歴史の勉強
テーマ別学習・大名とは何か
(一)大名の起こりと守護について

大名とは古くは大きな名田を耕作するもののことをいい、平安時代後期には言葉として既に用いられていたらしい。
田堵、すなわち土地の直接経営者(耕作経営者)であり、土地所有権はもっていなかったのであるが、それが次第に耕作権を利用して、土地を所有する方向に進んだ。
やがて所有の土地に自身の名をつけた名田所有者となり、その大規模なものが大名田堵となり、ここから大名の名が生まれた。
現在では、一般的に大名といえば江戸時代、徳川藩幕体制のもとで、将軍に直接義務を負う一万石以上の物のことを指す。

大名田堵の名が見えた平安時代の貴族社会から、武家社会の鎌倉時代になると、大名とは大きな所領を持ち、家の子郎党を率いた勢力ある武士を指すようになった。
しかし中央集権化が進むにつれて大名の名は見られなくなり、守護・地頭という法的な裏づけのある制度が大名の概念を包含するようになった。
守護大名という言葉があるが、守護大名とは後世の学術用語であって、大名化した守護という意味である。

守護とは鎌倉時代に幕府に各国ごとに置かれた、軍事・警察権を司る地方行政官のことで、大犯三箇条(大番催促、謀反人追捕、殺害人追捕)が基本的任務であった。
大番役つまり京都と鎌倉の警備役の割当て、反逆者(謀反人)と殺人犯の逮捕を行えるだけで、そのほかの刑事事件は荘園ごとに地頭や下司が処理していた。
したがって地方武官長とはいえ、まったくの行政官としての性格しかなく、職務範囲の制限も厳しかったのであるが、南北朝・室町期には職務範囲が拡大していく。

室町幕府の守護の補任は、鎌倉幕府とは違って国ごとに、五月雨式に置かれていった。鎌倉時代の守護は前記のような性格であったために、一斉に設置されたのであるが、室町初期には南北朝の争乱があり、その経過を見据えつつ設置するしかなかったのである。
この時点で既に鎌倉時代とはその性格を異にするが、権限も鎌倉時代より大幅に強大化された。

まず、大犯三箇条に加えて、使節遵行権という不動産を巡る裁判について幕府の判決を執行する仕事が与えられた。
次に半済地の付与である。半済とは、荘園や公領の年貢の半分を戦費として守護のもとに置くことで、それが付与されるということは、その戦費を国内の武士に与える権限がある。
第三に苅田狼藉、いわゆる他人の所領を横領したり収奪不能にして他人に打撃を加える、不法行為の取り締まりである。
第四に段銭という現在の資産税に相当する税の徴収権である。もともとは伊勢神宮の造営費用である役夫工米や天皇の即位など国家行事の臨時費用を賄うのが段銭であったが、これはやがて恒久的固定的な税として守護自身が取得するようになっていった。
徴税のためには、その賦課の基本となる台帳が必要で、大田文(図田帳)も守護が握っていた。
さらに、かつては国司の権限であった各国の一の宮、二の宮の祭祀も行うようになった。一の宮、二の宮はもともと一国の支配権のシンボルとして設置されたものであるから、この祭祀を行うというのは支配者になったという印象付けを行っているに等しく、重要な意味を持つ。

つまり室町幕府の守護は鎌倉時代からの軍事・警察権が強化されたことに加えて、土地の裁量権を得、徴税権まで持っていたのである。
これが守護が単なる行政官から、やがて大名化していく契機となったのである。

(二)室町期の守護へ


テーマ別学習の表紙に戻る
歴史の勉強の表紙に戻る
歴史の勉強
Last modified -