歴史の勉強

瀬戸内水軍の一村上氏は、清和源氏頼信流の定国が平治の乱の際に伊予越智郡の大島に上陸した。一方定国の兄為国は信濃に住し信濃村上氏となった。
伊予村上氏七代義弘は子がなく、信濃村上氏から師清が養子として入り、師清は長男義顕を能島に、二男顕長を因島に、三男顕忠を来島に置いた。応永26年(1419年)のこととされ、これを村上水軍三家という。
来島村上氏は、その後伊予守護家であった河野氏の承認のもと瀬戸内海の治安に任じていたために河野氏と関係が深く、その女を娶り姻戚となるほどっであった。
天正10年(1582年)来島村上氏4代の通総は、衰退した河野氏から離反して中国筋に進出していた秀吉に仕え、姓を来島に改めている。
天正13年(1585年)の四国征伐の際に小早川隆景に属して伊予攻めに加わり功あって伊予国内で1万4千石の大名となった。関ヶ原の際には通総の跡の長親が最初西軍についたが、のちに東軍に転じて毛利氏と交戦し所領安堵、豊後の転封され姓を久留島と改めて明治に至る。

来島通総 くるしまみちふさ
1561~1597(永禄4~慶長2)、幼名牛松丸、従五位下、出雲守
伊予来島1万4千石

来島村上氏三代の村上通康の子として生まれた。当時の来島村上氏は伊予の守護であった河野氏の重臣で、通康は河野氏の当主通直の女婿でもあり、通直に嗣子がなかったために通直は通康に家督を継がそうと画策したこともあった。
通康は河野氏に与して活躍したが、その晩年には河野氏の衰退が著しく、そのために河野氏とは次第に距離を置くようになっていた。
通康は永禄10年(1567年)に没し、その跡を通総が継ぐと、天正10年(1582年)に河野氏に叛き、中国筋に進出していた秀吉に仕えた。
秀吉は通総を気に入り、常に側近くに置いて「来島」と呼んでいたために、姓を村上から来島に改めた。
天正13年(1585年)の四国征伐では安芸の小早川隆景に属して伊予の旧主河野氏を攻め、その功で伊予風早郡内に1万4千石を得た。
その後主に水軍を率いて九州征伐、小田原征伐、文禄・慶長の役にも出陣したが慶長2年(1597年)に朝鮮水軍との海戦で戦死、37歳であった。

来島長親 くるしまながちか
1582~1612(天正10~慶長17)、幼名宮松丸、従五位下
伊予来島1万4千石→豊後森1万4千石

先代通総の二男で、慶長2年(1597年)通総が慶長の役で朝鮮水軍と交戦し戦死した跡を受けて家督相続。
慶長5年(1600年)の関ヶ原役の際には在国して西軍に与したが後に東軍に転じたために赦免され、慶長6年(1601年)に豊後玖珠郡森に転封となる。
石高は旧領と同じ1万4千石、領地は日田・玖珠・速見郡内に分かれていた。長親は豊後森に入り領内統治体制を整えた。慶長17年3月25日、31歳で死去した。

久留島通春 くるしまみちはる
1607~1655(慶長12~明暦元)、幼名正次、従五位下、越後守、丹後守
豊後森1万4千石

先代長親の子で慶長17年(1612年)に長親の死去により家督相続。元和2年(1616年)に姓を来島から久留島に改める。
元和元年(1615年)に大坂の陣により豊臣氏が滅んだ直後の大坂城の普請役をはじめ、その後3度の大坂城普請や江戸城普請、日光勤番などの課役が多く、それが財政負担を招く。
国内では旧臣を退けて新たな人材登用を図り、藩体制整備に意を注いだ。
明暦元年2月11日、49歳で死去した。

久留島通清 くるしまみちきよ
1629~1700(寛永6~元禄13)、幼名通次、従五位下、信濃守
豊後森1万4千石→豊後森1万2千5百石

先代通春の子で明暦元年(1655年)に長親の死去により家督相続した。その際に弟通貞に千石、同じく通逈に5百石を分知し、以後森藩は1万2千5百石となる。
通清は先代通春の側近を排除し、通春に退けられた浅川氏を新たに登用したほか、薄葉氏を重臣に起用するなど藩主権力の強化を図った。
元禄13年9月29日72歳で森にて死去した。

久留島通政 くるしまみちまさ
1661~1719(寛文元~享保4)、幼名万千代、従五位下、伊予守
豊後森1万2千5百石

先代通清の嫡男で元禄13年(1700年)に通清の死去により家督を相続。
嗣子がなく最初叔父通逈の養子になっていた弟通重を養子に直して嗣子としたが、通重は宝永4年(1707年)に死去したために叔父通貞の三男光通を養子とした。
享保4年11月13日に59歳で死去した。

久留島光通 くるしまてるみち
1704~1764(宝永元~明和元)、従五位下、信濃守
豊後森1万2千5百石

先々代通清の弟通貞の三男で、嗣子がなかった先代の通政の養子となり、享保4年(1719年)に通政の死去により家督を相続した。
課役や飢饉により藩財政は悪化、幕府より2千両の借財をする。財政再建の為に元文年間に上米を実施した。
寛延3年(1750年)大番頭、宝暦8年(1759年)伏見奉行となる。明和元年9月18日、61歳で死去。

久留島通祐 くるしまみちすけ
1738~1791(元文3~寛政3)、幼名栄之助、従五位下、信濃守
豊後森1万2千5百石

先代光通の子で、明和元年(1764年)に光通の死去により家督を相続した。
安永5年(1776年)大番頭に就任、その後天明5年(1785年)伏見奉行となる。伏見奉行在任中、飢饉の際の伏見住民への対処や天明8年(1788年)の伏見大火の際に活躍した。
また学問を好み桑原在学を起用して経書を講じさせ、家臣にたいしても文武を奨励したという。
寛政3年5月13日に54歳で病死した。

久留島通同 くるしまみちとも
1759~1798(宝暦9~寛政10)、幼名福次郎、従五位下、出雲守
豊後森1万2千5百石

先代通祐には嗣子がなかったために、弟である通同が養子となり、寛政3年(1791年)通祐の死去により家督を相続した。
寛政10年(1798年)大坂在番を命じられて在任中の同年8月10日、40歳で死去した。藩主の座にあることわずか7年であった。

久留島通嘉 くるしまみちひろ
1787~1846(天明5~弘化3)、幼名祥丸、従五位下、伊予守
豊後森1万2千5百石

先代通同の子で、寛政10年(1798年)通同の死去により家督を継いだ。
通嘉の代には財政難への対処の為に、上米の実施、特産の楮の専売制などのほか文政7年(1824年)には藩札を発行した。また天保6年(1835年)には藩校修身舎を開設した。
弘化3年8月18日に60歳で死去した。

久留島通容 くるしまみちかた
1811~1850(文化8~嘉永3)、幼名采女、従五位下、安房守
豊後森1万2千5百石

先代通嘉の子で、弘化3年(1846年)父通嘉の死去により家督相続。
しかし在任3年目の嘉永3年5月22日に40歳で死去した。この間倹約政策をとり、重臣に島宮内を起用し殖産政策を推し進め、養鶏・養蚕・植林・製糸などに力を入れた。

久留島通明 くるしまみちあき
1828~1868(文政11~慶応4)、従五位下、出雲守
豊後森1万2千5百石

先代通容には嗣子がなく、異母弟の通明を養子にし、嘉永3年(1850年)兄通容死去により家督を継いだ。
しかし2年後の嘉永5年(1852年)2月16日に病気を理由に隠居して家督を弟通胤に譲り。慶応4年6月11日に41歳で死去。

久留島通胤 くるしまみちたね
1828~1859(文政11~安政6)、幼名靱負、従五位下、信濃守
豊後森1万2千5百石

先代通明の弟でその養子となり、嘉永5年(1852年)兄通明の隠居により家督相続。
通胤の在任中の安政元年(1854年)藩士2人が勤皇の志をもって脱藩。幕府の嫌疑を避けるために通胤は重臣を辞任させ自ら幕府に対して陳謝した。
安政6年11月に32歳で病死した。

久留島通靖 くるしまみちやす
1851~1879(嘉永4~明治12)、従五位下、伊予守
豊後森1万2千5百石

先代通胤の子で、安政6年(1859年)通胤死去により家督相続。
幕末期の藩主であった通靖は勤皇倒幕で藩論を統一、薩摩藩に協力して日田地方を押さえ、朝廷から日田の警護を命じられた。その後も終始勤皇倒幕に徹し、版籍奉還、廃藩置県を迎えた。明治12年2月29歳で死去した。

武家・大名録の表紙に戻る
歴史の勉強

Last modified -