の死をきっかけに衰退し、朝倉孝景が越前の実権を握り、以後氏景、貞景、孝景、義景と五代に渡って越前守護として君臨した。
朝倉義景は室町幕府最後の将軍足利義昭を庇護し、将軍を押し立てて上洛するチャンスもあったが、結局織田信長にその機を奪われた。以後、反信長包囲陣の一角を受け持ち、北近江の浅井氏とも結んで信長に抵抗したが、最後は信長に滅ぼされた。
越前での本拠であった一乗谷は遺跡の保存状態がよく、その発掘が進んでいることでも有名。

(一)草創の時代

(二)英林孝景の時代
    その一、長禄合戦
    その二、応仁の乱

(三)朝倉貞景の時代


(四)宗淳孝景の時代

(五)朝倉義景と朝倉氏の滅亡
    その一、義景時代の初期
    その二、朝倉氏の滅亡
    
越前朝倉氏歴代当主

朝倉氏関連年表

朝倉氏の一族

一乗谷朝倉氏遺跡


朝倉氏略系図(丸数字は朝倉宗家歴代 朝倉景垙は変換不能)

参考文献:越前朝倉一族・新装版(新人物往来社)、朝倉義景のすべて(新人物往来社)、戦国大名系譜人名事典西国編(新人物往来社)、北陸の名族興亡史(新人物往来社)、室町幕府守護職家事典(新人物往来社)、越前朝倉氏一乗谷(福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館)、復原一乗谷(福井県立一乗谷朝倉氏遺跡資料館)、歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ

平19.9.18…朝倉氏のページを開設
平21.9.24…一乗谷朝倉氏遺跡を城郭訪問記に移設のうえ改訂

武家・大名録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -