歴史の勉強
テーマ別学習・関ヶ原各地の大名の動向と戦後処置

中国の大名の動向と戦後処置

山陰の但馬から因幡、伯耆にかけては比較的小さな大名家が点在していた。但馬の小出吉政(出石6万石)と杉原長房(豊岡2万石)はともに細川幽斎が篭った丹後田辺城攻撃に参加するが、小出氏は弟の秀家(和泉岸和田3万石のうち)が東軍に属し、杉原氏は義理の父親が浅野長政だったために、戦後所領を安堵された。

因幡と伯耆では、ほとんどが西軍側につき、東軍は因幡の亀井茲矩(鹿野1万3千石)ただ一人であった。
この地域は関ヶ原本戦後に起きた鳥取城攻撃の方が本当の戦いでった。家康は亀井茲矩に対し因幡国内の西軍大名である宮部長煕(鳥取13万石)、木下重賢(若桜2万石)、垣屋恒総(浦富1万石)三氏を攻め因幡と東伯耆を平定するよう命じた。
鳥取城主であった宮部長煕は家康の会津討伐軍に従って関東に向かっていたが、その途中三河で三成挙兵の報に接すると三成側に寝返るかどうか悩んだ。
宮部七人衆といわれる重臣たちに相談したところ、寝返りに反対されたが長煕は結局西軍に属すことを決め、その後伏見城・大津城攻撃に参加し所領は没収された。
しかし居城鳥取に残った家老は、関ヶ原後も抵抗の意思を示し鳥取城に籠城した。家康の命で茲矩は鳥取城を攻撃開城させ、戦後石見津和野に加増転封された。

山陽側の備前、美作、備中東部は西軍首脳の宇喜多秀家の領地で、戦後秀家は領地を没収され、自身は死一等を減じられ八丈島に流された。
また、淡路洲本3万石は、水軍の将脇坂安治が治めていた。安治は本戦での寝返り武将の一人で、戦後所領安堵された。

そのほかの備中西部、備後、安芸、周防、長門、石見、出雲、隠岐8ヶ国は毛利の領地であった。毛利の当主輝元は西軍の総帥に祭り上げられたが、毛利家の内実はばらばらで、親三成反徳川の安国寺恵瓊、反三成親徳川の吉川広家が対立。
本戦には輝元の名代で養子の毛利秀元が毛利本隊1万5千を率いて布陣したが、広家の東軍への内通で、広家軍3千と毛利本隊はまったく戦をせずに傍観した。
広家は、主家を思う心から裏切りを決意し、戦後輝元は本領安堵されるはずであったが、家康はあっさりと毛利家を改易に処し、広家を大名に取り立てる意向であった。
驚いた広家が駆け回り、結局広家に与えられるはずの周防、長門の二国を毛利領とすることで決着を見た。
よかれと思った広家の行動が裏目と出たわけで、吉川家はその後江戸時代250年間、毛利家から冷遇され続けた。
しかし西軍の総帥として大坂城に入り、何の処罰もなしでは示しもつかず、毛利ほどの巨大な敵性大名の存在を家康が許すはずもないのであり、この辺に優柔不断と言われた輝元の甘さがあったのかもしれない。

中国の大名の動向と戦後処置
国名城地大名禄高(万石)動向と戦後処置新領(万石)
但馬豊岡 杉原長房 3.0 田辺城攻撃参加、所領安堵(東軍浅野氏の縁戚で赦免) 3.0
出石 小出吉政 6.0 田辺城攻撃参加、所領安堵(弟秀家が東軍で戦功あり赦免) 6.0
竹田 斎村広秀 2.2 田辺城攻撃参加ののち東軍に属し鳥取城攻撃参加
鳥取攻撃時の軽率な行動により所領没収
×
因幡鳥取 宮部長煕 13.0 会津討伐軍に参加するも途中で西軍に付き伏見城攻撃・大津城攻撃に参加、所領没収
留守部隊が鳥取に籠城するも鎮圧される
×
鹿野 亀井茲矩 1.3 会津討伐参陣・本戦参加、のちに鳥取城攻撃、2万5千石加増 3.8
若桜 木下重賢 2.0 伏見城攻撃・大津城攻撃、所領没収 ×
浦富 垣屋恒総 1.0 大津城攻撃、敗戦後自刃、所領没収 ×
伯耆羽衣石 南条元忠 6.0 伏見城攻撃・大津城攻撃、所領没収 ×
淡路洲本 脇坂安治 3.0 伊勢口守備の後本戦参加、東軍に寝返り以後東軍として行動、所領安堵 ×
備前岡山 宇喜多秀家 57.0 伏見城攻撃の大将、本戦参加、敗戦後薩摩に逃亡のち八丈島に配流、所領没収 ×
安芸広島 毛利輝元 120.5 西軍総大将、大坂に在城し本隊は毛利秀元が率いる、周防・長門36万9千石に減封 36.9
出雲富田 吉川広家 14.2 安濃津城攻撃後本戦参加するも東軍に内通し傍観
加増転封を辞退し毛利家内で6万石を分与される
×
長門山口 毛利秀元 20.0 毛利本隊を率いて本戦参加するも参戦できず、毛利家内で3万6千石を分与される ×
青は東軍、赤は西軍、緑は西軍→東軍、新領欄のうちカッコは後に新封、×は所領没収


テーマ別学習の表紙に戻る
歴史の勉強の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -