歴史の勉強
テーマ別学習・関ヶ原各地の大名の動向と戦後処置

九州の大名の動向と戦後処置

関ヶ原のころの九州は、南部の薩摩・大隈・日向に大大名島津氏がおり、中北部では筑前名島に小早川秀秋(35万7千石)、豊前中津に黒田如水・長政父子(18万石)、肥後北半部に加藤清正(25万石)南部に小西行長(20万石)など豊臣恩顧の大名が配置され、島津氏の押えをなしていた。

豊前:秀吉のブレーンであった黒田如水とその子長政が18万石で封じられていた。秀吉は如水を警戒し、天下を乗っ取りかねないと大封を与えなかった。
その子長政は武の将であったが、如水の血を引いたのか誘降や調略も比較的うまく、小早川秀秋や吉川広家の内通者との窓口であったし、福島正則を親家康に引き込み、その後も家康派に留めたのも長政の説得力が大きい。関ヶ原本戦場でも活躍し、それらの功で戦後筑前名島(福岡)に52万石の大封を得た。
長政が東軍として出征中に中津では如水が策動、兵を集めて近隣諸将を切り従えた。如水は九州を制圧後中国に上り中央に覇を唱える野望を持っていたらしいが、関ヶ原本戦がたった半日で終わってしまい、その野望は費えた。

豊後:豊後は守護大名から戦国大名に転化した大友氏が長らく治めてきたが、朝鮮出兵時に大友吉統の行動に秀吉が激怒、改易された。その後は小大名が乱立したが、西軍側の大名が多かった。
石田三成が挙兵すると、改易された大友吉統が豊後で旗を揚げ、旧家臣集め東軍諸城を攻撃しようとしたが、黒田如水の起こした軍に敗れて果たせなかった。

筑前:筑前名島には小早川秀秋がいた。小早川氏は元来、備後の豪族であたったが、毛利元就が三男の隆景を養子に入れて吉川氏とともに毛利本家を補佐する体制を作った。小早川隆景は毛利家のブレーンとしてよく本家を支えた。
秀吉はその才を認め、毛利氏から独立させて大名にしようとした。最初は断っていた小早川隆景も、権力者の要請を拒めず、九州名島で独立した。
秀吉は小早川家に自身の甥(正室ねねの兄の子)の秀秋を養子として送り込んだ。秀吉晩年に隆景は五大老との一人となり天下の政治を見たが、秀吉より早く慶長2年(1597年)に世を去った。
跡を継いだ秀秋は隆景とはくらぶべくもない凡将であった。朝鮮ではそれなりに活躍したが、行動は軽率で三成から秀吉に報告され、秀吉に叱責され32万石に減封させられた。このこともあり秀秋は三成を憎んでいた。
一方家康には、秀吉との間をとりなしてくれたこともあり、親近感を抱いていたようである。秀秋は西軍に属していたが、かなり以前より黒田長政を通じて東軍の調略の手が入り、内通していた。
本戦では高地松尾山に陣を敷き、最後の最後まで東軍内応を決断できずにいたが、最後は家康の催促もあって東軍側にたち、松尾山を駆け下り西軍の陣に攻撃をかけた。
これにより西軍は算を乱して敗走し、流れは一気に東軍に傾き、家康の勝利となった。戦後この裏切り行為により備前岡山51万石に加増転封された。

筑後:筑後柳河には立花宗茂(13万石)が、久留米には毛利秀包(13万石)がいた。宗茂は武の将で朝鮮出兵でも活躍した。関ヶ原では西軍に属し、京極高次が篭る大津城を攻撃した。大津城攻撃に手間取ったために本戦には間に合わなかった。
久留米の毛利秀包は元就の九男で小早川隆景の養子となったが、その後秀秋が隆景の養子に入ったために別家を立て、本姓の毛利に戻った家である。西軍に属し、宗茂とともに大津城攻撃に参加した。

肥前:佐賀の鍋島直茂35万7千石が一頭抜きん出ており、ほかは数万石程度の小大名が治めていた。
直茂は西軍よりであったが出征せずに在国した。その後に柳河城を攻撃し、そのために所領を安堵された。ほかの小大名も在国したものが多かった。

肥後:肥後は北半国が武功派の加藤清正(隈本25万石)、南半国が吏僚派の小西行長(宇土20万石)が治めていた。清正は東軍、行長は西軍であり、行長は本戦に参加し敗走、その後捕まり、石田三成、安国寺恵瓊とともに斬首され、その首は六条河原にさらされた。
清正は在国し行長留守の宇土城を攻め、これを開城させると北に転じ筑後の立花宗茂の柳河城を攻め始めたが、この時点で関ヶ原の結果が伝わり終戦となった。
清正が在国したのは、秀頼への思い人一倍強い清正を家康が警戒し、会津討伐に参加させなかったためという。戦後は肥後一国が清正に与えられた。

島津:南九州の大大名島津氏の関ヶ原への基本方針は静観であったようだ。もともと島津は島津、中央は中央という家風で、中央の都合で戦われる関ヶ原にも、巻き込まれたくなかったようだ。
会津討伐軍に参加するために、大坂には島津義弘が1千5百の兵を連れて向かったが、島津の国力からすればいかにも少ない兵数であり、兵も義弘の私兵であったようだ。
三成挙兵後、義弘はこのわずかな兵を連れて伏見に向かった。ここで家康方に立ち伏見に籠城する予定だったが、入城を拒否され仕方なく西軍に属して伏見を攻撃、その後本戦に臨んだ。
本戦では西軍の中央に布陣したが、開戦後は戦いをせず傍観していた。やがて西軍が敗走すると敵中突破を図り、ほとんどの兵を失ったが義弘は薩摩に帰りついた。
その後徳川家と2年近く交渉し、家康も根負けし、他の事情もあって本領を安堵された。ほかの事情とは明との国交回復であったようだ。
秀吉の朝鮮出兵によって明との貿易が止まてしまった。家康はそれを再開したかったが、明は日本を信用せず交渉は琉球を通じて行うよう伝えてきた。そのために琉球との交渉実績がある島津家を残さざるを得なかったようである。

対馬:朝鮮との国境の島対馬には、宗義智が5万石で封ぜられていた。義智は朝鮮との貿易で家を維持していて、貿易商出身の大名小西行長と仲がよく、その縁で西軍に属していた。
関ヶ原では在国し、直接戦闘には参加しなかった。戦後家康は義智の本領を安堵した。これは島津氏と同じく朝鮮との交渉窓口を維持するために処置だと言われている。

九州の大名の動向と戦後処置
国名城地大名禄高(万石)動向と戦後処置新領(万石)
豊前小倉 毛利吉成 6.0 伏見城攻撃後本戦参加するも参戦できず、所領没収 ×
中津 黒田長政 18.0 会津討伐に参陣し岐阜城攻撃・本戦参加、筑前名島52万3千石に加増転封 52.3
豊後杵築 早川長敏 3.0 大坂城守備後田辺城攻撃参加、所領没収 ×
府内 福原直高 12.0 大垣城に籠城し相良長毎ら寝返り組と交戦、所領没収 ×
臼杵 太田一吉 6.5 臼杵城籠城、所領没収 ×
中川秀成 6.6 近江瀬田橋守備後田辺城攻撃参加、所領安堵 6.6
高田 竹中重利 1.3 近江瀬田橋守備後田辺城攻撃参加、所領安堵 1.3
毛利高政 2.0 大坂城守備後田辺城攻撃参加、豊後佐伯に転封 2.0
安芸 熊谷直陳 1.5 大垣城に籠城し相良長毎ら寝返り組と交戦し戦死、所領没収 ×
富来 垣見一直 2.0 伏見城攻撃、その後大垣城に籠城し相良長毎ら寝返り組と交戦し戦死
所領没収
×
豊後の内 木村吉清 1.4 近江瀬田橋守備、所領没収 ×
豊後の内 宮城豊盛 1.0 大坂城守備、所領没収 ×
筑前名島 小早川秀秋 35.7 伏見城攻撃後本戦参加、東軍に寝返り以後東軍として行動し佐和山城攻撃
備前岡山51万石に加増転封
51.0
筑後久留米 毛利秀包 13.0 大津城攻撃、所領没収 ×
山下 筑紫広門 1.0 大津城攻撃、所領没収 ×
柳河 立花宗茂 13.2 大津城攻撃、所領没収、慶長8年陸奥棚倉に新封 (1.0)
内山 高橋直次 1.8 伏見城攻撃、所領没収 ×
肥前唐津 寺沢広高 6.3 会津討伐に参陣し岐阜城攻撃・本戦参加、5万7千石加増 12.0
佐賀 鍋島直茂 35.7 会津討伐に不参加在国、柳河城攻撃し所領安堵 35.7
平戸松浦鎮信 6.3 在国、所領安堵 6.3
大村大村嘉前 2.7 在国、所領安堵 2.7
日野江 有馬晴信 4.0 会津討伐に不参加在国、宇土城攻撃し所領安堵 4.0
福江五島玄雅 1.5 在国、所領安堵 1.5
肥後隈本 加藤清正 25.0 在国、宇土城・柳河城攻撃、26万5千石加増 51.5
宇土 小西行長 20.0 本戦参加ののち敗走、六条河原で斬首 ×
人吉 相良長毎 2.2 大垣城に籠城するも東軍に寝返りし開城、所領安堵 2.2
日向延岡 高橋元種 5.0 大垣城に籠城するも東軍に寝返りし開城、所領安堵 5.0
高鍋 秋月種長 3.0 大垣城に籠城するも東軍に寝返りし開城、所領安堵 3.0
佐土原 島津豊久 2.8 伏見城攻撃後本戦参加し戦死、所領没収 ×
飫肥 伊藤祐兵 5.7 大坂在城、大津城攻撃に参加したが東軍に内通所領安堵 5.7
薩摩鹿児島 島津義弘 55.6 伏見城攻撃後本戦参加、西軍敗北により逃亡し薩摩に帰る、所領安堵 55.6
対馬府中 宗義智 1.0 伏見城攻撃後本戦参加、所領安堵 1.0
青は東軍、赤は西軍、緑は西軍→東軍、新領欄のうちカッコは後に新封、×は所領没収


テーマ別学習の表紙に戻る
歴史の勉強の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -