歴史の勉強

天正3年(1575年)の長篠の戦いで、長篠城を死守したことで有名な奥平氏は、村上天皇の第七皇子具平親王の後裔である赤松氏の流れをくむという。
その子孫が上野国甘楽郡奥平郷に住したことから、奥平氏を称したとするが、武蔵七党の児玉氏の後裔が赤松則景の養子に入ったともいい、いずれも伝承の域を出ない。
いずれにせよ室町時代の前期、奥平貞俊が上野国から三河国設楽郡作手に移住し、三河山間部の小豪族として嗣を継いだ。戦国期になると駿河の今川氏の勢力が伸張してきたため、今川氏に属した。
やがて松平清康の勢力が及ぶと、奥平定勝は松平氏に属したが、清康死後は再び今川氏に与した。しかし今川義元が桶狭間で戦死すると今川氏の勢力は急速に衰え、貞勝の子の貞能は今川から独立した家康に従った。
のちに武田信玄の勢力が伸びてくると今度は武田氏に従ったが、信玄死後は再び家康に属した。強大な勢力に囲まれた山間の小豪族が生き延びるための方策であった。
一方の家康も奥平氏を味方にとどめるべく、長女亀姫と貞能の子の信昌を婚約させた。長篠の戦いを前に家康は信昌を長篠城主とし、信昌は長篠城を守り抜いた。
長篠戦後、亀姫は信昌の正室となり四男一女を産んだ。信昌は家康の関東移封時に上野小幡3万石を与えられ、関ヶ原後に美濃加納10万石に封じられた。
このとき信昌の長男家昌は上野小幡3万石を相続して奥平姓を名乗り、以後封を継いで下野宇都宮、下総古河、宇都宮、出羽山形、宇都宮、丹後宮津と転封し、享保2年(1717年)昌成の時に豊後中津10万石となり定着して明治に至った。
一方信昌の二男家治、三男忠政、四男忠明はそれぞれ松平姓を下賜されたが、二男家治は早世した。信昌は慶長7年(1602年)に致仕して家督を三男忠政に譲ったが、三代で無嗣除封となった。
また四男忠明は、三河作手を皮切りに各地を転封し、文政6年(1823年)に武蔵忍10万石となって定着し明治を迎えた。

奥平松平家のページ
忠明系奥平松平家のページ
清道系奥平松平家のページ
忠尚系奥平松平家のページ

奥平信昌 おくだいらのぶまさ
1555〜1615(弘治元〜元和元)、幼名九八郎、従五位下、美作守
上野小幡3万石→美濃加納10万石

奥平貞能の子として三河作手で生まれる。初名は定昌という。16歳の時、元亀元年(1570年)姉川の合戦で功を挙げ、天正3年(1575年)には家康の命により三河国長篠城主となる。
同年5月、武田勝頼により城を囲まれたが死守し、武田軍敗退に大いに寄与した。戦後に信長、家康から過賞され、家康の長女亀姫を娶る。
翌天正4年に新城に築城して本拠とした。天正12年(1584年)小牧・長久手の戦い、天正18年(1590年)の小田原北条氏征伐にも参陣し、家康の関東入部後に上野小幡で3万石を与えられた。
慶長5年(1600年)の関ヶ原役後に初代の京都所司代(〜慶長6年8月)に任ぜられ、慶長6年3月に美濃加納10万石に加増転封された。このとき長男家昌に小幡3万石が与えられており父子とも大名に列した。
加納は新封地で、それまでの岐阜城を廃して、新たに築城するもので、岐阜城の資材が転用された。信昌は築城とともに城下の建設や木曽川の築堤を行った。
慶長7年に致仕して家督を三男忠政に譲った。同時に所領のうち6万石を忠政に譲り、自身は残り4万石を隠居料とした。
このとき忠政は松平姓を許されるが慶長19年(1614年)に没し、二代忠隆、三代右京も早世したために加納藩松平奥平家は断絶した。信昌は元和元年3月14日に、加納において61歳で死去した。

奥平家昌 おくだいらいえまさ
1577〜1614(天正5〜慶長19)、幼名九八郎、従五位下、大膳大夫 従四位下、侍従
上野小幡3万石→下野宇都宮10万石

父は三河作手城主奥平信昌、母はその正室で家康の長女にあたる亀姫で、2人の間の長男として生まれ、天正19年(1591年)に元服し家康より家朝の名を賜った。
その後家綱、家昌と名を改めた。関ヶ原役では秀忠軍に属して信濃上田城を攻め、戦後の慶長6年(1601年)3月に父信昌が美濃加納に転封となったことに伴い、旧領の上野小幡3万石の襲封し大名となった。
同年12月の7万石を加増され下野宇都宮に転封となった。このときに信昌の代からの七族五老と称された重臣層に対し、序列と知行を定めて月番制で政務を担当させるように改めた。
また宇都宮の城下を整備し、宇都宮大明神の社殿造営奉行や禁裏仙洞御所築地造営奉行などを勤めた。慶長19年(1614年)に病を得、そのために大坂の陣では江戸城留守居となったが、同年10月10日に38歳で死去した。

奥平忠昌 おくだいらただまさ
1608〜1668(慶長13〜寛文8)、幼名千福、従五位下、美作守、従四位下
下野宇都宮10万石→下総古河11万石→下野宇都宮11万石

先代家昌の嫡男で、慶長19年(1614年)に父家昌が病死したために跡を襲う。大坂の陣の最中であったが、7歳と幼少でありかつ喪中であるために、大坂の陣では江戸城にて留守居となる。
同年11月18日に家督を認められ、宇都宮藩主となった。元和2年(1616年)3月に家康の見舞いのために駿府に赴き、家康より印籠、白鳥鞘の槍、葵紋の鞍を置いた馬を賜り、槍は奥平家の持槍となった。
翌元和3年4月には、将軍秀忠の日光社参があり、宇都宮城が宿所となった。元和5年(1619年)10月に下総古河11万石に加増転封となり、これにより古河では城下の整備拡張が行われることになる。
元和7年(1621年)正月に秀忠の前で元服、忠の字を賜り忠昌と名乗る。またこの年には領内検地を行う。翌元和8年の秀忠の日光社参の際には古河城が宿所となった。
同年8月に再び宇都宮に転封、寛永2年(1625年)には三代将軍家光の日光社参を迎えた。寛永12年(1635年)及び寛永15年(1638年)に日光造営手伝、正保4年(1647年)には松平忠次とともに家綱付属となった。寛文8年2月19日に江戸において61歳で死去した。

奥平昌能 おくだいらまさよし
1633〜1672(寛永10〜寛文12)、幼名千福、九八郎、従五位下、大膳亮
下野宇都宮11万石→出羽山形9万石

先代忠昌の子で、寛文8年(1668年)2月父の死により家督を継いだ。翌3月に興善寺において忠昌の法要を執り行ったが、その席上で重臣間の対立から奥平内蔵允と奥平隼人の刃傷沙汰となった。この結果、内蔵允はその夜に切腹した。
昌能は喧嘩両成敗とせず、隼人は改易、内蔵允の遺児源八と内蔵允のいとこ正長は家禄没収の上追放処分とした。この処置に不満が続出し、脱藩者もあり、やがて江戸浄瑠璃坂の仇討に発展した。
さらに忠昌が没した時に杉浦右衛門兵衛が禁を犯して殉死し、これらによって昌能の襲封が認められた寛文8年8月3日に2万石減封のうえ、出羽山形に転封された。昌能は性粗暴であったという。寛文12年7月2日に40歳で病没した。

奥平昌章 おくだいらまさあきら
1668〜1695(寛文8〜元禄8)、幼名小次郎、従五位下、美作守
出羽山形9万石→下野宇都宮9万石

肥前福江藩主五島盛勝の二男(三男とも)で、母は先々代忠昌の娘であった。先代昌能の急養子となり、5歳で家督を継いだ。貞享元年(1684年)に昌能の三女菊姫と婚姻し、翌貞享2年に下野宇都宮に転封となった。元禄8年4月8日に28歳で死去。

奥平昌成 おくだいらまさしげ
1694〜1746(元禄7〜延享3)、幼名熊太郎、従五位下、大膳大夫、従四位下
下野宇都宮9万石→丹後宮津9万石→豊前中津10万石

先代忠章の二男として生まれ、初名は昌春といった。元禄8年(1695年)に父昌章が28歳で死去したために、2歳で家督を継いだ。
元禄10年(1697年)2月に丹後宮津に転封となったが幼少の為に入国せず、初入国は正徳2年(1712年)であった。正徳4年(1714年)春に不作続きから大規模な一揆がおきた。
享保2年(1717年)2月に1万石加増の上、豊前中津に転封となった。同年7月に酒や蝋など4品の農村での生産と販売を禁止し城下の商業を保護した。翌享保3年には城下の町組を再編成した。
享保4年(1719年)正月、日光へ将軍吉宗の代参、翌享保5年には大坂に中津藩蔵屋敷を置いた。享保13年(1728年)には財政逼迫と飢饉により藩士の録を半減し、享保15年(1730年)には藩札を発行した。倹約令も発布し、幕府に願って諸役を免除された。
享保19年(1734年)に昌春から昌成に改名。延享2年(1745年)、財政難のために倹約令を発し、藩士の給米の2割借上げを実施した。このように中津入部後は飢饉と財政難への対処が続いた。延享3年11月14日、江戸において53歳で死去した。

奥平昌敦 おくだいらまさあつ
1724〜1758(享保9〜宝暦8)、幼名熊太郎、従五位下、丹後守、山城守、大膳大夫
豊前中津10万石

先代昌成の二男として生まれ、元文2年(1737年)に従五位下丹後守に叙任、寛保2年(1742年)に山城守に改める。延享3年(1746年)に父昌成の死去により家督を継いだ。翌延享4年に大膳大夫に改めた。
寛延3年(1750年)に倹約令を発し、宝暦年間には町奉行、郡奉行、目付の三役所を設置し、目安箱を置いた。宝暦2年(1752年)には藩札を発行し、運上役所を設置した。改革半ばの宝暦8年9月26日江戸において35歳で病没した。

奥平昌鹿 おくだいらまさか
1744〜1780(延享元〜安永9)、幼名熊太郎、従五位下、丹後守、大膳大夫、従四位下
豊前中津10万石

先代昌敦の長男として江戸に生まれ、宝暦8年(1758年)9月に父昌敦の死去により襲封し、丹後守から大膳大夫に改めた。初名を昌邦という。宝暦13年(1763年)2月に城下に大火あり281軒を焼失。同年4月に倹約令を強化した。
明和2年(1765年)、郡村税法の法令集「訟平賦均録」が完成した。同年8月洪水と凶作により飢饉となる。明和4年(1767年)9月に昌鹿と名を改む。
明和8年(1771年)より江戸屋敷にて藩医前野良沢が小浜藩医杉田玄白とともに、オランダ書ターヘルアナトミアの翻訳に取り組み、安永3年(1774年)に解体新書として完成させた。
昌鹿は良沢らの蘭学の研究を助成したほか、賀茂真淵に国学を学び、和歌にもすぐれて名君と称された。安永9年7月24日に江戸において37歳で死去した。死後従四位下を追贈された。

奥平昌男 おくだいらまさお
1763〜1786(宝暦13〜天明6)、幼名牧之丞、従五位下、美作守、大膳大夫
豊前中津10万石

先代昌鹿の長男として生まれ、安永9年(1780年)に昌鹿の死去により襲封した。同時に美作守を大膳大夫に改めた。天明2年(1782年)、家老山崎主馬らは下級藩士らの生活困窮を見かねて独断で米蔵を開け、郡奉行梅田伝次左衛門らと争いとなった。
この騒動に対して藩主昌男は主馬をはじめ家老奥平織衛ら門閥派の重職者を処分し、改革を目指した。しかし天明の飢饉により改革は果たせず、再び門閥派が実権を握った。天明6年3月21日に江戸において24歳の若さで死去したが、嗣子がなかったために喪を秘して島津家から急養子を迎えた。

奥平昌高 おくだいらまさたか
1775〜1855(安永4〜安政2)、幼名富之進、九八郎、従五位下、大膳大夫、従四位下、侍従
豊前中津10万石

薩摩藩主島津重豪の二男として江戸に生まれ、天明6年(1788年)に奥平昌男の急養子となり、昌男の死の公表ののち家督となった。昌男が重豪の娘と婚約していた縁によるものであった。
寛政2年(1790年)に藩校進脩館を創立し学問の普及に務めたほか、文化5年(1808年)には藩医大江春塘らに蘭日辞典バスタード辞書を編纂させ、文化7年には神谷源内に蘭語訳撰を編纂させた。
文化8年(1811年)に豊後岡藩で発生した一揆が、翌文化9年に中津藩にも飛び火し、その対応に追われた。性格は豪放でオランダ風を好み、江戸の中屋敷にはオランダ部屋を作ったという。
文政8年(1825年)5月6日に致仕して豊海と号し、安政2年6月10日に81歳で死去した。33人もの子女をもうけた。

奥平昌暢 おくだいらまさのぶ
1809〜1832(文化6〜天保3)、幼名恒丸、九八郎、従五位下、美作守、従四位下、大膳大夫
豊前中津10万石

先代昌高の二男として中津で生まれ、文政8年(1825年)5月に昌高が致仕したために家督を継いだ。文政12年(1829年)に角木新田を開発するなどしたが、天保3年11月晦日に24歳の若さで死去した。

奥平昌猷 おくだいらまさみち
1813〜1842(文化10〜天保13)、幼名勇吉、九八郎、従五位下、大膳大夫、従四位下
豊前中津10万石

先々代昌高の五男として中津で生まれ、天保3年(1832年)11月先代藩主昌暢死去の際に急養子となり、家督を相続した。翌天保4年に苛政に憤った農民が、飛地である備後領で一揆を起こし代官所に押し寄せた。
天保6年(1835年)に黒沢庄衛門を起用して藩政改革に着手し、藩札を改定した。翌天保7年には領内特産物の買上げ、販売、統制を行い、天保9年(1838年)には撫育会所を再会し、下級藩士や小商人、職人の借入の利子を切り下げ年賦償還事務機構を整備した。
同年12月に従四位下に叙任し、翌天保10年には将軍代参として日光に赴く。天保11年(1840年)に東海道矢作橋の改修手伝いを命じられ、費用捻出の為に藩士の家禄の半知借上を行った。天保13年9月17日に30歳で没した。

奥平昌服 おくだいらまさもと
1830〜1901(天保元〜明治34)、幼名諏五郎、九八郎、従五位下、大膳大夫、正四位、従三位、正三位、贈従二位
豊前中津10万石

先々代昌暢の二男として江戸で生まれ、先代昌猷の養子となり、天保13年(1842年)に昌猷が死去したために家督を継いだ。
嘉永6年(1853年)6月に黒船が来航すると幕府は諸大名に開国の是非を諮問したが、昌服は鎖国攘夷の意見書を提出した。存命であった祖父の昌高は開国を主張したために意見の対立をみた。
昌高が死去すると家老奥平壱岐が実権を握ったが、下級藩士らの反発を招き、文久3年(1863年)に壱岐を罷免し、その後は三百間鼻に砲台を設けるなど藩政の改革を進めた。
元治元年(1864年)の長州征伐では昌服自ら兵千二百名余りを率いて出陣、慶応2年(1866年)の第二次長州征伐でも上関口の守備を担った。翌慶応3年の鳥羽伏見の戦いで幕府軍が敗れると朝廷へ帰順し、藩兵を会津に派遣した。
明治元年(1868年)5月6日に病気を理由に隠居し、家督を養子の昌邁に譲った。明治18年(1885年)に正四位、その後も従三位、正三位に昇叙し、明治34年2月27日に72歳で没した。

奥平昌邁 おくだいらまさゆき
1855〜1884(安政2〜明治17)、幼名義三郎、従五位下、美作守
豊前中津10万石

伊予宇和島藩主伊達宗城の四男として江戸で生まれ、文久3年(1863年)4月に先代昌服の養子となり、明治元年(1868年)に昌服が隠居したために家督を継いだ。
翌明治2年に官吏を選挙で任用して人材の登用を図り、年寄・用人を廃止して執政・参政・大監察議員を置くなど藩政の改革を行った。同年6月に版籍奉還により中津藩知事、明治4年(1871年)に廃藩置県により免職となった。
その後東京に移り府会議員や東京市芝区長を歴任し、明治17年11月26日に30歳で病死した。

武家・大名録の表紙に戻る
歴史の勉強

Last modified -