歴史の勉強
テーマ別学習・関ヶ原各地の大名の動向と戦後処置

東海、甲信の大名の動向と戦後処置

東海道筋は、当時の国名では東から駿河・遠江・三河・尾張と続く。駿遠三の三国は三河で興った家康の領地だったが、秀吉は家康に関東移封を命じ、その後豊臣恩顧といわれた諸将をずらりとここに封じた。
駿府には中村一氏、遠江掛川に山内一豊、同浜松に堀尾吉晴、三河吉田に池田輝政、同岡崎に田中吉政、尾張に入り清洲には福島正則という具合だった。
石高は最も高い福島正則で24万石、池田輝政が15万2千石、中村一氏が17万5千石、堀尾吉晴が12万石などとなっており、ほかは10万石以下であった。
しかしいずれも秀吉に引き立てられた家ばかりで、しかも武にすぐれた者が多く、これはあきらかに江戸の家康の上洛阻止シフトであった。

だが、関ヶ原ではこれら諸将は一人残らず東軍に属した。それどころか正則と輝政は、小山評定で対西軍戦の先鋒を命じられ嬉々として東海道を西に向かったし、ほかの諸将も評定の席で先を争うように自城を家康に提供することや、兵糧を供出することを申し出た。
そのために家康は安心して西に向かえたし、結果的に移封前の地をそっくり手に入れてしまった。これらの諸将は関ヶ原で活躍した者も多く、戦後大幅な加増を受けた。
福島正則は安芸広島49万8千石に、池田輝政は播磨姫路52万石に、山内一豊は土佐一国20万2千石に、堀尾忠氏(吉晴は隠居し子の忠氏が継ぐ)は出雲松江24万石に、そして田中吉政は佐和山城攻めにも加わったほかに石田三成を捕らえ岡崎10万石から筑後柳河32万5千石に加増された。
見てもわかるように大幅な加増ではあったが、同時にいずれも遠隔地への転封をともなっていた。豊臣恩顧の諸将を東海道筋から遠ざけた家康は、その後に家康の家臣たちを封じた。これで家康は江戸から京・大坂まで他人の土地を通らずに行けるようになった。

甲斐は武田氏の滅亡後は、家康領だったが家康の関東移封後は五奉行の一人浅野長政が領した。関ヶ原当時は長政が隠居し、そのあとを幸長が継いでいた。幸長はバリバリの武功派で三成とはそれがあわず東軍についた。戦後紀伊和歌山37万6千石に加増転封。
信濃、美濃、飛騨は少禄の諸将が多く、信濃、飛騨では東軍側、美濃では西軍側に属した者が多かった。その中で特筆すべきは信濃上田の真田昌幸と美濃岐阜の織田秀信。
真田は上野沼田2万7千石が東軍に付いたが、その父である昌幸は西軍に属した。上田城に籠り中仙道を進んだ徳川秀忠軍と交戦。数倍の敵を翻弄し、そのあげく秀忠を関ヶ原に遅参させた。
岐阜の織田秀信は幼名三法師、信長の孫にあたる。秀吉は信長が本能寺で倒れたあと三法師の後見役をすることで天下人への糸口を掴んだ。その恩義からか秀信には岐阜13万石を与えて優遇した。
秀信は会津討伐に従軍の予定だったが、もたもたするうちに西軍に組み込まれてしまい岐阜に在城、関ヶ原本戦前に東軍に攻められて降伏した。

伊勢は小領主に分かれていて、西軍と東軍が入り乱れていた。伊勢国内最高の石高をもつ安濃津の富田信高は東軍に属し、安濃津城に籠城、これを西軍が攻めた。
結局安濃津城は降伏した。関ヶ原本戦の20日ほど前のことである。信高は剃髪し高野山に入った、のちに家康の許され加増までされた。
志摩は小国であったが、ここは水軍の将として名を馳せた九鬼氏の本拠だった。九鬼氏は親子が東西に分かれて戦った。父嘉隆は西軍、子守隆は東軍であった。親子の間に合戦が起ったが、その間に関ヶ原本戦で東軍が勝利。そのために家は残ったが、嘉隆は戦後自刃した。

東海、甲信の大名の動向と戦後処置
国名城地大名禄高(万石)動向と戦後処置新領(万石)
甲斐府中 浅野幸長 22.5 会津討伐に参陣し岐阜城攻撃・本戦参加、紀伊和歌山37万6千石に加増転封 37.6
信濃海津 森忠政 13.7 会津討伐に参陣、秀忠に従軍し真田(昌幸)と交戦、所領安堵 13.7
上田 真田昌幸 6.5 徳川秀忠と交戦、所領没収 ×
小諸 仙石秀久 5.7 会津討伐に参陣、秀忠に従軍し真田(昌幸)と交戦、所領安堵 5.7
松本 石川康長 6.0 会津討伐に参陣、秀忠に従軍し真田(昌幸)と交戦、所領安堵 6.0
高島 日根野吉明 2.8 不明、慶長6年幼少により下野壬生に減知転封 1.0
飯田 京極高知 15.0 会津討伐に参陣し岐阜城攻撃・本戦参加、丹後宮津12万3千石に加増転封 12.3
飛騨高山 金森長近 3.8 会津討伐に参陣し本戦参加、美濃上有知6万1千石に加増転封 6.1
美濃苗木 河尻秀長 1.0 伏見城攻撃後行動不明 ×
岩村 田丸直昌 4.0 会津討伐に参陣し小山評定で西軍につく、本戦参加後敗走、所領没収 ×
郡上八幡 稲葉貞通 4.0 郡上八幡で東軍と交戦するも降伏、以後東軍として行動、所領安堵 4.0
小原 遠藤慶隆 1.3 郡上八幡城攻撃、本戦参加、美濃郡上八幡2万7千石に加増転封 2.7
上有知 佐藤方季 2.5 岐阜城下で東軍と交戦、所領没収 ×
岐阜 織田秀信 13.5 岐阜城下で東軍と交戦、所領没収 ×
北方 木村由信 2.5 大垣城に籠城し相良長毎ら寝返り組と交戦し戦死、所領没収 ×
黒野 加藤貞秦 4.0 犬山城を守備したが東軍に帰順、以後東軍として行動し大垣城を攻撃、所領安堵 4.0
曽根 西尾光教 2.0 会津討伐に参陣し岐阜城攻撃・大垣城攻撃、美濃揖斐3万石に加増転封 3.0
福東 丸毛兼利 2.0 東軍と交戦、西軍敗北で逃亡 ×
多良 関一政 3.0 犬山城を守備したが東軍に帰順、以後東軍として行動大垣城を攻撃、伊勢亀山に転封 3.0
今尾 市橋長勝 1.0 会津討伐に参陣し本戦参加、1万石加増 2.0
松ノ木 徳永寿昌 3.0 会津討伐に参陣し本戦参加、美濃高須5万石に加増転封 5.0
竹ヶ鼻 杉浦重勝 1.0 岐阜城下で東軍と交戦、岐阜城陥落時に自刃、所領没収 ×
高須 高木盛兼 1.0 高須に籠城し東軍に攻略され所領没収 ×
垂井 平塚為広 1.2 伏見城攻撃後本戦参加、東軍に内応したが戦死、所領没収 ×
席田 大島光義 1.2 会津討伐に参陣、美濃関1万8千石に加増転封 1.8
清水 稲葉通重 1.2 郡上八幡で東軍と交戦するも降伏、以後東軍として行動し水口城攻撃、所領安堵 1.2
大田 原勝胤 3.0 大田に在城し長島城を牽制、西軍敗北で逃亡 ×
駿河府中 中村一氏 14.5 一氏重病のため子の一栄が名代として会津討伐に参陣し本戦参加
一氏病死後子一忠が伯耆米子17万5千石に加増転封
17.5
遠江掛川 山内一豊 5.1 会津討伐に参陣し岐阜城攻撃・本戦参加、土佐浦戸20万2千石に加増転封 20.2
横須賀 有馬豊氏 3.0 会津討伐に参陣し本戦で大垣城への備え、丹波福知山6万石に加増転封 6.0
久能 松下重綱 1.6 会津討伐に参陣し岐阜城攻撃、所領安堵 1.6
浜松 堀尾吉晴 12.0 会津討伐に参陣し岐阜城攻撃・本戦参加、出雲松江24万石に加増転封 24.0
三河吉田 池田輝政 15.2 会津討伐に参陣し岐阜城攻撃・本戦参加、播磨姫路52万石に加増転封 52.0
岡崎 田中吉政 10.0 会津討伐に参陣し岐阜城攻撃・本戦参加、石田三成捕縛、筑後柳河32万石に加増転封 32.0
刈谷 水野忠重 3.0 会津討伐に参陣し大垣城攻撃、所領安堵 3.0
尾張犬山 石川貞清 12.0 犬山城に籠城し、犬山開城後本戦参加、所領没収 ×
清洲 福島正則 24.0 会津討伐に参陣し岐阜城攻撃・本戦参加、安芸広島49万8千石に加増転封 49.8
黒田 一柳直盛 3.0 会津討伐に参陣し岐阜城攻撃・本戦参加、伊賀神戸5万石に加増転封 5.0
中島郡内 河口宗勝 1.8 伏見城攻撃参加、所領没収 ×
伊勢長島 福島正頼 1.5 会津討伐に参陣し桑名城攻撃、大和松山3万石に加増転封 3.0
桑名 氏家行広 2.2 桑名城籠城後降伏、所領没収 ×
神戸 滝川雄利 2.0 神戸城籠城後降伏、所領没収 ×
亀山 岡本良勝 2.2 亀山籠城後降伏自刃、所領没収 ×
上野 分部光嘉 1.0 会津討伐に参陣し帰国後安濃津籠城
開城後高野山に入るが本戦後赦免され5千石加増
1.5
安濃津 富田信高 6.0 会津討伐に参陣し帰国後安濃津籠城
開城後高野山に入るが本戦後赦免され2万石加増
8.0
松坂 古田重勝 3.5 会津討伐に参陣し帰国後安濃津城攻防戦に参加、2万石加増 5.5
岩手 稲葉道通 2.7 九鬼(嘉隆)と交戦、伊勢田丸4万5千石に加増転封 4.5
竹原 山崎定勝 1.0 大坂城守備後安濃津城攻撃参加、所領没収 ×
井生 松浦宗清 1.0 伏見城攻撃後大津城攻撃中に戦死、所領没収 ×
志摩鳥羽 九鬼守隆 3.0 会津討伐に参陣したのち西軍に与した父九鬼嘉隆と交戦、2万5千石加増 5.5
青は東軍、赤は西軍、緑は西軍→東軍、新領欄のうちカッコは後に新封、×は所領没収


テーマ別学習の表紙に戻る
歴史の勉強の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -