歴史の勉強
テーマ別学習・関ヶ原各地の大名の動向と戦後処置

越後、北陸の大名の動向と戦後処置

越後には慶長3年(1598年)に会津に移封された上杉氏に代わり、堀氏とその寄騎大名が入った。堀氏は上杉氏の本城であった春日山(上越市)に入り、その寄騎だった溝口秀勝は新発田(7万6千石)、村上義明は本庄(9万石)に配置された。
堀氏の当主は秀治であった。堀氏は秀治の父久太郎秀政が尾張時代から秀吉に属して戦い出世していった。秀政は越前北庄(福井)で18万石の大名となり、その死後は秀が継ぎ、上杉にあとに越後に移った。
秀治と上杉は年貢の扱いを巡ってトラブルとなり、その結果不利益を受けた秀治は上杉を恨み、会津に謀反ありと家康に通報した。よって当然東軍であり、越後の堀系の大名もそれに従った。また、佐渡は上杉の会津転封後も引き続き上杉領とされた。

北陸では、金沢には前田利長がいて加賀北部と越中合わせて83万5千石、能登は利長の弟利政が領し22万石。利長は父利家の死後大老職となり、慶長4年(1599年)8月から在国していた。
上杉の前に家康に難癖をつけられたが、利長はこの喧嘩を買わなかった。家老や母親まつ(芳春院)の反対によるともいうが、利長は陳弁に勤め、母親を家康の人質に出してまで恭順した。よってこれも東軍。

前田家は北陸・越後の大名とともに津川口から会津攻めに向かったが、会津討伐中止後は反転して北陸道を通って、関ヶ原に向かった。
その途中に加賀大聖寺6万石の山口宗永父子を攻め、これを破った。その後、前田の軍勢は越前に入ったが、ここで馬首を返し金沢に帰還した。
石田三成が徳川を破り、西軍が金沢に攻めてくるとの書状が手に入ったためであった。もっともこれは西軍の謀であったが、とにかく利長は大慌てで金沢に向かった。
その途中で西軍の加賀小松城主丹羽長重に攻撃された。これが浅井畷の戦いである。浅井畷の戦いは局地戦で、勝ち負けもはっきりしなかった。

金沢に戻った利長は再び出陣し、関ヶ原に向かうことになった。しかし今度は能登の利政が従軍拒否。説得にも応じず、利政抜きで出陣したが、既に関ヶ原での決着はついたあとだった。
戦後利政、丹羽長重は領地没収、その分が利長に加増され、利長は一躍120万石の大大名となった。
利政の従軍拒否は大坂の妻女の身を慮っての事とされ、その後夫婦仲良く京に隠棲した。大坂の陣でも出陣せず、妻女のために大名の地位を捨てた珍しいケースだった。
越前では北庄に青木一矩20万石、敦賀に大谷吉継5万7千石など、いずれも西軍大名で戦後はすべて領地没収となった。

越後・北陸の大名の動向と戦後処置
国名城地大名禄高(万石)動向と戦後処置新領(万石)
越後本庄 村上義明 9.0 在国し上杉に備える、所領安堵 9.0
新発田 溝口秀勝 6.0 在国し上杉に備える、所領安堵 6.0
三条 堀直政 5.0 在国し上杉に備える、所領安堵 5.0
蔵王 堀親良 4.0 在国し上杉に備える、所領安堵 4.0
春日山 堀秀治 30.0 在国し上杉に備える、所領安堵 30.0
坂戸 堀直寄 2.0 在国し上杉に備える、所領安堵 2.0
能登七尾前田利政 22.0 前田利長陣への従軍を拒否、所領没収され前田利長に加増 ×
加賀金沢 前田利長 83.5 加賀大聖寺攻略、丹羽長重と交戦、能登の利政分ほか加増 119.3
小松 丹羽長重 12.5 前田と交戦、所領没収、慶長8年常陸古渡に新封 (1.0)
大聖寺 山口宗永 5.0 前田と交戦し敗死、所領没収 ×
越前大野 織田秀勝 5.0 北国口を守備、所領没収 ×
丸岡 青山宗勝 4.6 北国口を守備しその後逃亡、所領没収 ×
東郷 丹羽長正 5.0 北国口を守備、所領没収 ×
北庄 青木一矩 20.0 北国口を守備し前田利長に降伏、所領没収 ×
安居 戸田勝成 1.0 北国口守備後本戦に参加し戦死、所領没収 ×
敦賀 大谷吉継 5.0 本戦に参加し敗北自刃、所領没収 ×
今庄 赤座吉家 2.0 本戦に参加し東軍に寝返り以後東軍として行動するも所領没収 ×
越前の内  木下頼継 2.5 北国口守備後本戦に参加し敗走、所領没収 ×
青は東軍、赤は西軍、緑は西軍→東軍、新領欄のうちカッコは後に新封、×は所領没収


テーマ別学習の表紙に戻る
歴史の勉強の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -