歴史の勉強
テーマ別学習・関ヶ原各地の大名の動向と戦後処置

近畿の大名の動向と戦後処置

近畿北部の若狭は秀吉の正室北政所に繋がる親戚筋の木下家が治め西軍、丹後は武功派の細川忠興の領地で東軍。
細川家は足利将軍補佐役だった名家で、最後の足利将軍義昭を擁した細川幽斎が織田氏に使え、以後織田豊臣時代を着実に生き抜いた。子の忠興は三成ら吏僚とそりが合わず、世渡り上手の幽斎ともども早くから徳川に接近した。
忠興は会津討伐軍に加わり、幽斎は忠興出陣後丹後田辺の城をわずか5百余名で守って。そこに丹波を中心とする西軍1万5千が攻め込み、幽斎は籠城して西軍の攻撃に耐えた。
有数の教養人でもあった幽斎は、公家や朝廷とも広く交際しこれを武器にした。即ち古今伝授という歌道の秘伝の継承者であった幽斎は、教え子の八条宮智仁親王に死ぬ覚悟を伝え、これを聞いた親王は驚き、兄の後陽成天皇とともに助命に動いた。
最後は天皇の使いである勅使が田辺城に下向し、天皇の命で開城、幽斎は城を明け渡した。開城は9月13日、関ヶ原本戦の2日前であり、攻城軍の西軍1万5千は関ヶ原に間に合わなかった。
戦後に家康は、西軍1万5千を釘付けにした功を称し、忠興の武功と合わせ細川家を豊前に加増転封した。

近江と大和には石田三成(近江佐和山19万石)、長束正家(近江水口5万石)、増田長盛(大和郡山20万石)らの吏僚派を始め西軍諸将がほとんどであった。そのうち朽木元綱(近江朽木2万石)は本戦で西軍から東軍に寝返りし旧領を安堵された。
また京極高次(近江大津6万石)は家康が会津討伐に東下する際に大津城で休息したとき、家康に内応を約束。のちに西軍決起の際に、最初西軍方として前田利長に備えるために北国口に向かったが途中で反転、家康との約束どおり東軍について大津城に籠城。立花宗茂ら西軍1万5千を釘付けにした。
大津城は関ヶ原本戦の1日前に開城したが、西軍1万5千は本戦に参加できなかった。この1万5千が本戦に加わっていたら関ヶ原の勝敗は変わっていた可能性も高く、家康は戦後高次を若狭小浜に加増転封した。

丹波・摂津・河内・和泉・紀伊・播磨には小大名が多くあり、西東軍が入り乱れた。その中に摂津味舌1万5千石の織田長益がいた。
長益は織田信長の弟であり、戦を好まない風流人で織田有楽斎と号したが、この時は東軍に付き本領を安堵された。
また、丹波亀山には五奉行の一人前田玄以が領していたが、玄以は大坂留守居として残り、家康に西軍の情報を提供し、戦後本領安堵となった。

近畿の大名の動向と戦後処置
国名城地大名禄高(万石)動向と戦後処置新領(万石)
若狭 小浜 木下勝俊 6.2 北国口守備、所領没収 ×
高浜 木下利房 2.0 北国口守備、所領没収、元和元年備中足守に新封 (2.5)
丹後 宮津 細川忠興 17.0 会津討伐に参陣し岐阜城攻撃・本戦参加、豊前小倉39万9千石にに加増転封 39.9
近江 佐和山 石田三成 19.4 西軍首脳、本戦参加ののち敗走、六条河原で斬首 ×
水口 長束正家 5.0 安濃津城攻撃後本戦参加するも参戦できず
のち水口に籠城するも陥落させられ自刃
×
大津 京極高次 6.0 北国口を守備するが、東軍に内応し大津城籠城
若狭小浜8万5千石に加増転封
8.5
近江の内 氏家行継 1.5 兄行広の桑名城に籠城後逃亡、所領没収 ×
朽木 朽木元綱 2.0 本戦参加、東軍に寝返り以後東軍として行動し佐和山城攻撃、所領減封 0.9
近江の内 池田長吉 2.2 会津討伐に参陣し岐阜城攻撃・水口城攻撃、因幡鳥取6万石に加増転封 6.0
小河 佐久間安政 0.7 会津討伐に参陣し本戦参加、8千石加増 1.5
国友 野村直隆 2.0 伏見城攻撃参加、所領没収 ×
柏原 新庄直忠 1.4 伊賀上野城を攻撃、所領没収 ×
近江の内 樋口雅兼 1.7 行動不明、所領没収 ×
伊賀 上野 筒井定次 20.0 会津討伐に参陣し岐阜城攻撃・本戦参加、所領安堵 20.0
山城 三牧 津田信成 1.3 会津討伐に参陣し岐阜城攻撃・本戦参加、所領安堵 1.3
大和 郡山 増田長盛 20.0 大坂在城、伏見城攻撃・大津城攻撃には代理を派遣、所領没収 ×
宇陀 多賀秀種 2.0 大坂城守備後大津城を攻撃、所領没収 ×
高取 本多利久 2.5 会津討伐に参陣し本戦参加、所領安堵 2.5
大和の内 宇多頼忠 1.3 佐和山籠城後自刃、所領没収 ×
大和の内 横浜茂勝 1.7 大坂城守備後大津城を攻撃、所領没収 ×
岸田 岸田忠氏 1.0 本戦参加、所領没収 ×
摂津 高槻 新庄直頼 3.0 伊賀上野城を攻撃、所領没収、慶長9年常陸麻生に新封 (3.0)
味舌 織田長益 1.5 会津討伐に参陣し本戦参加、3万石加増 4.5
三田 山崎家盛 2.3 田辺城攻撃参加、因幡若桜3万石に加増転封(強制参加だったため) 3.0
有馬 有馬則頼 1.0 会津討伐に参陣し本戦参加、1万石加増 2.0
河内 狭山 北条氏盛 1.1 会津討伐に参陣し本戦参加、所領安堵 1.1
和泉 岸和田 小出秀政 3.0 大坂在城、子秀家が東軍に参加し戦功あり赦免され所領安堵 3.0
紀伊 和歌山 桑山重晴 4.0 在国し新宮城攻撃、戦後致仕し所領は孫一晴が継ぐ 4.0
新宮 堀内氏善 2.7 伊勢口守備後新宮籠城、開城後逃亡、所領没収 ×
田辺 杉若氏宗 1.9 大坂城守備後大津城攻撃、所領没収 ×
丹波 園部 別所吉治 1.5 大坂城守備後田辺城攻撃参加、所領安堵(弟孫二郎が東軍に属し戦功あり) 1.5
山家 谷衛友 1.6 大坂城守備後田辺城攻撃参加、所領安堵(細川幽斎野の取り成しによる) 1.6
福知山 小野木重次 4.0 田辺城攻撃参加
のちに細川忠興らに居城福知山城を攻撃され開城後自刃、所領没収
×
亀山 前田玄以 5.0 大坂在城、所領安堵 5.0
柏原 織田信包 4.0 大坂城守備後田辺城攻撃参加、所領安堵 4.0
多紀郡内 生熊長勝 2.0 犬山城籠城、所領没収 ×
天田郡内 石川貞通 1.2 大坂城守備、所領没収 ×
丹波の内 木下俊定 1.0 大津城攻撃、所領没収 ×
上林 藤掛永勝 1.5 大坂城守備後田辺城攻撃参加、所領安堵 1.5
丹波の内 高田治忠 1.0 大坂城守備後田辺城攻撃参加、所領没収 ×
播磨 姫路 木下家定 2.5 高台院守護、備中足守に転封 2.5
加古川 加賀屋真雄 2.0 伏見城攻撃後本戦参加、所領没収 ×
播磨の内 木下延重 2.0 伏見城攻撃、所領没収 ×
三木郡内 木下延俊 2.0 在国の後福知山城攻撃、豊後日出3万石に加増転封 3.0
播磨の内 片桐且元 1.0 大坂在城、大和竜田2万8千石に加増転封 2.8
播磨の内 片桐貞隆 1.0 大坂在城、大和に転封 1.0
加東郡内 石川頼明 1.2 伏見城攻撃・大津城攻撃、所領没収 ×
青は東軍、赤は西軍、緑は西軍→東軍、新領欄のうちカッコは後に新封、×は所領没収


テーマ別学習の表紙に戻る
歴史の勉強の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -