歴史の勉強
テーマ別学習・関ヶ原
武功派七将の三成襲撃

石田三成を襲撃した七将は、加藤清正、浅野幸長、蜂須賀家政、福島正則、藤堂高虎、黒田長政、細川忠興の7人だが、池田輝政や加藤嘉明、脇坂安治などを入れている史書もあり、文献によって違う。
しかし、いずれも朝鮮での戦闘行動や論功行賞などで、三成に恨みのある武功派の武将達だったことは間違いない。たとえば加藤清正は三成が秀吉に対してした報告がもとで、秀吉から叱責を受け謹慎蟄居を命ぜられた。

清正はその生母が秀吉の母親と従妹であったことから、親戚筋の秀吉に仕えた信長在世中からの秀吉子飼いの武将であった。
その清正にしてみれば、最前線で苦労をしたのに三成の讒言で、父親代わりに育ててくれた秀吉から叱責を受けてしまった。憎きは光成としか考えられなかった。ほかの6人もいずれも大なり小なり三成に恨みを抱いていた。

7人は慶長4年(1599年)閏3月3日の前田利家の葬儀のときを狙って、大坂で決起し三成を襲撃したが、事前に三成は情報を察知し、そこに佐竹義宣が伏見から駆けつけてきた。三成と懇意だった佐竹義宣は女乗り物(女性が乗る輿)に光成を乗せ、取りあえず宇喜田家の屋敷に行き、その後佐竹義宣と三成は伏見に向かった。
伏見城には治部少輔丸と呼ばれる三成が管理を担当する曲輪(城内の区画)があった。当時の伏見城の曲輪は各奉行が管理を担当していたようで、ほかにも右衛門丸(増田右衛門尉長盛の管理区画)や大蔵丸(長束大蔵大輔正家管理区画)などもあったようである。
その治部少輔丸には石田家の伏見屋敷もあり、三成はここに入ったようである。そこを三成を追ってきた七将に囲まれた。

三成に付き添ってきた佐竹義宣は伏見城から少し離れた向島にあった徳川屋敷に行き事態の解決を依頼した。
大老筆頭の家康としても立場上事態の収拾に動くのは当然であり、七将に兵を引かせると同時に三成を隠居させたのである。

伏見でのこの件は光成が直接家康の屋敷に助けを求め、窮鳥懐に入ればと家康が三成を救ったことになっていたが、これはフィクションとしては面白いが事実ではない。
長い間事実が如く扱われていた原因は、単に旧陸軍参謀本部編纂の「日本戦史関原役」と徳富蘇峰「近代日本国民史・関原役」になぜか三成が家康のもとを訪れたと記述されていたからであるという。(JPM #0001)

関ヶ原通史に戻る
歴史の勉強
Last modified -