歴史の勉強

一、家康期の大名政策

慶長5年(1600年)に関ヶ原役によって覇権を確立した徳川家康は、直ちに戦後処理を行った。戦後処理とは、すなわち諸大名に対する賞罰であり、配置転換である。賞罰は味方大名には加増、中立大名には旧領安堵、敵対大名には除封及び減封をもってした。まったくの中立大名というのはほとんどいなかったが、功績もまったくないような大名や寝返った大名がここには含まれる。

一方、配置転換は減封及び除封によって得られた地に、加増した大名を移した。とくに豊臣系の有力外様大名には大幅な加増のうえ、転封が実施された。下野宇都宮18万石の蒲生秀行は42万石加増され陸奥会津へ、三河吉田15万2千石の池田輝政は36万8千石加増され播磨姫路へ、豊前中津18万石の黒田長政は34万3千石加増され筑前名島へなどである。
また転封によって家康の旧領であった駿河、遠江、三河、甲斐、南信濃の豊臣系大名はすべて移され、そこには新たに17名の譜代大名が配置された。
すなわち駿河は駿府にあった中村一氏を伯耆米子に移し内藤信成を入れ、沼津に大久保忠佐、興国寺に天野康景、田中に酒井忠利を配置した。
遠江は浜松の堀尾忠氏、掛川の山内一豊、横須賀の有馬豊氏をそれぞれ出雲富田、土佐浦戸、丹波福知山に加転封し、その跡には松平(桜井)忠頼、松平(久松)定勝、松平(大須賀)忠政を置いた。
三河では前出の吉田の池田輝政のほか岡崎の田中吉政を筑後柳河に移し、岡崎には本多康重、西尾に本多康俊、吉田に松平(竹谷)家清、田原に戸田尊次、深溝に松平(深溝)忠利、作手に松平(奥平)忠明を入れた。また天和8年(1580年)移行刈谷にあった水野氏は旧領を安堵された。
甲斐は浅野幸長が一国を領していたが紀伊和歌山に移封され、甲府に平岩親吉、谷村に鳥居成次を入れた。
南信濃では飯田の京極高知が丹波宮津に加転封され、その跡に小笠原秀政が入ったほか、高島に諏訪頼水、高遠に保科正光を配置した。

関東では家康の非領国であった常陸、下野両国に大きな変化があった。
常陸では名門大名の佐竹氏が出羽久保田に減転封されたあと、水戸に家康五男の武田信吉が15万石で入封したほか、土浦に松平(藤井)信一、笠間に松平(桜井)康重、牛久に山口重政を置いた。さらに出羽から外様の戸沢、秋田両氏が移封されている。
下野では大関、佐野、成田、那須、大田原氏らの外様大名が旧領を安堵または加増据置され、宇都宮の蒲生氏は会津に転出し跡には奥平家昌が入った。
また家康の旧来からの領国であった上野、下総、上総、武蔵、相模、伊豆については多くの大名が転出して、直轄領や旗本領が拡大された。とくに伊豆は一国すべてが直轄領、旗本領になった。

これらの政策により関東から東海、甲斐、南信濃のうち、わずかに安房一国(里見氏)と常陸、下野の一部を除き、ことごとく徳川領または譜代大名領となった。

さらに尾張は清洲の福島正則を安芸広島に転封、黒田の一柳氏を伊勢神戸に移し、犬山の石川氏を除封したのち、尾張一国は家康四男の松平忠吉に与えられた。
また越前も堀尾吉晴以外の大名は全て西軍に与したために除封され、堀尾氏は子の忠氏とともに出雲富田に移された。跡には家康の三男秀康が入り越前一国を支配し、越前松平家が成立した。
近江は石田、長束、氏家の3氏が除封、大津の京極高次が若狭小浜に、池田長吉が因幡鳥取にそれぞれ移り、その跡には佐和山に井伊直政、膳所に戸田一西、近江のうちに三浦重成が入った。このほか豊臣大名の佐久間安政が高島に新封されたが、近江の大部分は徳川の領有するところとなった。
美濃では加納・大垣・岩村、伊勢では桑名・長島、陸奥では磐城平に譜代大名が配置されている。

これによって安房一国、常陸と下野の一部を除く関東のほか駿河、遠江、三河、甲斐、南信、尾張、越前、近江のほとんど、美濃・伊勢・陸奥の一部が徳川氏の体制に組み込まれたことになる。

藤野保氏は「新訂幕藩体制史の研究」において、関ヶ原役で敗れた西軍に属して除封された大名88家、石高にして4,161,084石、減封大名は5家で、その石高は2,163,150石としている。減封大名のうち上杉景勝は陸奥会津120万石から出羽米沢30万石へ、佐竹義宣は常陸水戸54万5,800石から出羽久保田20万5,800石へ、毛利輝元は安芸広島120万5千石から周防長門両国で36万9千石へ減転封となった。また東軍ではあったが戸沢政盛は出羽角館4万4千石から常陸松岡4万石、秋田実季は出羽久保田5万2千石から常陸宍戸5万石へ、それぞれ佐竹氏と入れ替わる形で転封されたとしている。
いずれにせよ除封と減封合せて93家、6,324,194石が没収され、それらが東軍に属して功あった外様大名に与えられたほか、徳川一門や譜代大名が取り立てられた。一門譜代は家康の旧領5ヶ国や尾張・越前・近江などに進出した一方で、外様大名は大封を得たものの中国・四国・九州・奥羽・北陸などに配置された。

これらの戦後処理が終わると家康は、慶長8年(1603年)に征夷大将軍に任じられ江戸に幕府を開いた。しかし2年後には将軍を秀忠に譲り、大御所として駿府に移る。以後、しばらくは江戸と駿府の二元政治となるが、大名政策については家康が自ら仕切った。
この後、家康は死去するまでに28名の外様大名と13名の譜代大名を改易した。改易とは武士の身分を平民に落し、家禄、屋敷を没収することで切腹より軽く、蟄居より重い処分とされるが、大名の場合は所領の全部または一部を没収されることと思えばいい。強制的に隠居させられたり、転封を伴ったりする場合もある。

大名の改易は(1)軍事的理由、(2)法律的理由、(3)族姓的理由に大別できる。
(1)の軍事的理由とは、戦争終結による敵性大名の淘汰などで関ヶ原役の西軍大名の処分が典型であり、その後大坂の陣での豊臣氏、古田氏の2名があるのみである。したがって秀忠期以降は、この理由によるものは見られないが、それはあくまで直接的な場合である。間接的には敵性大名の淘汰は行われた。つまり豊臣系大名のうち親豊臣の色濃いものの淘汰であるが、これは無理をしてでも、冤罪であっても(2)の法律的理由をつけて処分された。
よって(2)法律的理由といっても相当幅広い。元禄時代の浅野長矩のような明確な違法行為からいちゃもん、濡れ衣まである。御家騒動や乱心、発狂などもここに含まれる。御家騒動による改易というのは、たいがい監督不行き届きや藩主自身に騒動の原因が求められ、統治能力がないと見做される。また乱心、発狂が意外と多いのにも驚かされる。もっとも乱心、発狂は表向きにできない政治的な理由があるときにも使われるから、本当かどうかはわからない。
(3)の族姓的理由の代表的なものが無嗣断絶で、とくに初期には多かった。武士の相続というのは一代ごとに主君に跡目相続を願い、それを許されることで新たな主従関係が発生すると考えたから、世嗣がないというのは相続に対しての責任を忘れ、主君に対しての奉公を怠ったことと見做されたのだ。その世嗣ができない場合は養子縁組する必要があったが、これにも制限があった。特に末期養子(当主が危篤後に養子を願い出ること、急養子ともいう)は厳禁であった。これは養子が当人の意志によるものかどうか確認できないうえに、ご恩に対して無責任すぎると考えられたからである。この末期養子はのちに緩和されるが、初期には厳しく禁止されていた。

大名改易第一号は慶長6年(1601年)信濃高島の日根野吉明で2万8千石を1万900石に減じられて下野壬生に転封された。理由は幼少ということであった。
その次が備前岡山51万石の小早川秀秋で、慶長7年(1602年)10月に嗣子なくして没し断絶となった。翌慶長8年9月には常陸水戸15万石の武田信吉(家康五男)が死去し無嗣断絶となり、慶長9年8月には美濃関の大島光義(1万8千石)が死去し、嗣子が幼少であったため改易され遺領は光成、光政、光俊、光朝の4人の子に分封され大名ではなくなった。

家康が改易した外様大名28名のうち最も重要なのは大坂の陣による豊臣秀頼(65万7400石)と古田重然(城地不明1万石)であり、関ヶ原役後江戸時代を通じて最初で最後の軍事的理由による改易であった。古田重然は大坂方に内通して改易されたものである。
この2名を除く26名の改易理由は、無嗣断絶等族姓的理由が6名のほか不行跡、不法、連座、御家騒動、発狂などの法律的理由である。
特に越後の堀一族(堀忠俊、堀直次、堀直寄)は宗家の忠俊を巡って重臣の直次と直寄が争い御家騒動となり、幕府が介入して改易された。堀家はその祖の秀政が秀吉側近であった典型的な豊臣大名であり騒動という隙を見せたところを取り潰された。
また、安房館山12万石の里見忠義も伯耆倉吉3万石に転封されたが、実質的には取り潰しであった。表向きは大久保忠隣に連座して不法をとがめられたとされるが、実態は江戸のすぐ近くに外様の雄藩を置くわけにはいかないという政治的な理由によるもので、里見氏としては不運としかいいようがない。
いずれにせよ幕府草創期の不安定な時期に、後背を気にしなければならない有力外様大名を隙あらば取り潰したのであった。

これに対して譜代大名は武田信吉のほか、尾張の松平忠吉(52万石、家康四男)が無嗣断絶となり、跡には家康九男の義直が入って御三家の尾張徳川家が成立する。ほかに平岩親吉、松平(竹谷)忠清、大久保忠佐の3名が無嗣断絶となった。ほかの8名が法律的理由での改易となる。特に相模小田原6万5千石の大久保忠隣は政争に破れての改易であった。

関ヶ原役後の家康期の外様大名の没収高は2,666,550石、譜代大名の没収高は1,108,000石、合計で3,774,550石であった。

まとめ

(一)家康は関ヶ原役の勝利により、敵性大名88家、約418万石を除封、5家、約216万石を減封した。

(ニ)また東軍与党の豊臣系大名のほとんどが大幅な加増をされ、中国・四国・九州方面に転封された。

(三)この結果、安房を除く関東の大部分のほか、家康旧領の駿河・遠江・三河・甲斐・南信濃を回復し、徳川一門や譜代大名を配置した。また尾張と越前は一国全てが徳川一門領となったほか、美濃・伊勢・近江・陸奥にも譜代大名が進出した。

(四)豊臣秀頼は関ヶ原役により摂津大坂65万石の一大名となったが、元和元年(1615年)の大坂夏の陣によって滅亡した。

(五)これらのほか家康は、その死去までに外様大名28名、一門・譜代大名13名を改易した。外様大名のうち6名が族姓的理由によるもので20名が法律的理由、2名が軍事的理由であった。一門・譜代大名では5名が無嗣によるもの8名が法律的理由によるものであった。

関ヶ原役による改易大名一覧
家康期の改易大名(外様)
家康期の改易大名(一門・譜代)
大名改易録に戻る
歴史の勉強
Last modified -