歴史の勉強

戦国期に出雲を中心に、山陰から山陽にかけて覇を競った尼子氏は、宇多源氏に連なる近江佐々木氏の流れである。その起こりも近江国犬上郡尼子郷といわれる。佐々木道誉の孫の高久が、その地に住したことで尼子氏を名乗った。
高久の子の持久が出雲に移ったとされ、これが雲州尼子氏のはじまりとされる。持久の子の清定、さらにその子の経久と相伝しつつ勢力を伸ばして、典型的な戦国大名に成長したが、大内氏や毛利氏との戦いや一族の内紛で疲弊し、毛利氏により滅ぼされた。
その後、忠臣山中鹿介幸盛らによって一族の尼子勝久が、織田信長の後援を得て再興を目指すも果せず、悲劇の一族ともいわれている。

(一)雲州尼子氏の成立


(二)尼子氏の成長


(三)尼子経久の活躍


(四)戦国大名として


(五)尼子滅亡


(六)尼子再挙


尼子氏略系図(赤数字は尼子宗家代数)

参考文献:出雲尼子一族・新装版(新人物往来社)、戦国ロマン広瀬町シリーズ3・尼子物語(ハーベスト出版)、尼子経久(中村整史朗・PHP文庫)、戦国大名系譜人名事典西国編(新人物往来社)、中国の名族興亡史(新人物往来社)、歴史読本・歴史と旅各誌、関連ホームページ

武家・大名録の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -