歴史の勉強

家宣期以降の改易大名 (外様)

族姓的理由

毛利元矩  長門長府4万7802石  享保3年(1718年)4月13日
享保3年3月20日に15歳で没し、嗣子がなく絶家となった。領地は毛利宗家に還付された。
浅野長経  備後三次5万石  享保4年(1719年)5月11日
享保4年4月23日に13歳で死去し、嗣子がなく絶家となった。領地は浅野宗家に還付された。
黒田長清  筑前直方5万石  享保5年(1720年)4月15日
享保5年2月23日に54歳で没した。長男長好は宗家の宣政の養子となり福岡藩主となったために嗣子がなく、無嗣絶家となった。領地は福岡藩に還付された。
浅野長寔  備後三次5万石  享保5年(1720年)5月21日
前年の享保4年に無嗣断絶となった三次藩主長経の異母弟にあたる。享保4年10月25日に広島藩主浅野吉長より三次5万石を分知されたが、翌享保5年5月21日に10歳で没し、再び絶家となった。領地は宗家の吉長に還付された。
京極高寛  但馬豊岡3万3千石  享保11年(1726年)9月19日
享保6年(1722年)8月3日に父高栄の死去により5歳で襲封したが、享保11年9月12日に10歳で没した。無嗣であったが弟高永に1万8千石減封のうえで相続が認められた。

法律的理由

前田利昌  加賀大聖寺新田1万石  宝永6年(1709年)2月18日
大聖寺藩主前田利明の二男で、元禄5年(1592年)7月9日に新田1万石を分知され立藩した。宝永6年1月に綱吉の葬儀に参列する中宮使の饗応を命ぜられた。同年2月16日、寛永寺宿坊において大准后使饗応役の織田秀親(大和柳本藩主)に斬りつけ刺殺したことで改易、18日に切腹を命ぜられる。領地は宗家の大聖寺藩に還付された。
毛利元次  周防徳山4万5千石  享保元年(1716年)4月13日
正徳5年(1725年)6月に毛利宗家の農民と元次領の農民が境界争いを起し殺傷事件に発展した。萩藩主毛利吉元も介入し、吉元は享保元年に幕府に訴え、元次の隠居を上申した。幕府はこれを受けて本家に対する非礼、不行跡、藩治よろしからずとして除封し、出羽新庄藩戸沢家に預けた。領地は吉元に還付されたが、享保4年(1719年)に赦免され、子の元堯が3万石で再立藩した。
金森頼錦  美濃八幡38700石  宝暦8年(1758年)12月25日
元文元年(1736年)に郡上八幡藩主となった頼錦は野心家であり、延享4年(1747年)に奏者番となった。要職への登用の運動や交際のための費用捻出のために年貢増微を強行し、騒動が発生すると幕府の代官や老中など要路に働きかけて弾圧した。
一揆側の度重なる訴えで、ついに幕府の取り上げるところとなり、頼錦は除封され盛岡藩南部家に預けられた。また老中本多正珍は免職、若年寄本多忠央は改易。美濃郡代や勘定奉行も処罰された。
なお、頼錦の男子も全て改易されたが、六男頼興は明和3年(1766年)赦され、天明8年(1788年)に1500俵を与えられて旗本となった。
小堀政方  近江小室10630石  天明8年(1788年)5月6日
遠州流庭園で名高い小堀政一の末裔で、安永7年(1778年)11月8日に伏見奉行となった。初期には善政を布いたが、愛妾に唆されたのがきっかけで、領民や伏見の町民に過度の御用金を命じ、一部は老中田沼意次に贈賄した。さらに利権を振りかざして饗応を受けるなど悪政を続け、これに決起した伏見町民に訴えられた。
天明5年(1785年)に専横、不正を理由に職を免じられた。天明7年(1787年)に田沼意次が失脚し松平定信が老中となると、翌天明8年5月6日に改易、除封となり小田原藩主大久保家に預けられた。
松前章広  蝦夷福山1万石  文化4年(1807年)3月22日
寛政4年(1792年)に父道広が幕命により隠居させられ、急遽襲封した。ロシア公使ラスクマンの応接など対外問題にあたり、その対外問題で東蝦夷を上知、さらに蝦夷地の幕領化方針により文化4年に1万石格の福山から陸奥梁川9千石に移封された。その後、幕府に復帰工作を行い、文政4年(1821年)に旧領に復した。
仙石久利  但馬出石58080石  天保6年(1835年)12月9日
仙石騒動により改易される。騒動は財政再建を巡って改革派と保守派が激しく対立する中で、文政7年(1824年)7月14日に藩主仙石政美が没した。後継に弟久利を推す一派と一門の家老仙石左京の子の小太郎を推す一派が対立したが、同年閏8月6日に久利が家督を継いだ。
一方、仙石左京は藩政の実権を握り、反対派を弾圧し大騒動となった。幕府の知るところとなり、天保6年に左京は斬首となり、久利も責任を取らされて28080石を減封された。
毛利慶親  長門萩369411石  慶応2年(1866年)5月1日
禁門の変による処罰で10万石を減封され、嫡孫元昭に承継された。

家宣期以降の大名政策に戻る
大名改易録に戻る
歴史の勉強
Last modified -