歴史の勉強

屋代氏の家門は「丸に上の字」であり、戦国期の信濃東部の有力な国人であった村上氏と同じである。
このことからも屋代氏が村上氏の出であることは明らかで、系図では村上頼国の子満照の時に埴科郡屋代郷に住んで屋代と名乗った。
もっとも、満照の前にも村上家盛がやはり屋代に住して、屋代氏を名乗ったことがあり、こちらは戦国期に滅びたかあるいは満照系の屋代氏に服属したらしい。
戦国期を生き延び、江戸期に北条藩主として大名に列したのは満照の系統で、満照-正重-正国-秀正と家督を継ぎ、秀正の子の忠正が安房北条1万石の大名となった。
宗家の村上氏は武田氏の侵攻を許し、屋代正国はいち早く武田氏に服属し、やがて武田氏が滅びると上杉景勝に属し、さらに徳川家康が信濃に勢力を伸ばしてくると酒井忠次の仲介で家康に属した。
屋代氏は村上、武田、上杉のちには徳川と信濃の主権者に服属することで家を保ち、秀正は子の忠正とともに徳川秀忠の三男駿河大納言忠長に付属させられその重臣となった。
秀政の死後、忠長の改易によって忠正はその地位を失い、越後の松平光長に預けられたが、後に許され安房北条1万石の大名となる。
しかし三代忠位の時に万石騒動という農民一揆が起きて除封されたが、屋代家は先祖の功を考慮され、3千石の旗本となって続いた。

屋代忠正 やしろただまさ
1594~1662(文禄3~寛文2)、幼名甚三郎、従五位下、越中守
安房北条1万石

忠正の父秀正は武田氏に仕え、その滅亡の後は上杉景勝に属し、やがて徳川氏の勢力が信濃に及ぶと、酒井忠次の仲介で徳川氏に仕えた。
秀正は大坂の陣では旗奉行を勤め、やがて二代将軍秀忠の子の徳川忠長に付属させられる。忠正は大坂の陣に父秀正とともに出陣し、甲斐に4千石を賜り、秀正とともに忠長に出仕した。元和9年(1623年)閏8月秀正が死去すると、秀政の遺領を相続し1万石となり、忠長の家老となった。
寛永9年(1632年)10月に三代将軍家光によって忠長が改易されると、家老であった忠正も罪を得て、越後高田藩主松平光長に預けられた。
寛永13年(1636年)9月に許され先手鉄砲頭となり、安房北条1万石を与えられて北条藩を立藩した。慶安4年(1651年)百人組頭となり、寛文元年(1661年)に辞職、翌寛文2年4月24日に69歳で死去した。なお、北条藩屋代氏は参勤交代しない定府大名であった。

屋代忠興 やひろただおき
1619~1663(元和5~寛文3)、幼名甚三郎
安房北条1万石

先代忠正には嗣子がなかったために、寛永4年(1627年)に忠正と同じく徳川忠長の付家老であった朝倉宣正の四男を養子とし、忠興と名乗らせた。
寛文2年(1662年)4月に忠正が死去し、6月21日に忠興の相続が許されたが、忠興は翌寛文3年正月6日に45歳で死去してしまう。

屋代忠位 やひろただたか
1647~1714(正保4~正徳4)、幼名五右衛門、甚三郎、従五位下、越中守
安房北条1万石

先代忠興の実兄朝倉宣季の長男で、忠興が危篤となったために忠興の養子となり、忠興の死去によって家督を継いだ。
延宝5年(1677年)と元禄2年(1689年)に大坂加番、元禄6年(1693年)に大番頭となる。正徳元年(1711年)に大番頭を辞するが、この年に領内で万石騒動と呼ばれる、大規模な農民一揆が発生した。
家老川井藤左衛門の圧政により苛酷な年貢を課された農民が江戸藩邸に門訴した。忠位は農民の要求を受け入れたが、藤左衛門は北条に下り首謀者の農民を捕縛して3名を死罪にした。
約束を反故にされた農民は激怒し、老中に駕籠訴して幕府の裁決するところとなり、審理の結果農民の要求はほぼ認められ、忠位は改易のうえ逼塞、先祖の勲功を考慮され3千石を与えられた。
正徳2年(1712年)に旗本に列して逼塞を解かれたが、翌正徳3年致仕、翌4年2月20日に68歳で死去した。なお、屋代家はこの後も旗本として存続した。

武家・大名録の表紙に戻る
歴史の勉強

Last modified -