歴史の勉強
テーマ別学習・関ヶ原各地の大名の動向と戦後処置

関東の大名の動向と戦後処置

小田原で覇を唱えていた戦国大名の後北条氏が秀吉に滅ぼされ、そのあとに東海地方から徳川家康が移封されて以来、関東は徳川家のお膝元であった。
関八州といっても常陸(茨城県)には名族の佐竹氏が戦国大名化して、常陸から陸奥南部(今の福島県南東部あたり)にかけて勢力を伸ばしていた。
佐竹氏の石高は54万5千石、これは全国でも7位の石高であったし、相馬、葦名などの寄騎大名を含めると80万石近くになった。
佐竹氏は源頼義の第三子源義光(新羅三郎義家の弟)を祖とする由緒ある家で、南北朝期から常陸守護としてあったものが、そのまま戦国大名化したもので、義重の代に大きく版図を広げた。
義重隠居後に義宣が当主となり、秀吉の小田原攻めの際には秀吉に臣従し、敵対関係にあった後北条氏を攻め、常陸一国を安堵された。

義宣は秀吉の時代から石田三成と仲がよく、逆に後北条氏滅亡のあとに、隣に越してきた徳川氏との関係はあまりよくなかった。これは、関東武士として関東以外の武士を軽く見る風潮と徳川氏が源氏を名乗ったことによる。
徳川氏も新田源氏を名乗っているが、これは箔をつけるために系図を書き換えたもので、正当な源氏である佐竹氏にすれば格が違うというところだろう。
したがって佐竹氏は関ヶ原の際には終始西軍寄りに行動し、会津討伐の際には仙道口(今のJR水郡線沿線から攻め上る経路)を受け持たされたが、会津の上杉とも連絡は取り合っており、行動は積極的でなかった。
小山評定で家康が会津攻めを中止すると、家康は佐竹の動きを非常に気にし、人質を要求したが、義宣は応じなかった。しかし家康の率いる兵は10万、単独ではとてもかなわず、結局在国して経過を見守るしかなかった。
戦後家康は佐竹の取った行動を嫌い義宣を信用せず、しかも江戸の近くに敵性勢力があることを問題にし、関ヶ原後2年たった慶長7年出羽秋田20万石に減転封した。

もう一家、関東には他勢力がいた。安房の里見氏である。里見氏は戦国期に勢力を伸ばし安房一国から上総南部まで勢力を伸張し、後北条氏と敵対した。
佐竹氏と同じく秀吉に臣従し安房一国を与えられた。里見氏は早くから東軍につき、関ヶ原では宇都宮で上杉に備え3万石を加増された。しかし里見家も関東安住は許されず、慶長19年(1614年)に改易されている。

常陸と安房を除く上総、下総、相模、武蔵、上野、下野の6国と伊豆のほとんどが徳川領で、徳川の家臣であった本田忠勝(上総大多喜10万石)、榊原康政(上野館林10万石)、井伊直政(上野高崎12万石)や家康の二男結城秀康(下総結城10万石)、四男松平忠吉(武蔵忍10万石)、五男武田信吉(下総佐倉4万石)らが各地に配置されていた。
ほかに上野沼田に真田信之(2万7千石)が、下野宇都宮に蒲生秀行(18万石)などがいたが、いずれも東軍についた。このうち真田氏は信之は東軍だったが、父昌幸(信濃上田9万5千石)は西軍につき、親子で袂を分かった。

関東の大名の動向と戦後処置
国名城地大名禄高(万石)動向と戦後処置新領(万石)
常陸水戸 佐竹義宣 54.5 上杉討伐に応じず、出羽秋田20万石に減知転封 20.5
下館 水谷勝俊 2.5 在国し佐竹に備える、所領安堵 2.5
下妻 多賀谷重経 6.0 上杉討伐に応じず、所領没収 ×
江戸崎 葦名義広 5.0 上杉討伐に応じず、所領没収 ×
下野那須 那須資晴 1.5 在国し上杉に備える、2千石加増 1.7
黒羽 大関資増 1.3 在国し上杉に備える、7千石加増 2.0
大田原 大田原晴清 0.8 在国し上杉に備える、5千石加増 1.3
烏山 成田氏長 3.7 在国し上杉に備える、所領安堵 3.7
宇都宮 蒲生秀行 18.0 在国し上杉に備える、会津に加増転封 60.0
皆川 皆川広照 3.5 在国し佐竹に備える、所領安堵 3.5
佐野 佐野信吉 3.9 在国し上杉に備える、所領安堵 3.9
山川 山川朝信 2.0 不明 不明
上野沼田 真田信之 2.7 会津討伐に参陣、秀忠に従軍し真田(昌幸)と交戦、信濃上田9万5千石に加増転封 9.5
大胡 牧野康成 2.0 会津討伐に参陣、秀忠に従軍し真田(昌幸)と交戦、所領安堵 2.0
厩橋 平岩親吉 3.3 会津討伐に参陣、秀忠に従軍し真田(昌幸)と交戦、甲斐府中6万3千石に加増転封 6.3
総社 諏訪頼水 1.2 会津討伐に参陣、秀忠に従軍し真田(昌幸)と交戦、信濃高島2万7千石に加増転封 2.7
館林 榊原康政 10.0 会津討伐に参陣、秀忠に従軍し真田(昌幸)と交戦、所領安堵 10.0
高崎 井伊直政 12.0 軍監として岐阜城攻撃・本戦に参加、近江佐和山18万石に加増転封 18.0
白井 本多康重 2.0 会津討伐に参陣、秀忠に従軍し真田(昌幸)と交戦、三河岡崎5万石に加増転封 5.0
吉井 菅沼定利 2.0 駿河府中城守備、伊勢長島2万石に加増転封 2.0
那波 松平家乗 1.0 三河吉田城守備、美濃岩村2万石に加増転封 2.0
小幡 奥平信昌 2.0 会津討伐に参陣し本戦参加、美濃加納10万石に加増転封 10.0
上総 山崎 岡部長盛 1.2 下野に在陣し上杉に備える、所領安堵 1.2
鳴渡 石川康通 2.0 尾張清洲城守備、美濃大垣5万石に加増転封 5.0
久留里 大須賀忠政 3.0 本戦参加、遠江横須賀6万石に加増転封 6.0
大多喜 本多忠勝 10.0 軍監として岐阜城攻撃・本戦に参加、伊勢桑名15万石に加増転封 15.0
佐貫 内藤政長 2.0 父家長が伏見に籠城し戦死、所領安堵 2.0
安房 館山 里見義康 9.0 佐竹に備える、常陸鹿島に3万石を加増 12.0
下総 結城 結城秀康 10.0 下野に在陣し上杉に備える、越前北庄に加増転封 67.0
古河 小笠原秀政 3.0 下野に在陣し上杉に備える、信濃飯田に加増転封 5.0
関宿 松平康元 4.0 江戸城留守居、所領安堵 4.0
矢作 鳥居元忠 4.0 伏見に籠城し戦死、子の忠政は陸奥岩城10万石に加増転封 10.0
小見川 松平家忠 1.0 伏見に籠城し戦死、子の忠利は三河深溝に転封 1.0
多胡 保科正光 1.0 会津討伐に参陣、遠江浜松城守備、信濃高遠2万5千石に加増転封 2.5
臼井 酒井家次 3.0 会津討伐に参陣、秀忠に従軍し真田(昌幸)と交戦、所領安堵 3.0
岩富 北条氏勝 1.2 会津討伐に参陣、三河岡崎城守備、所領安堵 1.2
足戸 木曾義利 1.0 不明 不明
佐倉 武田信吉 3.0 江戸城留守居、常陸水戸15万石に加増転封 15.0
武蔵 江戸 徳川家康 251.0 東軍総大将  
本庄 小笠原信嶺 1.0 会津討伐に参陣、秀忠に従軍し真田(昌幸)と交戦、所領安堵 1.0
深谷 松平忠輝 1.0 江戸城留守居、下総佐倉4万石に加増転封 4.0
東方 戸田康長 1.0 会津討伐に参陣、秀忠に従軍し真田(昌幸)と交戦、近江大津3万石に加増転封 3.0
松平忠吉 10.0 会津討伐に参陣し本戦参加、尾張清洲52万石に加増転封 52.0
騎西 松平康重 2.0 遠江掛川城守備、常陸笠間3万石に加増転封 3.0
小室 伊奈忠次 1.3 本戦参加、所領安堵 1.3
岩付 高力清長 2.0 不明 不明
八幡山 松平家清 1.0 尾張清洲城守備、三河吉田3万石に加増転封 3.0
松山 松平忠頼 2.5 会津討伐に参陣、三河岡崎城守備、遠江浜松5万石に加増転封 5.0
川越 酒井忠重 1.0 会津討伐に参陣し本戦参加、上野厩橋3万3千石に加増転封 3.3
相模 甘縄 本多正信 1.0 会津討伐に参陣、秀忠に従軍し真田(昌幸)と交戦、所領安堵 1.0
小田原 大久保忠隣 6.5 会津討伐に参陣、秀忠に従軍し真田(昌幸)と交戦、所領安堵 6.5
伊豆 韮山 内藤信成 1.0 駿河沼津城守備、駿河府中4万石に加増転封 4.0
下田 内藤家長 2.0 伏見に籠城し戦死、子の政長が所領を継ぐ 2.0
青は東軍、赤は西軍、新領欄のうちカッコは後に新封、×は所領没収、城地の紫は家康家臣または一族


テーマ別学習の表紙に戻る
歴史の勉強の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -